お気に入りのパブで話すこと。

0


ニッポンの英国ではお馴染みの、阪急芦屋川駅近くのガストロパブ ザ・クラッパム・インさん。私の実家に近いこともあり、帰省すると度々お邪魔しています。お店で英国料理をいただいたり、テイクアウトで家で美味しさを楽しんだりと、いつもお世話になっているお店です。

兵庫県にあるこちらのお店。現在、県からの要請により、7月31日まで午後7時30分ラストオーダーまでアルコール類をご注文いただけます。セミがミンミン、夏本番。キリッと飲み干したいですよね。気になる開栓状況はインスタグラムにてチェックをよろしくお願いします!

現在通常より席数を減らして営業🇬🇧ご来店の事前連絡を頂けますと、空き状況のご案内、お席の確保を承ります(1グループ最大4名様まで)

訪れる度に話題もいろいろ変わります。最初はイギリスの話やお料理のことが中心でしたが、ここ最近は歩くことや走ること、シューズについて、いろいろ店主 伊藤さんにお話を伺ったりしています。

昨年のことになりますが、履き慣れた一足のシューズがお店の床の上にきちんと置かれているのを目にしました。伊藤さんのシューズです。お話をしていると芦屋川駅から少し歩くと登山口があることを知りました。そして彼は、お昼休憩や仕込みなどがひと段落したほんの僅かな時間、また1週間頑張って働き、休み明けから頑張ろうという気持ちの切り替えに、裏山や近隣を走っていることを知りました。それを聞いた途端、私の血が騒ぎましたね♪  私は定期的に運動をしているわけではなく、ただ気まぐれに走ったりすることがあるのですが、そのとき「山に行こうよ! 行くよ!」って心の声が鳴り止まなくなりました(笑)

好きなシューズを履いて、好きな場所に行ってみたい、こうなるともう「ニッポンの英国」どころじゃありませんよね(笑)伊藤さんにシューズが欲しいと伝えると、ザ・クラッパム・インさんから数分のところにあるスカイハイ マウンテン ワークスさんでいろいろご相談されるとよろしいですよ、と教えてくださいました。日本のロッククライミング発祥の地として名高い六甲山芦屋ロックガーデンの入り口にあるアウトドアショップ。トレイルランニング、ファストパッキング(通常の登山より装備を軽量化し、より早くより遠くへという登山スタイルのこと)、ボルダリング他を取り揃えるセレクトショップです。

そこで私はアルトラというシューズを購入しました。このアルトラで私はどこでも動き回ります。買い物も散歩もジョギングもこれ一足。足指の周囲にはたっぷりな空間があり、自由自在に動かすことができます。「手でモノを掴むように、このアルトラで大地を掴むように歩いてみてくださいね」とオーナー北野さんご夫妻の言葉が印象的でした。

薄底なので、最初は今まで感じなかった足裏感覚に驚きを覚えました。その為、足裏で自分の動きを意識しなければならない。裸足に近い感覚ですね。毎月東京近郊でリバークリーン活動をしているので、水場に履いたままバシャバシャ入って行けるのでとても重宝しています。

東京・秋川でのリバークリーン活動。水場のゴミ拾いもしっかり足をサポートしてくれるシューズ。

そして立て続けに伊藤さんから教えてもらった2つの山に行きました。問題は土地勘がないので、迷いはしないだろうかと不安もありました。ただ無理はしないでおこうと思いました。でも実際その場所まで行くと、なんとしてでも登り切ってみたいという欲が出てきます。しかしひとりでは迷いそうで危険。そこで同じように頂上を目指す人を待ち、後ろからついて行ってみてもいいかとお願いしてみる作戦にでました。快く了解を得られたものの、やはり運動不足の私。前をゆく人のスピードって半端なく速い。ヒーヒー言いながら汗だくで登りました。

いつもここで景色を仰ぎ、折り返します。ここから先に進むには、ちゃんと下調べを済ませてから。

でも懸命に登り切った後の達成感、これほど気持ちの良いものはありません。先を案内してくれた方にお礼を伝え、伊藤さんと同じ世界をこの場所から見ることができたことは最高によかった。まだまだ冷たい初春の山道、最高に毛虫が発生する5月頃は要注意です。真夏は朝一と決めています。四季を通して何度も足を運んでみたくなる場所なのです。てっぺんでは大きな石に寝転がって、世界を独り占めできますよ。澄み切った空気も、見上げる大空も、次の人がやってくるまでは私だけの世界です。

アルトラ:開放的な履き心地、とてつもない軽さ、耐久性抜群!

購入して一年後の6月アルトラを履き、突然、ザ・クラッパム・インさんを訪れました。
伊藤さんの第一声は「神出鬼没ですな〜」笑!
笑う伊藤さんの後ろには、休憩を利用して裏山へランする装備一式。「梅雨の合間の快晴も逃すわけにはいかない!」そんなセリフを聞いてしまうと再び血が騒ぎそうになりました ^^;

眺めているだけでワクワク♪

一旦、お話を「ニッポンの英国」に戻しましょう!
朝食を抜いて楽しみにやって来た今日のランチはコテージパイプレート(サラダ付き)。粗挽きにした牛肉と野菜の煮込みの上に、マッシュポテトとチーズを乗せてオーブンで焼いたもの。この暑さの中、コテージパイの仕込みは大変だろうなぁと考えながら、不確定な毎日に美味しい空間を与えてくれることに感謝。もっちりとしたヨークシャー・プディングと、すっきりした自家製ピクルス。じゃがいもとひき肉の層をひと口ひと口味わいました。

イギリス家庭料理の定番

ライムソーダ!

ご自宅でのお誕生日会や週末ディナーにぴったりのビッグサイズ!

スタッフの皆さんがデザインした新しいメニューブック。ロンドンの地下鉄の路線図や飛行機のボーディングチケットなどからイメージして。旅してるかのような気分になれますね✈︎

壁にはウィスキー・トレイル。グラスを傾けながら胸膨らませるのもよし!

しかし話題はやっぱりシューズや山寄りへと流れていきます。そこへ登場した一冊のガイドブック。近畿二府四県の中から選ばれた、初心者から上級者まで楽しめる26のトレイルコースを紹介する一冊です。その中で阪急芦屋川駅からスタートするコースのページでザ・クラッパム・インさんが取り上げられています。

『関西トレイルランニングコースガイド』山と渓谷社

今私が身につけている衣服で挑戦できるトレイルコースを伊藤さんが選んでくれました。英国料理もいただきながら楽しいことも計画できました。「また突然やって来ます」と挨拶をしてお別れしました。

店主 伊藤さんがオススメしてくれた「武田尾廃線跡」

昭和61年まで使用されていた旧国鉄福知山線生瀬駅から武田尾駅の廃線跡、徒歩約2時間のハイキングコース。すれ違った人2名だけ!

一番長いトンネル413m。自分の足元さえも全く何も見えず。引き返そうと思ったくらい、暗闇の恐怖は半端なし!

そしてその足で一年ぶりのスカイハイ マウンテン ワークスさんへ直行。アルトラの靴底のゴムの減り具合を見ていただき、身体の姿勢や意識する部分のアドバイスをしてもらいました。アルトラに続く新しい一足が欲しかったので素足になって足入れを実感。「好きなシューズを履きこなすためには、自身の身体の感覚を常に磨くことが大切」だと教わりました。そうすると「歩くのがとても楽しくなる」そうです。まだもったいなくて部屋に飾っているのですが、そろそろ足の運び方を意識しながらビボベアフットを履こうと思います。

ビボベアフット:ソックスなしで靴擦れもなく快適フィット。インソールの有無も自身で好みを選択。

 

パブリカン 伊藤さん(パブリカンとはパブの主人のこと)そして足元にはビボベアフット。長時間の立ち仕事だからこそ感じる安心の安定感。

 

スカイハイ マウンテンワークスさんで目的に合わせた最適なシューズを見つけたら、自然の中へ飛び出しましょう! 但し、自然は時として恐ろしくもあります。正しい知識と判断で人に迷惑をかけない心構えも必要です。ひと汗かいて山を下りて来たら、ザ・クラッパム・インさんで美味しい英国料理と注がれたビール。最高ですね! この夏が楽しみです。

芦屋の人たちが守り大切にしている風景・素晴らしい環境です

 

 

※※※※※※※※※※
The Clapham Innザ・クラッパム・イン
兵庫県芦屋市西山町2-4
Tel:0797-35-3841
7/22(木)14:00-20:30(19:30L.O.)
7/23(金)14:00-20:30(19:30L.O.)
7/24(土)11:30-19:00(18:00L.O.)
7/25(日)11:30-19:00(18:00L.O.)
◉上記以外の7月の営業時間の予定
【火曜〜金曜】16:00-20:30(19:30L.O.)
【土曜・日曜・祝日】11:30-20:30(19:30L.O.)
【月曜】定休日
◉8月以降の営業時間につきましてはInstagram/Facebookにて
Website

【Sky High Mountain Works】スカイハイ マウンテン ワークス
兵庫県芦屋市西山町11-6 2F
Tel:0797-34-3299
◉営業時間等につきましてはInstagramをご確認ください
Website

Share.

About Author

兵庫県伊丹市出身。東京都在住。主婦時々パートタイムジョブをこなす。子育て期をニューヨーク、ロンドンにて駐在生活を送る。思いつきのその日決めで行動する一匹オオカミ派。『成るように成る』をモットーに今世を生きる。水泳・ジョギング・登山・ウクレレ・映画・ライヴ鑑賞・奉仕活動と未知なる自分を今後も探求し続ける。

Leave A Reply