ディルではなく

0

usagi


いつだかBBCの園芸番組で、アラン・ティッチマーシュさんが、

「イギリスは、世界で一番植物が育ちやすい気候なんです」

と、おっしゃっておりました。

確かに、ここのところのロンドンはすごいです。

大して手をかけていないだろう表玄関の花壇は元より、
レンガの塀から門柱まで、雑草だかこぼれ種から根付いたものなのか、
愛らしい花々で覆われています。

先日、友人からハーブの苗をいくつかいただきました。

いただいた時は、まだ若く小さかったので、
てっきりディルかと思っておりましたら、いや伸びる伸びる。
あっという間に50センチあまりになりまして、
なんだよく見たらフェネルではないですか。

友達曰く、「まめにカットしてやれば、
あまり高くならずにワサワサ茂るんじゃないかしら」と。

また、別の友達は「切ったら刻んで冷凍しておけばいいわよ」と言うのですが、
無精なのかケチなのか、水にさして鑑賞して楽しんでおります。

th_Fennel

Share.

About Author

トキタアヤ

洋画とグラフィックデザインを専攻したのち、イラストの道へ。縁あってThe Timesの挿絵イラストを担当。同紙から数多くの依頼を受け、新聞のタイトル欄にエリザベス女王と並んでイラストが印刷される。児童福祉に関わる団体をはじめ、クライアント・ベースの仕事をするフリーランスのイラストレーター。足掛け4年、ロンドン動物園で週に一度制服を着てボランティア活動にいそしむ。

コメントを残す