最高の眺め! 理想のモダン居住空間

0

hotel


Cheval Three Quays at The Tower of London

友人の誕生日会で招待されて初めて訪れた際、その広さ(友人は3ベッドルームに滞在)、モダンなインテリア、設備、清潔さとタワーブリッジやロンドン塔、テムズ河を目の前にしたロケーションに感動。招待客がこんなフラットに住むことができたならと絶賛のコメントを口々にしていた。

35年の歴史を誇るロンドン拠点のCheval Regidence グループが2014年3月にイギリス屈指の観光名所ロンドン塔至近に8軒目として5つ星アパートメントホテルをオープン。最高の立地にホテル並みかそれ以上の部屋内設備に24時間レセプション/コンシェルジュ対応、毎日の清掃といったサービスで、市内大方のホテルより広いスペースに滞在できるというとても魅力的な宿泊地となっている。

img_2049

モダンな建物。ロンドン塔の真横でテムズ河沿いという絶好のロケーション

‘’Cheval (フランス語で馬を表す)‘’というグループ名は1軒目がKnightsbridge のCheval Plaza に建てられたことからきており、’’Three Quays’’はBrewers Quay, Chester Quay, Galley Quay というテムズ河が交易の中心だった時代に3つの埠頭として使われていたという土地の歴史から由来する。

lobby-2

24時間対応のレセプション。スタッフのホスピタリティーはとても評判が良い

%e5%9f%a0%e9%a0%ad

入り口付近の壁にはこの近辺が埠頭だった時代の絵

img_2052

廊下にはテムズ河とロンドンの歴史写真と、波を象徴する柄のカーペット

今回視察したショートステイ(6泊以内)の部屋タイプは1,2,3ベッドルームアパートメントとペントハウスアパートメントがあり、部屋数と眺めによって料金が異なる。River ViewとTower View の部屋はバルコニーつき。エントリーカテゴリーのOne Bed room Apartment/ Urban View で51 M2 。2 ベッドルーム以上の部屋には、1ベッドルームにつき1バスルームがつくという贅沢な作りとなっている。

one-bed-urban-view

One Bed room Apartment / Urban View で51 M2というゆとり。ベッドはスーパーキングサイズでRespa社のマットレスで寝心地抜群。バスルームにはシャワーブースのみで浴槽はない

2-bed-room

2ベッドルーム以上には、スーパーキングベッドの部屋、ツインベッドの部屋そして一部屋ずつバスルーム(ひとつは浴槽つき)があり、ライティングデスクもある

%e7%9c%ba%e3%82%81

Tower View とRiver View の部屋はバルコニーつきで部屋からの眺望抜群!2ベッドルーム以上の場合はオープンキッチンとなり、開放感抜群

%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9

最上階のPenthouse のため息が出るほどのゴージャスさとバルコニーからの眺望

全カテゴリー共通のキッチンは、モダンでピカピカ輝いていて、機能的。調理器具、食器類、電子レンジオーブン、食器洗い機、湯沸かし器、冷蔵庫等、調理に必要なものは全て揃っている。

%e5%8f%b0%e6%89%80

最新式のキッチン(左上)、電子レンジとオーブンと洗濯乾燥機(右上)、掃除機とアイロンボード(左下)、洗剤(中央下)、食器洗い機(右下)

各部屋内に準備されている豊富なアイテム。おもてなし力抜群です。

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%ef%bc%91

スナック(左上)、ミネラルウォーターにフレッシュミルク(右上)や、コーヒー(右下)の無料サービスはありがたい。そしてトースターに湯沸かし器(左下)、英国料理本(中央下)の設置とオーダー可能なドリンクのメニューときめ細かいサービス

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%96%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%91

バスローブ、スリッパとクリーニングサービス(有料)(左上)、ヘアードライヤー(左下)、セーフティーボックス(中央)、バルコニーつきの部屋には双眼鏡(右上)、全室にて冷暖房の完備(右下)

%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc

アメニティーはスコットランドにあるArran Aromatics 社のオーガニックプロダクト。Penthouseはエルメスのアメニティー

%e6%9c%ac

滞在期間ホテル外に持ち出し可能な携帯(左上)、ロンドン写真集(右上)とボードゲーム(下)

上記写真内の滞在期間中レジデンス外への持ち出し可能な携帯電話は世界10 ヵ国(日本は含まれず)への国際電話、イギリス国内電話は無料という特別なサービスも提供している。

全室キッチン付きでレジデンス内にレストランやバー、スパ施設がないこと、期間や部屋タイプによってはミニマムスティが設定されていたり、フレキシブルレートでキャンセレーションポリシーが到着日48時間前という所などが、ホテルと異なる点だが、同じ建物内、出口をでてすぐ横にベーカリーやサンドイッチ屋、レストランがあり、飲食の選択肢は豊富。毎日部屋の清掃があり、ベッドリネンやタオルは1日おきの交換という、5つ星アパートメントホテルならではの行き届いたサービスを提供している。

gym

レジデンス内のジム

ロンドン中心で、広さやプライベート感覚を求める人々、家族連れにも嬉しい限りのスペースで、乳幼児用にベビーコットやハイチェアもリクエストで手配可能。そして、ペットフレンドリーなものも特記すべき点だ。ショートスティの場合は40£、ロングスティの場合は120£追加でペット用清掃代を支払うと犬や猫を連れての宿泊も事前リクエストで可能。

ゲストの訪問は23:00まで許可されているとのことなので、滞在中にゲストを呼んでの団欒も可能ですよ〜。

[近辺おすすめスポット]

  • St Katharine Docks の散歩と独立系カフェWhite Mulberries。タワーブリッジや華麗なヨットが並ぶマリーナを眺めながら、このカフェで飲むコーヒーやホットチョコレートは最高!朝から人が絶えない人気店。マフィンなどのスイーツも美味
  • Padella Borough Market: 予約不可能で常に行列ができる超人気イタリアンレストラン
  • 20 Fenchurch StreetのSky Garden: ロンドンの眺望とガーデンを楽しむことができる無料のおすすめスポット
  • Royal Exchange 内にあるPaul Smith のアウトレット。男女製品があるが、主に男性へのプレゼント用に利用。掘り出し物があり、ラッピングもしてくれるので重宝しています♪
  • 木曜日のランチ時間にGherkin 前に数店舗出店するKERBマーケット。その中のMother Flipper のハンバーガーはロンドンでピカいち。ジューシーであまりにも美味しいのでKERB のサイトをチェックしてこのハンバーガーを食べることができる日(月1回)は欠かさず通う人もいるほど
  • Shoreditch エリア。 多国籍のレストラン、トレンディーなカフェ、バー、クラブが多数。編集長おすすめはこちら
  • ホテルより徒歩20分ほどテムズ川沿いを散歩すると石畳の閑静なWapping エリアにたどり着く。散策後がてらに地元の人でいつも賑わっているイタリアンレストラン、IL BORDERO でのお食事がおすすめ。全てにおいてボリュームがあって美味しい。国籍を問わず誰を連れて行っても大満足する
  • Maltby Street Market 。地元で大人気のユニークなフードマーケット。ホテルからはタワーブリッジを超えた先。徒歩で15-20分ほど。土曜、日曜に機会があればぜひ
アパートメントホテル名 Cheval Three Quays at The Tower of London
住所 40 Lower Thames Street, London, EC3R, 6AG
最寄地下鉄駅 Tower Hill (District & Circle line) 徒歩3分
ホームページ http://www.chevalresidences.com/cheval-three-quays/
予約電話番号 +44 (0)20 3725 5494
メールアドレス reservations@chevalresidences.com
部屋数 159部屋(97部屋ショートスティ+62部屋ロングスティ)
料金 Superior One Bedroom/ Urban View(51 M2) 169-350 £。宿泊日、部屋によってはミニマムスティ2泊以上の可能性あり
キャンセレーションポリシー ディスカウントプラン:変更や取消し不可、宿泊費事前支払い。フレキシブルプラン:取消し料が到着日48時間前より発生(6泊までの宿泊)/到着日21日前より発生(7泊以上の宿泊)
お得なキャンペーン 2 -3 Bed rooms Apartment に4泊以上した場合は1泊が無料になるお得なキャンペーンあり
喫煙室 無。バルコニーつきの部屋はバルコニーにて喫煙可
車椅子対応客室 無。ロビー階のドアは自動開閉でリフトもあるが、部屋内のシャワー室に多少の段差あり。
チェックイン時間 15:00
チェックアウト時間 11:00
Wi-Fi 有。使用料宿泊費に含まれる
日本語スタッフ
レジデンス内設備 ジム
Share.

About Author

東京都出身の旅するOL。在ロンドン11年。 日本とロンドンの旅行会社で10年以上にわたり、ヨーロッパツアーの企画や、海外ツアーコンダクターの業務に携わる。現在はプライベートの旅行や仕事上で、快適で思い出に残るホテルとの出会いに喜びを感じる日々を送っている。

コメントを残す