紳士はポケットチーフで決める

0

madamk


王室御用達のワレントを持つ店が多い紳士服店が並ぶ、ロンドンのジャーミンストリート。
値段が高い=敷居も高い。と思うけど、意外とスタッフはフレンドリーなんです。

th_0

ダンヒルのウィンドウ

そんな敷居の高いお店のスタッフがあまりにも自然に素敵に着こなしているので、パチリ。

gentleman1

写真にも気軽に応じてくれる。この笑顔、素敵ですよね!

gentleman2
こちらは客引きのために店の前に立っていました。昔のスタイル、ポーラー帽子をかぶり、メジャーを肩にして、傘という出で立ち。活服のいい紳士でした!

私が男子なら、ポケットチーフは憧れの小物で、きっといろいろトライしていると思う。

そこで、今回はこの道のウインドーで飾られているネクタイとポケットチーフの素敵な組み合わせの紹介です。

そんな中、気に入ったのは4つあり!

th_3
ダークグレーのジャケット(以下、JK)にピンクのシャツに、小紋模様のようなハッカグリーンのネクタイ。そして、ポケットチーフ(以下、PC)は、ハッカグリーンが入ったグレーと黒の組み合わせ。

th_4
こちらは、グレーの濃淡で揃えたJKとシャツ、そこにグレーがちょい混ざった紺色の水玉のネクタイ、エンジ&紺のPCがイカしているな〜。

同じウインドーにあった2つなので、ちょっと似たティストだけど、若々しくスマートな感じです。

th_5
こちらは、グレーのストライプJKとシャツは薄いピンク、そしてネクタイは、渋〜い抹茶色。 PCはグレーだけど水玉というところがなかなかオシャレ! ストライプと水玉の組み合わせって、なかなかできない技では??

th_5−2
ダークグレーのJKに、ブルーのセーター、ネクタイも同色系の水色とエンジ&ダークイエロー。シャツは真っ白でなく、素材かプリンで凹凸が施されている。そして、これに合わせているPCは、オレンジ! ネクタイにある色で、セーターとPCを着用している無難な組み合わせだけど、ちょっと洗練されているな・・・

さらにいろいろありました。

th_6
ツイード系のJKの中にオレンジ セーター、シャツはブルーの細い格子。ネクタイは紺色で、ちょっと遊びゴコロがあるシロクマの絵柄。

th_7
こちらは、ちょっとインパクトのある組み合わせ。いかにも英国らしい。

th_8
JKにある細い青いラインを基調にして、シャツ、ネクタイに青色を選び、そして、オレンジとブルーのペイズリーのPCを使うというのが、なんとも小粋だな〜。

th_9
この微妙なセーターの色が効いているね〜。一見、色の統一がなくバラバラな感じだけど、ネクタイやPCにこのセーター色と似ている色があるね。

ということで、今回は、憧れのポケットチーフのコーディーネートの紹介でした。

Share.

About Author

カミングス惠子

日本パーソナルカラー協会正会員。パーソナルカラー/骨格スタイル・アドバイザー。JPCA講師。グラフィックデザイナー、化粧品会社のマーケティグを経て渡英。若いときは何でも似合っていたファッションが、年齢を重ねるうちに、似合わないモノがあると実感。いままで派手な色と選ばなかった口紅の色が、自分によく似合った驚きから「パーソナルカラー」の勉強を。また、自分色を着ていてもなぜか、似合わない理屈を知りたく「骨格スタイル分析」を学び、現在、ロンドンで個人セッションやセミナーを開催。http://www.suteki-lab.com

コメントを残す