スノードロップを見に行こう!Colesbourne Park

2

Uk☆エコ・ガーデニング格闘記


まだまだ冬の寒さが続く日々ですが、毎日少しずつ日が長くなっていて、庭にも早春のサインがちらほらと見られるようになりました。イギリスの早春をつげる花といえばスノードロップ。スノードロップの開花が始まったら冬の終わりもそう遠くない!そろそろいいかな?と先週スノードロップを見にコッツウォルズのColesbourne Parkへドライブがてら行ってみました。グレーの空と小雨がぱらつくいまいちなお天気。快晴だったらもっときれいだったかもしれませんが、それでも十分楽しめました!

IMG_8091_convert_20150217194350印象的だったエメラルドブルーの湖をバックに咲くスノードロップ

コッツウォルズの美しい谷間にひっそりとただずむ素敵なお屋敷と10エーカーの広大なガーデン。こちらの敷地は1789年からElwes家が所有しているそうです。Henry John Elwesが1874年にトルコで発見したスノードロップには彼のファミリーネームからGalanthus elwesiiという学名がつけられています。管理が比較的楽で花が大きく人気のあるため、市場に広く出回ってる品種です。通称はジャンアント・スノードロップ。今ではそのハイブリッドもたくさんありコレクターもいらっしゃいます。コモン・スノードロップと呼ばれる品種は、少し小ぶりなGalanthus nivalisになります。

IMG_7996_convert_20150219031906Galanthus ‘Lapwing’

  毎年スノードロップで有名な場所を訪れているのですが、よく見る品種の名前の由来になった家族のお庭が見れる!というミーハーな心から(汗)今年はこちらにやってきました。250品種ほどのスノードロップが植えられているそうです。ラベルもつけられているので、いろいろ比べながら自分のお気に入りのスノードロップを探してみました。品種の区別が難しい似たようなものがたくさんありましたが、いくつか他と違う個性をはっきりもったものもありました。珍しいものは高価なので買えないんですけどね。残念です。いつか突然変異でもしてうちの庭から変わったスノードロップが出てこないかな~。

IMG_7993_convert_20150217195056 Galanthus plicatus ‘Wendy’s Gold’

 スノードロップにはシングル咲きとダブル咲きがあります。上から見ると清楚でシンプルに見える花ですが、持ち上げてみる意外にゴージャス!派手な色使いですね。下を向いて咲くのは雨から花粉を守るため。花びらが傘の役割を果たしているんですね。

IMG_8039_convert_20150217195947 見る角度が変わると全く違った印象

 スノードロップに追いつけ追い越せとばかりに、黄色い花を咲かせるウインター・アコナイト(キバナセツブンソウ)。日本のセツブンソウより葉の緑が明るく、花は鮮やかな黄色。葉っぱの形がひだ襟みたいでかわいらしい花。雨だったので花びらが閉じてますが、開くととってもキュートです^^。

IMG_7982_convert_20150217194445Eranthis hyemalis

 子供連れの家族や犬を連れた人などが森を散策しながらスノードロップを楽しんでました。花も楽しめて、森林浴にもなって一石二鳥♪

IMG_7864_convert_20150217195343 開けた落葉樹の林の中は8割がた開花

スノードロップだけではなく、ピンクのシクラメンも開花中。パープルのクロッカスもそろそろ開花しそうな感じです。このあたりのスノードロップは6~7割開花していました。遅咲きの品種なのか、日当たりが悪いのか?どちらにしてもまだしばらくスノードロップが楽しめそうです。

IMG_7931_convert_20150217194653

18世紀に造られたアイスハウスがありました。子供連れの家族がピクニック中。

IMG_7925_convert_20150217194626

ヘレボルスも開花中。冬に咲いてくれる貴重な花なので、ウィンターガーデンにはかかせないですね。他にも冬にきれいなバークを楽しめることで人気のコーナスやウィローなどもありました。

IMG_8065_convert_20150217200315ヘレボルスも花粉を守るためうつむいて咲きます

 お屋敷の周りにはパーゴラやフォーマルガーデンが。手前に色とりどりのシュラブや常緑の植物が植えられていてとってもきれいでした!冬の曇り空にも負けず、ここだけぱっと明るい印象を受けますね。

IMG_8025_convert_20150217195802

きれいな植栽の中から小さなアイリスが顔を出していました。茎のすごく短い早咲きのアイリスです。先に花が開花し、花が終わった後に葉が出てきます。花の少ない2月くらいに咲くのでとっても重宝します。球根を植えるだけなので手間なしでおすすめです。うちでも青や水色のアイリスを植えてますが、現在開花中です^^

IMG_8032_convert_20150217195909 Iris histrioides ‘Lady Beatrix Stanley’

地域差と今後の天候にも多少左右されると思いますが、しばらくは満開のスノードロップが楽しめそうですね。Colesbourne Parkは3月頭までの週末のみのオープンだそうですが、他にもスノードロップで有名なところがたくさんあるので、ご近所の森や公園、ガーデンなどに出かけてみてくださいね。

IMG_8038_convert_20150217195932

ガーデン名 Colesbourne Park
最寄り駅 Cheltenham / Kemble
住所 Colesbourne, Nr. Cheltenham, Gloucestershire GL53 9NP
電話番号 01242 870567
営業時間 2月21、22、28日、3月1日 1.00pm~ ラストエントリー4:30pm
入園料 7.50ポンド(16歳以下は無料)
URL http://www.colesbournegardens.org.uk/visit-us/open-days.html

★情報は2015年2月時点のものです。事前に必ず公式サイトで詳細を確認してからお出かけ下さい。

Share.

About Author

ちょしっち

在英15年目に突入、ロンドン郊外の自宅の庭で節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに奮闘、花や木、ハーブ、野菜や果樹などいろいろ挑戦中。ロビンなどの小鳥に癒されつつも、庭を荒らす狐やリスに頭を悩ます日々。フラワーショーやガーデン巡り、ガーデンセンターでの底値チェックに余念がない、植物オタク。庭と旅とお笑いをこよなく愛し中年生活を満喫中。ブログ「イギリスの片隅で庭仕事」http://gardenuk.blog.fc2.com/もよろしくお願いします!

2件のコメント

  1. ちょしっち
    ちょしっち on

    MARIKOさん、コメントありがとうございます!毎年通われていたなんてうらやましいです。うちからは遠いので^^どこかおすすめのガーデンがあったら教えてくださいね。
    スノードロップ、日本の気候だと増やすのは難しいのかもしれないですね。うちのもなかなか増えないのでたっぷりLeaf moldのお布団をかけてあげようかと思ってます。落葉樹の中で育つものなので、Leaf moldを毎年追加してあげて自然のサイクルを再現してあげるといいかな~なんて。スノードロップの群生、自分の庭でも見れたいですよね!

  2. yasuda mariko

    こんにちは☆
    私もColesbourn park が大好きで、イギリスに居る頃は毎年通っていました。お散歩のあとのあの手作りケーキが楽しみで♪ 日本でもスノードロップを植えているのですが、増えるどころかなぜか年々減っていっているような、、、どうにも園芸の才能ないんです^^;

コメントを残す