妖艶な非日常の世界へ:ロンドンの最新5つ星ホテル

0

hotel


L’oscar London

ロンドン金融の中心シティと娯楽の中心ウエストエンドの中間という抜群の立地に非日常の世界を体験できるハイセンスな5つ星ブティックホテルL’oscar Londonが誕生した。

1901〜1903年築のBuptist Church (イギリス発キリスト教プロテスタントの一教派 パプティスト教会)のロンドン本部であった歴史ある建物を6年の歳月をかけて改装し、2か月前にオープンしたばかり。フランスインテリアデザイン界の大御所Jacqus Garcia氏がデザインを手がけ、ホテル名の由来となった作家オスカー・ワイルドの耽美な世界、映画アカデミー賞のオスカー授賞式のような華やかな劇場の世界を見事に表現した優雅な空間が広がっている。

Loscar_exterior

ホテルデザインにも影響を与えた、20世紀初頭に活躍した自由な芸術を求めるロンドン文化人組織 ’’ブルームズベリー・グループ’’の拠点となった歴史と文化の香りがするエリア至近に佇む歴史ある建物

建物全体が’’Grade II Listed’’ (建築的歴史的重要建造物リストの重要度グレード2) に指定されており、4階部分は第二次世界大戦の被害の影響で再築をしているが、天井、柱や暖炉などにバプティスト教会の面影を残していてとても趣がある。

Loscar_entrance

エントランス。一歩入り口を踏み入れるとそこは妖艶な別世界

エントランスホールからレセプションとラウンジに向かうと、そこはデカダンスともいえる艶やかな大人の空間で息を呑むほど美しい。

Loscar_reception

レセプション。貴族の邸宅の一室のよう

Loscar_lounge_2

ラウンジ。ここで一息つくだけで、非日常の世界に浸ることができる

内装のメインカラーは紫、赤、緑、金。そして、花、鳥、クジャク、蝶々の可憐なモチーフが印象的。そして紫色のシルクカーテンが劇場で舞台の開演を待っている時のようなワクワク感を感じさせ、至るところで、エンターテイメント性、ウィットに富んでいて、大人の遊び心をくすぐられるデザインと演出が満載だ。

Loscar_interior_3

芸術的なシャンデリア(左)

Loscar_interior_2

劇場に来ているような感覚を覚えるデザインの数々

パリの話題のホテルやレストラン、ニューヨークのノマドホテルなどのデザインを手がけたJacqus Garcia氏によって伝統的な英国式デザインではなく、官能的なスタイルを確立。全ての内装や調度品がこのホテルのために制作された手作り、手書きというこだわりに触れると感性が磨かれるようだ。

部屋内ワードロープの扉がシルク製で、手作りというのにも感銘を受けたが、寝具に世界一の羽毛と言われるアイスランド産アイダー羽毛布団を利用しているので、最高の寝心地を味わえるのも一流のホテルならでは。その他、ふかふかのスリッパとバスローブが全室に提供され、ヨガマットも常備。そして特別感を与えてくれる24時間バトラーサービスも。荷ほどき、荷造り、紅茶作りなど心地よい滞在のサポートをしてくれるので、より快適な滞在の為に上手に利用したい。

LOSCAR Room_507 Bedroom_1_Fotor

エレガントなDeluxe room

th_LOSCAR Room_103_2 Bedroom copy

ゴージャス気分を満喫できるL’oscar Suite

Loscar_room1_2

教会建築当時のまま保存されている高い天井に注目。

Loscar_room2_0

こちらは赤、黒とゴールドが基調の高貴な雰囲気漂うベッドルーム

Loscar_room2_2

大理石でできたバスルームも天井が高く優雅。建築当時オリジナルの天井(左上)と世界中の香水好きの憧れである英国人芳香師、Roja Dove 氏が調合したホテルオリジナルのアメニティーもハイセンス(左下)。スタンダードルームはシャワーのみの部屋もある

Loscar_room_details

Nespressoマシーンはデラックスルーム以上のカテゴリー に設置される(右上)。コーヒー&紅茶メーカーや湯沸かし器は部屋常備でないので、必要に応じてリクエスト。ミニバー内のソフトドリンクが無料という嬉しいサービスあり

Loscar_restaurant

The Baptist Bar& Grill : ドーム型天井の下の雰囲気抜群の中、著名シェフTony Fleming氏によるモダンブリティッシュ料理を堪能。モチーフのひとつ孔雀のお皿までも個性的でゴージャス(右上)

Loscar_bar_1

大人の空間なL’oscar barでは木金土にDJナイトが開催される

Loscar_cafebar_2

Café L’oscar: デカダンスな雰囲気のフレンチカフェ

Loscar_meeting room_2

27 名まで利用可能なCommittee Room。 世界に誇るロイヤルドルトン(Royal Doulton)作の見事な暖炉上の彫刻に注目。

Loscar_meeting room_3

奴隷解放の様子が描かれているバプティスト教会建築時のオリジナルが大切に保存されている。

Loscar_library_1

こちらはイベントスペースとして利用される華麗な Library。孔雀のモチーフがいたるところに。

Loscar_library_2

本棚の中まで妖艶な雰囲気で統一。別世界へと誘う。

Cafe L’oscarのレビューこちらhttp://www.absolute-london.co.uk/fooddrink/dining/23550

【ホテル徒歩圏内のおすすめスポット】

  • 大英博物館:イギリスが世界に誇る博物館
  • Charles Dickens Museum: イギリスを代表する作家チャールズ・ディケンズが住んでいた家を改装した博物館
  • Royal Opera House:一流のオペラとバレエを鑑賞
  • Peacock Theatre:世界各国からのモダンダンスを堪能できる劇場
  • Pineapple Dance Studios :ヨガや世界各国のダンスを1回レッスンから受講可能なダンススタジオ
  • 編集長おすすめのレストランカフェはこちら
  • 一風堂、金田屋:ロンドンで美味しい日本のラーメンを食べたい時に
  • Neal’s Yard Remedies ,Dairy:日本でも有名なアロマ商品、自然派化粧品専門店(セラピールームも併設)とチーズの専門店
  • Monmouth Coffee: 1978年創業。ロンドンで屈指の美味しいコーヒーを味わってみてはいかが?
  • Kintan: 日本風の焼肉といえばここ!
ホテル名 L’oscar London
住所 2-6 Southampton Row, London
WC1B 4AA
最寄り地下鉄駅 Holborn (Picadilly, Central Line) より徒歩2分
ホームページ https://www.loscar.com
予約電話番号 ‘+44 (0)20 7405 5555
メールアドレス Info@loscar.com
部屋数 39
宿泊費 Standard room (17-20 M) 395 £(VAT20%込み)〜 朝食追加代金35£
喫煙室 無。屋外テラスでのみ喫煙可
車椅子対応客室 1室(Deluxe room)
チェックイン時間 15:00
チェックアウト時間 12:00
Wi-Fi 宿泊費に含まれる。ホテル全館で利用可能
日本語スタッフ
ホテル施設 The Baptist Bar& Grill, Café L’ Oscar, 会議室、イベントスペース

 

Share.

About Author

児島みゆき

東京都出身の旅するOL。在ロンドン13年。 日本とロンドンの旅行会社で10年以上にわたり、ヨーロッパツアーの企画や、海外ツアーコンダクターの業務に携わる。現在はプライベートの旅行や仕事上で、快適で思い出に残るホテルとの出会いに喜びを感じる日々を送っている。

コメントを残す