Who are you?

0

usagi


蜘蛛に対して強い恐怖心を持つ人はたくさんおりますが、蝶々もなかなかどうして、悲鳴をあげるほど恐ろしがる人が少なくないようでございます。

動物園のスパイダーコーナーにいるキーパーさんは、「犬や猫よりも怖くないんだよ。ガブリと噛みつかないからね。」と、お客さんに説明することがあるそうです。もちろん中には嚙みつく蜘蛛もおりますが、こちらから危害を加えない限り、ほとんど動かずじっと獲物を待っているだけでございます。蜘蛛の餌やりは大変難しく、キーパーさんは蜘蛛の巣に向かってハエなどを投げてやらなくてはいけません。蜘蛛は動いているものでないと興味を示さないので、何度も拾っては投げ、拾っては投げている姿をよく見かけます。

蝶々などはストローのような口なので、なおさら噛みつくことなどありえないのですが、中には悲鳴をあげて逃げまどう方も珍しくありません。私の友人は、とにかく飛んでこられると背筋が冷たくなる、と言っておりました。

蝶はもとより蛾の幼虫には、美しいものが多いように思えます。特に大きなものは、プリッと持ちおもりがして彩りも見事なものです。幼虫は決して飛ぶこともありませんし、先日なかなかよい写真が撮れたので、Facebookでご紹介したところ、気が遠くなるので「非表示」にいたしました、とコメントが入りました。

この世には、恐ろしいものがたくさんあるようでございます。(つД`)ノ

The Caterpillar and Alice looked at each other for sometime in silence: at last the Caterpillar took the hookah out of its mouth, and addressed her in languid, slept voice. 'Who are you?' said the Caterpillar.

The Caterpillar and Alice looked at each other for sometime in silence: at last the Caterpillar took the hookah out of its mouth, and addressed her in languid, slept voice.
‘Who are you?’ said the Caterpillar.

Share.

About Author

トキタアヤ

洋画とグラフィックデザインを専攻したのち、イラストの道へ。縁あってThe Timesの挿絵イラストを担当。同紙から数多くの依頼を受け、新聞のタイトル欄にエリザベス女王と並んでイラストが印刷される。児童福祉に関わる団体をはじめ、クライアント・ベースの仕事をするフリーランスのイラストレーター。足掛け4年、ロンドン動物園で週に一度制服を着てボランティア活動にいそしむ。

コメントを残す