きらめく春を先取り🇬🇧 横浜イングリッシュガーデン!

0


 

「さて、ここはどこでしょう」

今回のコラムを掲載する前にSNSでこんな質問を投げかけてみました。ユニオンジャックをあしらったこちらの木の椅子。ガーデンシートだとお気づきになられた方が多数いらっしゃいました。

「 YEG 」とお答えくださった貴方様! ピンポン♪  ぴったしカンカンです

「YEG」とは「横浜イングリッシュガーデン」の略称。2009年誕生。1800種類を超えるバラを収集、栽培。横浜という土地にあった草花や樹木が四季を通じて楽しむことができる英国式庭園であります。第18回世界バラ会連合会議(World Rose Convention)では「世界バラ会連合 優秀庭園賞(Award of Garden Excellence)を受賞するなど、多数の受賞歴を持つ世界中から愛されているイングリッシュガーデンです。

世界バラ会連合(WFRS)とは、1968年にロンドンで発足、世界40か国のバラの愛好家達が参加する世界的組織

首都圏で初めて生まれた英国式庭園を愛する方々が集うメンバーズクラブ「YEGメンバーズクラブ」。ガーデンの成長を楽しみ、見守り、ともに庭園・園芸文化の向上に寄与する場所として発展を願うメンバーの皆様の思いも忘れてはなりません。

「YEG」のスーパーバイザー(管理者)は河合伸志(カワイ タカシ)氏。園内のデザインディレクション、バラの育種、各地での庭園プランニングなどを管理指導されています。幼少時代からたくさんの植物に触れ、慣れ親しんだその栽培経験からくる植物知識は計り知れないほど。特にバラについては他の追随を許しません。「百聞は一見に如かず」。一気に芽吹く今からの季節、是非ともガーデンに足を運んでいただきたい。そして目で鼻で体全体で感じて欲しいと願います。

バラの季節は初夏から秋の頃まででしょうか。その為残念ながら今回はバラの写真はありません。その代わりこのガーデンマップで予習をしながら「YEG」さんのインスタグラムで1,800品種2,000株のバラをお楽しみください ♪

ご覧の通り4つのエリアに分かれています。各ガーデンを縁取っている色がそのバラの王国の色。冬の剪定、誘引時期も終わり、水遣り、肥料などの管理をしながら今か今かと芽吹く準備をしています。

ローズ&クレマチスガーデン
バラ(ワインレッドやパープルなど)、クレマチス(パープルやダークレッド)、ブロンズ・リーフの植物。強い甘さと華やかさ、うっとりするバラの香り。〝真夜〟〝ラプソディー・イン・ブルー〟など。
ローズ&ペレニアルガーデン
白いバラ、宿根草、白斑入り植物。純白、象牙、青白など様々な白が楽しめる。爽やかで心が洗われそうな感覚。〝プリンセス・オブ・ウェールズ〟など。
ローズ&ハーブガーデン
淡いピンクのバラ、ピンクや青、紫色のハーブ、ライムリーフの植物。ハーブの香りが楽しめる。〝アイズ・フォー・ユー〟〝ファースト・キッス〟〝たそがれ〟など。
ローズ&グラスガーデン
アプリコットやブロンズなどのバラ、オーナメンタルグラスやブルーリーフの植物。スパイス系やティー系の上品で優雅な香り。〝真宙〟〝クリーム・カラメル〟など。

彩るバラと甘い香りに導かれるかのように引き込まれる緑の小径。写真でみる5月のローズトンネルは息をのむほどの美しさです。私が訪れた日はまだ冷たい風が吹き荒ぶ日。でも自然とは大いなる力。あっという間に緑生茂るバラの世界へと変身するのでしょう。待ち遠しいばかりです。

「ではこの時期のイングリッシュガーデンの見どころといえばなんでしょう」

今年のイースターは4月4日。日本語訳では「復活祭」。イエス・キリストの復活を祝うお祭りです。園内のローズトンネルにはひとつひとつ手作りのイースターエッグを使ったガーランドが設置されています。キリスト教では卵は生命のシンボル。そのシンボルである卵をきれいにペイントします。園内でも本物の卵の殻を使用しています。どうぞお手を触れぬようお楽しみください!

そしてガーデンを行き交うガーデナーの皆さん。「おはようございます!」暖かい日の午前中にたっぷりのお水遣りですね。

毎日たくさんのガーデナーの方達によって手入れされるガーデン

そしてもうひとつ、3月8日は「ミモザの日」とも呼ばれる「国際女性デー」。1904年3月8日にアメリカ、ニューヨークで女性労働者たちが婦人参政権を求めてデモを起こしたことが始まりです。女性が平等に社会参加ができる環境を整えるように呼びかける、人権に関する最も重要な記念日ですね。トンネルを抜けた先に、明るい元気なビタミンカラーのミモザの木が立っています。黄色くてふわふわした可愛らしい花。ふんわりと優しい香りが春の訪れを告げているかのように漂います。それでいて生長の早いミモザ。優しさの中に力強さを秘めています。

春を真っ先に知らせてくれるミモザ🌼リースを作ってドライフラワーにしたり、いろいろアレンジできますね

緑とバラで埋め尽くされる日も近い🥀

クリスマスローズが見頃を迎えています

寒さに強いスイセン。ほのかな甘い香りは天然香料として、香水の原料にもなっている

オリジナルショップに立ち寄りました。バラに関する小物や雑貨、お菓子、ローズティーがいっぱい。ガーデニング用品に苗売り場も充実! 早春らしい華やかで可愛らしいディスプレイに目が奪われます♡

最後に冷えた体を温めようとオリジナルカフェにお邪魔しました。コーヒー、パン、サンドウイッチの他、季節のイベントに合わせ、バラにちなんだスウィーツなどカフェのメニューも様変わりします。この時期は、イースター限定オリジナルドリンクが発売されていましたよ! バニラビーンズ入りの濃厚なカスタードとスチームミルク、エスプレッソを合わせたこの春限定のカスタードミルクラテ。エスプレッソと聞くと濃厚な味わいと思われますが、カスタードミルクの程よい甘さが効いていて、苦味が苦手な方にもオススメです♡ トッピングにはカラフルなマシュマロ、春を先取りしたドリンクです。

園内の開花状況は公式サイトに見どころ紹介としてアップされています。直近のイベントとして、3月20日(金・祝)〜4月24日(金)は「スプリング ガーデン フェスティバル」の期間となります。期間中は、ローズトンネルの下にレッドカーペットを敷き、春の花に囲まれた花道が登場します。イースターエッグのディスプレイも展示中です。花道を通り抜けたら、まずは30品種以上のサクラの木の下で春色の風を浴びてみてください。足元にはチューリップ、パンジー、ヒヤシンスなどが見頃でしょう。

ほんの一年前までは、電車の移動もエスカレーターも何もかも、足早に歩いて目的地に向かうことが常だった私。しかしこの一年は必要のない忙しさが無意味なこと、自分だけのペースの大切さに気づけた時期でもありました。見過ごしていたものや、ためらっていた場所にひとり腰を下ろし、一服休憩してみる楽しみを発見できたようにも思います。こんな大都会の真ん中に日本中の花、樹木、緑と身近に集える場所を発見。自分を喜ばせる場所がまたひとつ増えました。次回はバラが咲き誇る季節、ユニオンジャックのガーデンシートに腰掛けに、横浜イングリッシュガーデンを訪れることにしましょう。

 

 

 

※※※※※※※※※※
横浜イングリッシュガーデン
横浜市西区西平沼町6-1 tvk ecom park
TEL: 045-326-3670
◉営業時間:10:00-18:00(最終入園17:30)冬季は日没まで(季節により営業時間が変更あり)
◉入園料:https://www.y-eg.jp/raien
◉駐車場有り
◉無料送迎バス有り(横浜駅西口バス発着)毎週水曜運休、祝日の場合運行
公式サイトinstagram

YEGオリジナルSHOP / YEGオリジナルCAFE
◉営業時間:10:00-18:00  ※冬季(12月〜2月)は10:00-17:00
instagram

SEASON’S Cafe
◉定休日:月・火曜日
公式サイト

Share.

About Author

ナミヘイ

兵庫県伊丹市出身。東京都在住。主婦時々パートタイムジョブをこなす。子育て期をニューヨーク、ロンドンにて駐在生活を送る。思いつきのその日決めで行動する一匹オオカミ派。『成るように成る』をモットーに今世を生きる。水泳・ジョギング・登山・ウクレレ・映画・ライヴ鑑賞・奉仕活動と未知なる自分を今後も探求し続ける。

Leave A Reply