ロンドン 2016 秋冬ファッション男子編(カジュアル編)

0

madamk


雑誌などによると2016年の男子秋冬ファッションは:

ダッフルコート
ロールネック
パジャマ スーツ
チェック
ファー
トラックスーツ
光る素材などビニールなどの面白い素材
70年代風
ミニタリー
袖丈が特別に長い
刺繍入りジャケットetc…

などだそうだ。
そんな情報を持って早速ウインドウ リサーチへと街に出かけた。

しかし・・・4地域を訪れたが、チェック柄やファーの洋服は見かけるが、
見たかったパジャマ スーツ‼ や袖丈が異常に長いというデザイン、
光る素材などともかく一風変わったデザインが見つからない!

もっとも男子は、女子に比べてファッションへの興味、また購買力が低いので、
古今東西、ビジネスマーケットが小さいので店の数も少ない。

さらにカジュアル系とスーツ系と店のタイプが分かれているので、
かなりエッジなファッション店を、女子のように簡単に探せないのかもしれない。
ということで、ウインドウではなく、流行品を揃えているデパートの1つリバティに立ち寄ってみたら、
うふ、今年のデザインがあるある。。ということで、
今回はブランドショップとデパートから簡単に見てみましょう!

まず高級ブランドショップから・・・

FENDI。オリジナルいっぱいのチェックのコートが素敵〜。
今年のパンツは、細めで足元がスッキリと見えるくるぶし丈になるというがまさにそんな感じだ。

th_%ef%bc%91

FENDI

PRADAの皮ジャン。やっぱりパンツは短かめ?!

th_%ef%bc%92

PRADA

ETROは(見えにくくてすみません!)これもチェックのスーツ。パンツは細くて短いね!

th_%ef%bc%93

ETRO

DARKSはチェックandチェックですよ〜。しかし、帽子のせいだな・・・。ここまで揃えるとオジイに見えるかも。。。

th_%ef%bc%94

DARKS

そして、ハイストリートです。

めちゃ可愛い〜〜モコモコのファーコート発見!Michael Korsです。名前も遊びこころいっぱいの「Teddy Bear Reefer」だって。ムートン製で£2160。しかし、着る人によっては、本当にテディベアになっちゃうね!(笑)

th_%ef%bc%95

Michael Kors

そして、ここからはリバティ内です。

ダッフルコートの丈は色々の長さがあるのが今年流。さすがにここではそれらを一堂にミニタリー風にして3タイプをディスプレイしている。ダッフルコートは、戦時中にイギリス海軍の防寒着だった物から、スタートしたそうだです。だから今年のミニタリーのイメージはピッタリなんだ。

th_6

その他、 チェック柄、パジェマぽいシャツ、ベルベットなど今年の流行が色々揃っていました。

fall16_mens

さて、スーツ系は次回へのご報告としましょう。

Share.

About Author

カミングス惠子

日本パーソナルカラー協会正会員。パーソナルカラー/骨格スタイル・アドバイザー。JPCA講師。グラフィックデザイナー、化粧品会社のマーケティグを経て渡英。若いときは何でも似合っていたファッションが、年齢を重ねるうちに、似合わないモノがあると実感。いままで派手な色と選ばなかった口紅の色が、自分によく似合った驚きから「パーソナルカラー」の勉強を。また、自分色を着ていてもなぜか、似合わない理屈を知りたく「骨格スタイル分析」を学び、現在、ロンドンで個人セッションやセミナーを開催。http://www.suteki-lab.com

コメントを残す