フラワーアフタヌーンティーをチェルシーの邸宅で

0

hotel


11 Cadogan Gardens

素敵なアフターヌーンティーを見つけたと友人が連れて行ってくれた11 Cadogan Gardens。ミシュラン星つきレストランGauthier Soho のフランス料理シェフ Alexis Gauthier 氏が考案したアフタヌーンティーは美味しく、優雅な気分を味わうことができたので、ホテル内とともにご紹介したい。

チェルシーの中心、最寄り駅Slone Square から徒歩5分弱という抜群の立地ながら静かな環境のこのホテルは、1879年築でもともと当時の典型的な都市住居であるタウンハウス4軒がプライベートメンバーズクラブとして利用された後、2012年に独立系ブティックホテルとしてオープン。チェルシーエリアに多くの土地を持つカドガンファミリーがオーナーで、イギリスらしい品格のある貴族邸宅のようだ。

IMG_2051

赤レンガのビクトリア朝の建物はイギリスを代表するイメージの一つ。 ウィンブルドンテニスの時期で、テニスボールが玄関口に飾られていた

入り口には階段があるが、ホテルスタッフが荷物を運ぶのを手伝ってくれる。

Reception - full view

モダンでスタイリッシュなレセプションでは親切なスタッフが温かく出迎えてくれる

IMG_2105

ラウンジとしても利用されるライブラリーは歴史映画のワンシーンで見かけるような空間

IMG_2075

落ち着いた色合いの優雅な階段と絵画

IMG_2108

20世紀初頭からあるアンティークなエレベーターも歴史を感じさせる

アフタヌーンティーは優雅なドローイングルームもしくは、屋外のテラスにて。私たちが行った日は天気が良かったので、テラスでのサービスを選んだ。

LH - Drawing Room

チェルシーフラワーショーをイメージした花柄のファブリックが印象的なドローイングルーム

shoot 3 No.11 - 10-5-16

天気が良い日はテラスで開放的な気分を

季節ごとにメニューが変わる花をテーマにしたアフタヌーンティー(40£〜)は食器もキュートで感動。バラエティーあるグルメサンドイッチや、程よい甘さのスコーンやケーキはどれも美味しかった。お口直しのムースはフレンチ料理のコースのようで、紅茶もサンドイッチを食べる時、甘味の時と2種類選ぶことができ、お土産にピンクマシュマロをも持たせてくれて大満足。まだそれほど知られていないようで、ゲストは私たちのみでのんびりとおしゃべりをしながらゆったりとした時間を過ごすことができた。

IMG_3640

ひとつずつ味わいが異なるグルメサンドイッチ

IMG_3641

スコーンとケーキも程よい量と甘さ

気になる部屋のカテゴリーは、Superior Double room, Deluxe Double room に25のスイートルーム。全部屋のデザイン、レイアウトが異なり、それそれがアンティーク調かつ高級感ある家具で飾られイギリスらしさが溢れた品のあるつくりとなっている。

IMG_2079

スタンダードなカテゴリーのSuperior Double room は17-18 m2 とコンパクトなサイズ

IMG_2088

Deluxe room ( 22-25 m2 )のひとつ。モダンなデザインの部屋

IMG_2060

Sigunature Suite (33-39 m2) :ゆったりとした広さの華麗な部屋

コンパクトなサイズながら大理石で作られた高級感あるバスルームはバスタブ付きの部屋とシャワーのみの部屋がある。

IMG_2081 (1)

大理石でできたバスルーム

IMG_2070

アメニティーはイギリスの高級パリューマリー社ORMONDE JAYNEのものを利用

バスローブ(左)と傘、スリッパ、セーフティーボックス(右)は全室に常備

全室にミネラルウォーターボトル(炭酸入り、なし1本ずつ)の嬉しいサービス(左)と冷暖房完備 (右)

全室にミネラルウォーターボトル(炭酸入り、なし1本ずつ)の嬉しいサービス(左)と冷暖房完備(右)

IMG_2067

Deluxe roomよりも上のカテゴリーで提供されるNespressoマシーンでは部屋で入れたてのコーヒーを味わえる

全ての部屋で紅茶セットは部屋に設置されていないが、無料でリクエスト可能とのこと。

徒歩圏内には日本人アーティスト公演も多いCadogan Hall や、ロンドン屈指のエレガントなショッピングストリートKingsland Road があり、ヴィクトリア&アルバート美術館、自然史博物館なども隣駅と、ロンドンの街散策には最高の立地のため、チェルシー価格でお部屋の広さが限られるカテゴリーもあるが、高級エリアで優雅な滞在を楽しみたい方におすすめ。

[ホテル近郊の見どころ]

  • ホテルより至近のChelsea, Belgravia エリアで編集長が紹介したレストランはこちらでチェック!
  • King’s Road:ロンドンを代表するエレガントなショッピングストリート。おしゃれなブティックやレストラン、カフェがたちならぶ。お散歩で気分が盛り上がるエリア
  • Harrods:世界的に有名な高級老舗デパート
  • バタシーパーク:ロンドン市民の憩いの場所。テムズ川沿いの美しい公園
  • Victoria & Albert Museum (V&A):   毎月最終金曜日夜に開催されるイベントFriday late がバラエティ豊かでおすすめ。いろいろな文化を楽しめる。館内の世界初のミュージアム・レストランでウィリアム・モリス装飾のThe V&A Caféは、とても素敵。軽食を贅沢な気分で味わうことができる。センスの良いお土産Shopもお気に入り場所
  • Ciné Lumière: フランス文化会館Institut français’内にある映画館。フランス映画だけでなく、イタリアやスペインの映画祭も開催。館内にあるビストロでお茶や軽食後に、ヨーロッパ映画を観る週末はとっても優雅な気分に

 

ホテル名 11 Cadogan Gardens
 住所 Chelsea, London, SW3 2RJ, UK
最寄り地下鉄駅 Slone Square (District & Circle line)駅より徒歩 5 分弱
ホームページ 11cadogangardens.com
予約電話番号 +44 (0)207 881 1536
メールアドレス   reception@11cadogangardens.com
部屋数 56
宿泊費 スーペリアルーム (17−18 Sqm) 275.00 £ (VAT 20%込み)より。コンチネンタルブレックファースト20 £ /イングリッシュブレックファースト27.5£
お得なキャンペーン Weekend escape plan 10 % (週末2泊以上した場合に10%割引)
喫煙室
車椅子対応客室
チェックイン時間 14:00
チェックアウト時間 12:00
Wi-Fi ホテル全館で有。使用料宿泊費に含まれる
日本語スタッフ
ホテル施設 レストラン、バー、ライブラリー、ドローイングルーム、テラス、ミニジム
Share.

About Author

東京都出身の旅するOL。在ロンドン11年。 日本とロンドンの旅行会社で10年以上にわたり、ヨーロッパツアーの企画や、海外ツアーコンダクターの業務に携わる。現在はプライベートの旅行や仕事上で、快適で思い出に残るホテルとの出会いに喜びを感じる日々を送っている。

コメントを残す