ユダヤ人の街

0

usagi


ここのところNorthern lineは、特に週末は、真ん中から北方面が全く動かず、代替えのバスが運行されるのであります。驚いたことに、ロンドンの代替えバスは何度乗っても無料なのであります。Golders Greenという駅があるのですが、わたくしの住まいからNorthern Lineの駅を5つほど乗った先にございます。少々高めですが、Golders Greenには日本・韓国のスーパーがありまして、地下鉄の運賃は往復で£3.40、でも代替えバスを使えばお代はロハ、4パック入りの納豆が二つも買えるではありませんか。

‘List of Jewish communities in the United Kingdom’というものをご覧いただくとわかるのですが、イギリスにはユダヤ人が大勢暮らしております。北ロンドンのStamford Hillというところに参りますと、Orthodox Jewsという、黒装束にもみあげを伸ばして縦ロールにした殿方、地味なカツラを被り、これまた地味な装束をされた奥様方がたくさん歩いておられます。

‘Ya shall not round the corners of heads, neither shalt thou mar the corners of the beard’

レビ記に「耳の上の毛を切ってはならない、ひげの端をそこなってはならない」と書いてあるので、殿方はもみあげを生まれた時から切らないで、漫画のように見事な縦ロールにしております。わたくしの知っているユダヤ人は、「ベニスの商人」のユダヤ人で、大変商売がうまくずる賢いというイメージだっただけに、今まであまり興味を惹かれなかったのですが、ロンドンで実際目にしますと、なんとも不可思議な装いでつい見つめてしまいます。一方でかわいそうなくらい地味な装いの女性が、これまた一層気になるのです。

さて、Golders Greenも上記のリストにのったユダヤ人の多く住む街でございます。大通りにはユダヤ人専用のスーパーマーケットや、菓子・パンのショップ。カフェの椅子やテーブル、内装なども普段見かけるものと色が違うのです。しかし、駅の周りにはこういった黒装束のOrthodox Jewsは見られません。また一方で、チャリティショップでは、わたくし的には「大当たり」の品物をたくさん見つけたのです。いつも色々なことを教えてくれるイギリス人の友人に、この話しをいたしましたら、それは「ユダヤ人の街だからよ」と。あぁ、今度会ったらユダヤ人のことをたくさん教えてもらいましょう。

さて、Golders Greenの日本のスーパーですが、わたくしがいつも買っているお米が£1高く売っておりました。普段は往復£2.60のバスに乗って購入するのですから、£1.60も安いではないの。来週末ショッピングカーを引いていきましょう、とほくそ笑んでおりました。ところがどっこい、来週は普通通りNorthern Lineは運行されるそうです。(ちぇっ

th_Jewish family

Share.

About Author

トキタアヤ

洋画とグラフィックデザインを専攻したのち、イラストの道へ。縁あってThe Timesの挿絵イラストを担当。同紙から数多くの依頼を受け、新聞のタイトル欄にエリザベス女王と並んでイラストが印刷される。児童福祉に関わる団体をはじめ、クライアント・ベースの仕事をするフリーランスのイラストレーター。足掛け4年、ロンドン動物園で週に一度制服を着てボランティア活動にいそしむ。

コメントを残す