先生、何食べてるの??

0

realkyusyoku


スクールディナーは基本的にランチを持参していない生徒の為にあるもの。
と、思いきや先生だって食べるんです。

時々買いに来る先生もいれば、毎日オーダーしている先生たちもいて 日本のように愛妻弁当
(今時もあるのか?)を持参している人なんかイギリスにはほぼいないと言っても過言ではない!
持ってくるといえば、せいぜい自分で作ったサンドイッチくらい。

子供だって同じ。
毎日違うサンドを作ってもらう子はラッキー。

もう、2分で出来ちゃう的なサンドです。
ピーナツバターとかジャムサンドとか。
そんなのスナックじゃないの?みたいなランチが定番なんです。

いかに食事に重点を置いていないかがうかがえますね(汗)。

実際 なぽりんも新婚の頃、何度か愛妻弁当たるもの使った事もあったが、それは遠い昔のお話。
お惣菜やおいしい冷凍食品、ましてやお手頃な日本食材がなかなか手に入らない事もあり
日本のお弁当を作ろうと思うと大変な手間とお金がかかるのである。

そして誰もそんな手の込んだお弁当など期待しないし、逆にお弁当なんか作った日にゃ驚かれる始末。
イギリスではランチはサンドイッチっていうのが当たり前なんです。

だって!この国では火を使う料理は高級料理なんですよ。(実際イギリス人の口から聞いた言葉だから嘘ではないんですぞ!)
もう、インスタントラーメンだってその部類って事ですね!???

ある意味イギリス人の伴侶をもつと、たとえ日本では最低レベルの料理スキルだとしてもかなり優越感に浸れるのではないか……。

最近は舌が肥えているイギリス人も増えつつありますが、ごく一部ですし。

話を戻しまして……

そう、先生の方々結構オーダーしてます。
しかもなぜか毎日全く同じメニューで。

ある先生は、毎日ミックスサラダにツナを乗せたもの。また別の先生はミックスサラダとゆで卵。
そしてある先生は毎日ベークドポテトとサラダ。

なぽりんお気に入りの美術の先生は、毎日必ず半分サイズのバゲットのエッグマヨーネーズサンド。
絶対半分バゲット。

一度、オーダーミスでエッグマヨーネーズバゲットがなかった時には
他のはいらないって言っていたくらいなので、それしか食べないって事なんですね。何でっ!?

こうやって観察してみると、イギリス人はルーティーンが好きって事ですね。
毎日繰り返し同じメニューを食べるのが好きって事なんです。

朝ごはんは毎日シリアル、お昼はサンドイッチ、夜は毎週ほぼ同じメニューを繰り返す。

冗談みたいですが本当なんです。
なぜそうなったのか?

誰か知っていたら聞きたいくらいです。
いつか機会があったら研究してみたいですね~。

ラッキーな事に日本ではほぼ毎日違うものを食べます。
考えた事もなかったですが、その日の気分で食べたいものを食べるって事がこんなに贅沢な事だったとは。

もう一つ気になること。
それは、先生たちも昼にサラダを食べているにもかかわらずなかなかの肥満具合。

スマートな先生と肥満の先生とおおよそ半々ってとこ。
もしかしたら、肥満の先生が少し上回っているかも!?

そうなんです。
イギリスに住む日本人の方々はきっと気付いていますよね?
彼らは、食事よりもデザートに重点を置いている事。

特にチョコレートが何よりも好きなんです。

自動販売機などめったいないこの国、それなのに地下鉄の駅にチョコレートの自動販売機があるのがその証拠!
キャリアウーマン系の女性たちも至る所でチョコレートをむさぼってっておりますぞ!

もちろん、お仲間スタッフのみなさんも例外ではありませんで。
お土産や差し入れでチョコレートがテーブルに置かれると一瞬にして空っぽになるほど目がありません(汗)。

チョコレートってそんなにスペシャルなのかっ!!!?

しかしながら、 生徒を指導する立場にある先生方も欲望の赴くまま食べていないで(見たわけではありませんが、あの体格を維持しているところを見ると脂質、糖質取り放題なのでしょう♪)、もう少し自己管理力に目覚めてほしいと願うのはなぽりんだけでしょうか?

つづく

th_manga24-5-28

Share.

About Author

なぽりん

福岡県出身。グラフィックデザイナー、アートディレクターを経て、2005年の結婚を機にイギリス・ロンドン郊外に移住。2009年出産後から専業主婦生活に。2014年6月より現在の仕事、地元中学校にてケータリングアシスタントを始める。幼少の頃より大のスピリチュアル・ファンである。

コメントを残す