土曜はパスティー日和だね → 芦屋 ザ・クラッパム・イン

0


ナミヘイ「もしもし、こんにちは。パスティを今日食べにいきたいので予約をお願いしたいのですが……ご無沙汰しています、ナミヘイです」

店主「お〜、お久しぶりです、お元気ですか? 本日はテイクアウトですか? お席のご予約ですか? ハイ!12:30にお待ちしています!」

2021年2月13日土曜日、快晴。上着も手に持って歩けるくらいのぽかぽか日和でした。阪急芦屋川駅近くにあるガストロパブ、ザ・クラッパム・インさん。英国の他、欧州、中近東の料理をアレンジし、英国産エール、ギネス、クラフトジンなどをご用意。あぶそる〜とロンドンでも初めて訪れた昨年の4月の頃のお話をご紹介させていただいております。

X状にクロスする何本もの線路のサインが掲げられたBRITISH PUB

そういえば昨年の夏も友人と一緒に訪れたなぁ。イギリスの夏の定番カクテルといえばピムズでしょ〜と、ピムズ&レモネードをごくごく飲みほしたことを思い出しました。

英国の夏といえばピムズ🇬🇧

夏の日も今日と同じく「土曜日」で、牛ハラミと野菜を包んだトラディショナル・コーニッシュ・パスティを食べました。コーンウォール地方のレシピを店主の方が再現した最もポピュラーなパスティ。パスティとは、ショートクラスト・ペイストリーでさまざまな具材を包んで焼いたパイ料理のひとつ。
そうなんです!「毎週土曜日はイギリスのパイ「パスティ」の提供日」なのです!

さて2月13日、本日のパスティはプルドポーク&チーズパスティ。しかしこちらのパスティ、なかなかお目にかかれないスペシャルです。実は月に一度不定期で、プルドポーク&チェダーチーズ・バーガーを数量限定でご用意されるそうです。私はまだこのバーガーにお会いしていませんが、Instagramに登場するバーガーの香ばしそうな様子はたまりません! コメント欄にあるように、まさに食べ応え満点! ビールとの相性抜群! の一品です。そのバーガーとして提供したプルドポークが、今回は半月型のパスティとしてお目見えするらしい! となると、行かないわけにはいきませんよね♡

イギリスで最も忙しい駅「クラッパム・ジャンクション」のような「人と人が行き交う中心点でありたい」との思いを込めて、2010年12月12日創業。今年11年目を迎える。

我が家からザ・クラッパム・インさんまで約40分。駅間の風景は関西圏にお住みの方しかわからないと思いますが、阪急神戸線の西宮北口駅を過ぎ、夙川(しゅくがわ)駅が近づくにつれて山並みが広がり始めます。夙川駅を過ぎると、さらに山々が迫ってきます。私にとって「山を目にするなんともいえない躍動感=ザ・クラッパム・インさん」。これが店に向かう私の中の体内公式にもなっているのですが、この山々の情景がパブを訪れるひとつの愉しみにもなっています。

南北に流れる芦屋川と自然あふれる美しい閑静な住宅地

芦屋周辺にはさまざまな登山ルートがある。私のお気に入りの場所「観音山」

12:30お店に到着。「こんにちは!」バリバリの懐かしい明るい関西弁、店主、伊藤さんとご挨拶!
まずは飲み物です。毎日Instagramで更新されるタップリスト。開栓情報とともに原材料や特徴、時には歴史の背景まで読むことができます。背景を知ることで一層飲みたくなる、知りたくなるそんなタップ情報をぜひご覧になってくださいね。

 

さて、私はどのビールを選んだでしょうか?

◆HAZY JANE 無濾過で濁りをそのまま残す事で香るパイナップルやマンゴーなどの華やかなアロマが特徴
◆YUZU WHITE 今シーズン最後の樽が本日到着、箕面ビールが送るこの時期限定のシーズナルビール
◆KILKENNY アイルランドのレッドエールビール、クリーミーな泡、フルーティーな味が特徴

 

正解は YUZU WHITE ゆずホ和イト!

理由①シーズナルビールである事 ②今日到着した樽が今シーズン最後だという事 ③この可愛いネーミング「ゆずホ和イト」

大人気のゆずホ和イト。ベルジャン酵母特有の複雑な風味とゆずの爽やかな香り。箕面(みのお)という地域、環境、スタッフが生み出したビール。

飲むからには1Pintでしょう! 以前ハーフにして大後悔したから (^_^;)
ひとくち喉を通った時の豊かな香りとスッキリさ、んんん〜〜美味しい! 苦味はほとんどなく軟らかいくちあたり。伊藤さん曰く、ホワイトエールの原材料はオレンジピールを使用していますが、箕面ビールでは地元無農薬のゆずの皮を用いているとのこと。ひとつひとつ愛情込めて皮をむいた大粒のゆずが、和の香りの元にあります。さすが箕面ビールの特徴でもある“キレ”が良いと評判のホワイトエールでした。

ゆずホ和イト を楽しんでいるところへ、プルドポーク&チーズパスティ+チップス&コールスローの登場です。こんがり焼き色にそそられ、見た目も具材もボリューム満点。さあ、熱いうちにいただきましょう。さくっとナイフが入り、しっとりとした生地感、そしてスパイスの香り。甘くやわらかいマッシュポテトが口の中で広がり、チェダーチーズと特製BBQソースを絡めて細かく裂かれたプルドポーク。肉の繊維の奥まで美味しさを感じるのは、店主、伊藤さんの愛情たっぷりの煮込みの魔法でしょう。だから「ゆずホ和イト」も進む、進む! 今日も来て良かった〜! ごちそうさまでした ♪

そしてもうひとつラッキーな出来事がありました。翌14日はバレンタインデー。スタッフPockyさんによる特製スコーンも発売。ココア生地にチョコチップを混ぜた「ダブルチョコレート・スコーン」とお店一番人気のスイーツをアレンジした「アップルクランブル・スコーン」のセットです。特に「アップルクランブル・スコーン」に注目。お店の味が凝縮したここだけでしか味わえないスコーンだと思います。ただしこちらのスコーンは季節の変わり目やイベント時のスペシャルスイーツとなります。今日ゲットできた私はラッキー♡

まだ2021年はスタートしたばかり、まだまだ季節は巡り巡ります。そうそう ♪  お隣に座っていらしたお客様がこんなことをお話されておられましたよ。桜が舞う季節にまたお邪魔しますって。芦屋もさることながら、隣駅の夙川河川敷緑地には約1660本もの桜が夙川沿いに立ち並ぶ桜の名所。ザ・クラッパム・インさんのフードやスイーツをテイクアウトしてお出かけされるのもいいですね。もちろんお花見帰りに美味しいビールを注ぎにザ・クラッパム・インさんに立ち寄られるのは尚最高! しかしこの状況下、お店の体制も変化することが考えられます。詳細は必ずSNSでご確認のうえお出かけください。

大好評につき早々完売!

スタッフさんからのバレンタイン・メッセージ♡

 

ちょうどお昼時。ぽかぽか日和の屋外席は最高に気持ち良いですよ。お店を後にする私に「またね〜」と手を振ってくれる女の子。私も「またね〜」と手を振りながら、今日2月13日土曜日、素敵な1日をいただきました。

店主伊藤さんと仲良しファミリー(^○^)

 

◉全ての写真につきましてご本人様の許可を得ております。
※※※※※※※※※※
The Clapham Inn】ザ・クラッパム・イン
兵庫県芦屋市西山町2-4
TEL: 0797-35-3841
◉営業時間につきましてはInstagram/Facebookにて
ウェブサイト

Share.

About Author

ナミヘイ

兵庫県伊丹市出身。東京都在住。主婦時々パートタイムジョブをこなす。子育て期をニューヨーク、ロンドンにて駐在生活を送る。思いつきのその日決めで行動する一匹オオカミ派。『成るように成る』をモットーに今世を生きる。水泳・ジョギング・登山・ウクレレ・映画・ライヴ鑑賞・奉仕活動と未知なる自分を今後も探求し続ける。

Leave A Reply