ネクタイって奥が深いな。

0

madamk_banner


いきなりですが、、ネクタイって大好き!です。
私が男子なら、結構凝ってしまうアイテムの1つ。

th_madamk8_1

このショーウィンドのネクタイとシャツの色の組み合わせ素敵〜!!なんて思いませんか〜??
こんな風に日本男子にも着こなして欲しいな〜。と思うけど、
実際にネクタイをする彼らにとっては、「派手!」と一瞥して終わりのようです(涙・・・)

以下は、ロンドンで勤務している日本人の方が、カラー診断時にお持ちいただいたネクタイ。

th_madamk8_2

1名の方は50歳代、もう1名の方は40歳後半。
どちらも控え目な色ですよね〜。

彼らに上記ショーウィンドに飾られたネクタイのような色を見せると「派手!絶対にしない!」と言います。

しかし、カラー診断後、今持っている色よりもグーンと明るくカラフルな色のネクタイをしていただくと
「えっ!自分ってこんな色が合うんだ・・・」と。
するとちょっと見方も変わるようです。

多くの人は「色と自分」の相性とは考えないで、「色」だけのイメージで購入しています。

もちろんこのような控えめ系の色が似合う人もいるけど、
せっかくいる英国なので、人目も気にぜず、色でどんどん遊んで弾けて欲しいな〜。
そして、かっこいいロージィになってほしいと素敵なローバーを目指す私は思うのです。

そして、極め付きは、ハードルが高いかもしれないけど、ポケットチーフですよ・・・
ぜひ、 ぜひ、 挑戦して欲しい!!!

以下の写真のように、こんな感じで組み合わせるようですよ。。。
はい、お手本になりますね。

th_madamk8_3

昨今のウィンドを見ていて、気になったのは、ネクタイの巾が細くなってきていること。
そして、オーソドックスさを感じるタイバーをつけていること。

th_madamk8_4

どうも日本語では、これらをタイピンという言葉でくくりますが、
英語では、タイバーとタイピンは、しっかりと区別されているようです。

なお、位置ですが、ワイシャツの3つ目と4つ目ボタンの間につけるようです。
でも少し上につけるのが、トレンディーという話もあります。
そして、タイバーの幅は、ネクタイの3/4の幅がベストとか・・・

ネクタイには、色や幅、そしてタイバーのつける位置など、意外と細かいルールがある上に、
シャツ、ポケットチーフとの組み合わせで千差万別に表現可能。
だから、まるっきり同じ着こなしはないだろうな。

ネクタイって、まるで着物の帯みたい。
こちらも本当に組み合わせでガラッと変わるから面白い。

ああ、私が男子なら、明日のネクタイとの組み合わせに悩んでしまって、今日は眠れないかも・・・
ファッションはやっぱりパッションだな!

Share.

About Author

カミングス惠子

日本パーソナルカラー協会正会員。パーソナルカラー/骨格スタイル・アドバイザー。JPCA講師。グラフィックデザイナー、化粧品会社のマーケティグを経て渡英。若いときは何でも似合っていたファッションが、年齢を重ねるうちに、似合わないモノがあると実感。いままで派手な色と選ばなかった口紅の色が、自分によく似合った驚きから「パーソナルカラー」の勉強を。また、自分色を着ていてもなぜか、似合わない理屈を知りたく「骨格スタイル分析」を学び、現在、ロンドンで個人セッションやセミナーを開催。http://www.suteki-lab.com

コメントを残す