コンテンポラリー5つ星ホテルの歴史とミステリー

0

hotel


ANDAZ LIVERPOOL STREET LONDON

今回ご紹介するホテルの歴史は鉄道時代の幕開けとなったビクトリア時代にさかのぼる。鉄道会社であるGreat Eastern Rail Company がビジネス拡大のために、Liverpool Street 駅に隣接する形でGreat Eastern Hotel を 1884年に創業、2007年にHyatt Group が買収し、グループでPark Hyatt と並ぶ豪華ブティックホテルブランド1号館としてオープンした。現在Andaz Hotel は世界に14あり、その最新館が昨年東京にオープンして話題となったのは記憶に新しい。

Exterior new

煉瓦造りが印象的なビクトリア朝の建物。低層1−4階が5−6階より天井が高く開放的なのが特徴

Andaz Lounge

入り口扉上に、初代オーナーGreat Eastern Hotel の頭文字GEH のロゴ。
ロゴはホテルのいたるところにあり、当時の面影を残す

Andaz はヒンディー語で、”パーソナルスタイル” を意味する。伝統的な5つ星ホテルと異なり、デザインもサービスもコンテンポラリーで、堅苦しさはなく、カジュアルでフレンドリーな居心地の良いおもてなしを提供している。

IMG_1818

モダンなデザインのロビーエリア

通常のホテルレセプションとは異なり、列に並ぶことはなく、チェックインはロビーのソファーなどで、iPad を利用して、スタッフと会話しながらリラックスした雰囲気で。チェックイン時にはシャンペン、フルーツ、コーヒーや紅茶、スナックなどのサービスがあるほか、ゲストは夕方6−8時にレセプションエリアでホテル内のレストランやパブから日替わりで提供されるワインやカナッペを堪能できるといううれしい特典もある。

IMG_1752

レセプション。フレンドリーなスタッフと会話しながらのチェックイン

welcome drink

レセプションで提供されるコーヒー紅茶やフルーツ、スナック

部屋のスタイルはミニマム・コンテンポラリー。スタンダードルームサイズが29M2からとゆったりくつろげる広さ。ベッドは英国HYPNOS 社の高級マットレスを利用しており寝心地抜群。広々としたワークデスク、シンプルなデザインと座り心地の良さが世界中で愛されるイームズチェアなど選りすぐりインテリア。全部屋でスリッパ、パジャマ(Yukata robes)、コーヒー&紅茶メーカー、ラップトップが入るサイズのセーフティーボックスが備えつけられており、ミニバー内のソフトドリンク、スナックは無料といううれしいサービスもあり、快適な滞在となること間違いなし。

Andaz Queen

モダンコンテンポラリーなデザインのゆったりとしたAndaz Queen room

IMG_1799

広々としたバスルーム

Slipper

全室に提供があるYukata robes、スリッパ、コーヒー&紅茶メーカー。
ミニバー内のソフトドリンクとスナックは宿泊料金に含まれるという特典がうれしい

IMG_1800

バスルーム内アメニティー「T」は、地元Spitalfields Market で作られている
ローカルプロダクトを利用

今回視察した部屋は、ローカルアーティストたちが作成したロンドンをテーマとした壁絵を独占できるStreet Art roomのうちのひと部屋、Patrick MorganによるThe Day The Flower Rose。1960年代のファッションアイコン、ミニスカートの女王ととして君臨したイギリスを代表するモデルTwiggy の似顔絵が印象的。現在ホテル内に4部屋、今後6部屋追加予定のStreet Art room、現在イーストロンドンアートに興味がある方はリクエストをしてみては?

PicMonkey Collage

Patrick MorganによるThe Day The Flower Rose の壁絵がとても色鮮やかなStreet Art Room

そして、ハイライトは知る人ぞ知るTemple ルーム!ここはなんと1912年にビクトリア女王の従兄弟Duke of Connaught によって作られ、秘密結社フリーメイソンの集会所として第二次世界対戦まで利用されていたところ。豪華な作りのため、ドイツ軍による破壊、盗難を防ぐために、当時のホテルオーナーがレンガで部屋の周りを囲い、存在を隠したそうだ。その後、2003年にホテル改装時まで封印されていたため、保存状態がとても良く、現在はプライベートイベントや、Temple Cinema として月1回(各月始めの火曜日夜)にホラーフィルムが一般に公開されているので、ホラー映画好きの方は、異体験としてとてもお勧め。ホテルホームページでイベント情報を要チェック。

Freemaison

フリーメイソンの集会所であった豪華なTemple room 。黄金の天井、イタリア産大理石でできた豪華さから、
現在の価値は総額3 ,000,000 GBP以上とも。宿泊の際はレセプションのスタッフに見学を依頼してみては?

ホテル内には歴史やオリジナリティーあるレストランとバーが合計7つあり、宿泊者以外にも人気。中でも、1901 Restaurant and Wine bar は、1901年に創立された伝統あるレストラン。天井が高く、華麗なステンドグラスのドームで洗練された雰囲気の中で優雅な時間を過ごすことができる。第二次世界対戦時、ドイツ軍よりの爆撃を避けるために、地元の人々がマットをかけて守ったというステンドグラスはほぼ完璧な形でオリジナルのまま残っている。

1901 Restaurant

アフタヌーンティーも提供されるエレガントな1901 Restaurant and Wine bar

またGeorge Pub は1884年より続く伝統的なパブで、以前は病院内の敷地にあったことから、手術前にこのパブでジンを飲んで感覚を麻痺させてから手術を受けた患者もいたという逸話も残っている。

George Pub

歴史あるGeorge Pub

Miyako2

常に賑わう和食レストランMiyako (上)とCatch Champagne Bar & Lounge(下)

ホテル内にはヘルスクラブがあり、個室のシャワー、スチームサウナ室、ジムを宿泊者は無料で利用できる。また、スポーツマッサージ、フィジオセラピー、マッサージ、ビューティートリートメントなど多彩なスパメニュー(有料)も提供している。

Health Club

ジム

IMG_1761

ヘルスクラブ内に個室のシャワー&WCあり。チェックイン時間前にホテルに到着した場合も
シャワーを浴びてリフレッシュすることが可能

5つ星で敷居が高い感じがするが、週末の宿泊、特にイギリスのバンクホリデー月曜日に割安な料金(129 GBP + VAT〜)のオファーがあり、狙い目。ロンドンの歴史と現在を感じることができるANDAZ LIVERPOOL STREET LONDON、一度は宿泊してほしいホテルです。

【ホテル周辺おすすめスポット】

  • レイトナイト・アート:毎月第1木曜日の夜にイーストロンドンにある150以上ものギャリーが21時までオープンしていて、無料のイベントが数々開催される。無料のワインやドリンクを提供するギャラリーもあるので、この機会にローカルアートを堪能してみては?
  • 映画館 Elcentric Cinema とRich Mix :アーティスティックな映画館で、映画のみならず、劇場の雰囲気も楽しむことができる私がお気に入りの場所
  • Colombian Flower Market:ロンドンを代表するフラワーマーケット。ちょしっちさんのレポートはこちら
  • Broadway Market :トレンディーなカフェ、レストラン、ショップが集まるこじんまりとしたエリア。特にマーケットの出る土曜日はとても賑やかでおすすめ。
  • Shoreditch  エリア:多国籍のレストラン、カフェ、バー、クラブが多数。新しいレストランやカフェが目まぐるしくオープンする中でもカフェAllpress Espresso(編集長レポート)、カジュアルトルコ料理 Tas Firin 、ロンドンで最も古いベーグルショップBrick Lane Beigle Bake などをよくリピート。編集長おすすめのレストランカフェも盛りだくさん。
  • ベトナム料理が立ち並ぶKingsland Road 。最近のお気に入りは編集長レポートでも紹介されているGreen Papaya。味もサービスも良く、量も多くてこじんまりしているので他のレストランと比べて静かなのが良い。
ホテル名 ANDAZ LIVERPOOL STREET LONDON
住所 40 Liverpool Street LondonEngland EC2M 7QN
最寄り駅 Liverpool Street (地下鉄Central, Circle, Hammer Smith&Ciircle Line,   British Rail)隣接
ホームページ http://www.andazdining.com/default-en.html
電話番号 +44 207 618 5010
メールアドレス guestservices.londonliv@andaz.com
部屋数 267部屋
Standard room (29 M 2) 料金 169 GBP (VAT 20% 込み、金土宿泊)。269 GBP (VAT20%込み、日〜木 宿泊)。朝食代:当日26 GBP / 事前オンライン予約で15GBP
お得なキャンペーン 事前予約、支払いで15% オフ。クリスマスオファー:金土2泊予約すると3泊目(日曜日)無料。ホテルサイト要チェック!
喫煙室 無し
車椅子対応客室 有り。4部屋
チェックイン時間 15:00
チェックアウト時間 12:00
Wi-Fi ホテル全館であり。宿泊代金に含まれる
日本語スタッフ 有(レセプション、Miyako レストラン)
ホテル施設 7レストラン&バー、ヘルスクラブ、スパトリートメント、ミーティングルーム

 

Share.

About Author

東京都出身の旅するOL。在ロンドン11年。 日本とロンドンの旅行会社で10年以上にわたり、ヨーロッパツアーの企画や、海外ツアーコンダクターの業務に携わる。現在はプライベートの旅行や仕事上で、快適で思い出に残るホテルとの出会いに喜びを感じる日々を送っている。

コメントを残す