イーストエンドのオアシス

0

hotel


TOWN HALL HOTEL

イーストエンドの下町Bethnal Green地下鉄駅から徒歩5分弱。今回ご紹介するTOWN HALL HOTEL のもとは1910年にタウンホールとして建てられ、様々な映画の撮影で利用された歴史的建築物。

オリジナルのエドワード朝様式の建築に、1939年にアール・デコ様式で増築され、1989年までタウンホールとして機能していたとのこと。その後、イギリス在住のユダヤ人の個人所有を経て、2008年にUnlisted collection (シンガポールのファミリー経営会社)が建物を購入、2年かけて改築し、2010年に独立系ホテルとしてオープンした。家族経営のため、パーソナルタッチが入ったデザインとホスピタリティーが人気の要因だ。

20世紀初頭に流行したエドワード朝様式とアール・デコ様式の2つの建築様式の融合

20世紀初頭に流行したエドワード朝様式とアール・デコ様式の2つの建築様式の融合

IMG_0101

ホテル入り口

エントランスを入るとまず目に入るのが大理石でできた階段。まるで映画のワンシーンのよう。イーストエンドの雑踏とは別世界が広がる。

IMG_0107

華麗な大理石の階段

レセプション、廊下、ラウンジ、階段は歴史的建物の面影を見事に残している。

大理石や重厚な木でできた床、柱、壁、高い天井、アンティーク家具の数々がイギリスの伝統や歴史を感じさせると同時に、ホテルのいたるところにローカルアーティストの作品が展示されており、モダンアートに巡り合う場ともなっている。この融合が見事!

lounge and corridor

クラッシックなラウンジと階段。大きな窓、高い天井からは光が差し込み開放感ある

local arts

ローカルアーティストの作品の数々。イーストエンドに86年住んでいる老人や、
ローカルスイマーなど個性豊かな写真集も展示販売している

ホテルの至るところにローカルアーティトによる作品が飾られている

ホテルの至るところにローカルアーティトによる作品が飾られている

全98室の客室はホテルの外観、伝統的なロビーやラウンジ、廊下とは異なった趣き。とてもモダンでスタイリッシュ。ひと部屋ごとに違うデザインとなっている。ベッド、デスク、ソファーや調度品、バスタブの配置、バスルームのアメニティーやコーヒーセットなどとびっきりセンスの良いセレクションに驚かされる。宿泊客にはアーティスト、映画や音楽、デザイン業界関係者が多いというのが納得できる。

一番下のカテゴリー、4部屋あるダブルルームでも22M2 とロンドンにしてはゆとりのある大きさ。ダブルルームと数部屋以外はキッチンや洗濯機付き。ロンドンで生活しているような滞在を味わって欲しいとのホテルの細やかな心配りが素晴らしい。

IMG_0264

ダブルルームでも十分な広さ。シンプルでモダンなインテリア

one bed room

ワンベッドルーム。まるで自宅にいるような居心地の良さと解放感

モダンなキッチンは食器、鍋など必要なものは一揃い

モダンなキッチンは食器、調理器具など必要なものは一揃い

bathrobe and coffee

全室で提供されるバスローブ&スリッパと高品質のコーヒー・紅茶セット

モダンなバスルーム。バスタブ付きの部屋とシャワーのみの部屋があり

モダンなバスルーム。バスタブ付きの部屋とシャワーのみの部屋があり

IMG_0236

アメニティーはロクシタン

IMG_0237

ユニークなHANGOVER , INTIMACY キットのお部屋販売

IMG_0250

各部屋に改装前の写真が飾ってある。見事な変化!

ロンドンで一番広いスイートルームDE MONTFORT SUITE は結婚披露パーティでも利用される極上な空間。グランドピアノが置かれ、高い天井と光が差し込む大きな窓、洗練されたモダンなベッドルームやバスルームはまさに映画の中の世界。披露パーティの後、余韻にひたりながら、結婚初夜を過ごすことができたらなんてロマンチック!

big suit

DE MONTFORT SUITEでの結婚披露パーティ。。。夢の世界です

元々、市議会議事室として利用されていたというCOUNCIL CHAMBER も結婚披露パーティやプライベートダイニングで利用可能な人気のイベントスペース。

IMG_0159

COUNCIL CHAMBER :歴史を感じさせるインテリアが印象的

IMG_0135

ロンドンホテルではめずらしい屋内プールつき。宿泊者は無料で6-24時まで利用可能。
自然光が入る気持ちの良いスペース

宿泊者は無料で利用できるジムも完備

宿泊者は無料で利用できるジムも完備

ホテルにはバー、レストラン2軒がある。地元の人々も利用する人気のスポット

ホテルにはバー、レストラン2軒がある。地元の人々も利用する人気のスポット

最後に心温まる話を二つご紹介。

ひとつめはホテルのマスコット犬のこと。

7歳の雌犬ディージーがTOWN HALL HOTEL で暮らすようになったのは一ヶ月前のこと。昔の飼い主から虐待されて、歯も2本以外全部失ってしまったというかわいそうな話をきいたホテルマネージャーがひきとることを決定。ストレスで白髪もあり、年より老けてすっかり臆病になっていたのを、ホテルスタッフが愛情を込めて接したところ、ようやく元気になり、現在はマスコットとしてホテルスタッフ、宿泊者から愛される存在になっているという。

ディージーのおかげ(!)で、一ヶ月前より犬を連れての宿泊が60ポンドの追加料金で可能となったそうだ。独立系のホテルならではの心あたたまる対応にほっこり。愛犬家には耳寄りニュースです!

IMG_0177

ホテルのマスコット とても大人しいディジー。まだ悲しそうな目をしています。。。

もうひとつの心温まるトピックはホテルが地元でチャリティー活動を行っているということ。「ローカルピープルのためのホテル」というモットーのもと、現在は運動靴メーカー・ニューバランスと共催で週一回チャリティーランニングをオーガナイズしている。一流のコーチを招き、助けが必要な目的地まで走り、そこで公園を修理したり、老人の買い物を手伝ったりとローカルエリアに役立つことを行っているそうだ。

タウンホールの伝統をハード面、ソフト面両方から引き継ぎ、イーストエンドに密着したこのホテルはロンドンで最も魅力的なホテルの一つである。

[ホテル周辺おすすめスポット]

  • Colombian Flower Market:ロンドンを代表するフラワーマーケット。ちょしっちさんのレポートはこちら
  • Broadway Market :トレンディーなカフェ、レストラン、ショップが集まるこじんまりとしたエリア。特にマーケットの出る土曜日はとても賑やかでおすすめ。
  • Anya Hindmarch at Hackney: 日本でも大人気の高級ハンドバッグブランドの小さなアウトレット店。バーバリーのアウトレットのすぐ近くにあり。
  • レイトナイト・アート:毎月第1木曜日の夜にイーストロンドンにある150以上ものギャラリーラリーが21時までオープンしていて、無料のイベントが数々開催される。無料のワインやドリンクを提供するギャラリーもあるので、この機会にローカルアートを堪能してみては?
  • 映画館 Elcentric Cinema とRich Mix :アーティスティックな映画館で、映画のみならず、劇場の雰囲気も楽しむことができる私がお気に入りの場所
  • Shoreditch  エリア:多国籍のレストラン、カフェ、バー、クラブが多数。新しいレストランやカフェが目まぐるしくオープンする中、何度もリピートしているのが、英国料理Albion  (編集長レポート)カフェAllpress Espresso(編集長レポート)、カジュアルトルコ料理Tas Firin 、ロンドンで最も古いベーグルショップBrick Lane Beigle Bake など。編集長おすすめのレストランカフェも盛りだくさん。
  • ベトナム料理が立ち並ぶKing Land Road 。最近のお気に入りは編集長レポートでも紹介されているGreen Papaya。味もサービスも良く、料理の量も多くてこじんまりしているので他のレストランと比べて静かなのが良い。
ホテル名 Town Hall Hotel
住所 Patriot Square, Bethnal Green, London E2 9NF
最寄り地下鉄駅 Bethnal Green (Central Iine)より徒歩5分弱
ホテルホームページ http://townhallhotel.com/home
予約電話番号 +44 (0) 20 7871 0460
メールアドレス reservations@townhallhotel.com
ホテル部屋数 98 室
料金 Double room ( 22m2)   165.00 GBP +VAT 20%より。コンチネンタル   バイキング式ブレックファースト朝食 15GBP
喫煙ルーム 無 。3階の部屋のバルコニーのみ喫煙可。バルコニー利用時はレセプションに事前リクエストすること
車椅子対応客室 3部屋
チェックイン時間 14:00
チェックアウト時間 11:00
Wi-Fi ホテル全館で有。使用料宿泊費に含まれる
日本語対応スタッフ 1名
ホテル施設 バー、ラウンジ、2レストラン、イベントスペース、ジム、屋内プール

 

 

 

Share.

About Author

東京都出身の旅するOL。在ロンドン11年。 日本とロンドンの旅行会社で10年以上にわたり、ヨーロッパツアーの企画や、海外ツアーコンダクターの業務に携わる。現在はプライベートの旅行や仕事上で、快適で思い出に残るホテルとの出会いに喜びを感じる日々を送っている。

コメントを残す