Browsing: 編集長コラム

ロンドン・ダイニング
2 クリスマス・イブのごちそう

Bellanger  ベランジェ 数日前に冬至を迎え、またこれから少しずつですが、日が長くなっていきます。 夏至からこちら、毎日弱まっていた光が、冬至を境にまた強まっていくことから、クリスマスは光の復活を祝う意味合いもあります。12月25日がイエス・キリストの生まれた日として定められたのは、彼が光の御子であり、冬至と切っても切り離せない関係にあるからです。1年で最も寒い季節でありながら、クリスマスがキラキラと輝いているのは、そういう事実を映しているのかもしれません。 イエスは…

イギリスなんでもベスト5
2 ミンスパイ2021 ベスト5

嗚呼ミンスパイ、ミンスパイ。クリスマス時期のお楽しみの何割かを占める(ウソ)シーズン限定スイーツ。混ぜて寝かせたドライフルーツをこれでもかとパイ生地に詰めて焼くだけの、イギリスらしい長持ち菓子でもあります。そんなミンスパイが私は大好き。自分の守備範囲で色々食べてみた結果の今年のベスト5を発表!  もちろん食べていないものもたくさんあるので、皆さんのお気に入りも教えていただけると嬉しいです^^  1. Honey & Spice ほとんど空飛ぶ円盤の形をし…

編集長コラム
0 ジンジャーブレッドの魔法にドキュン! この本がすごい。

クリスマス・シーズンたけなわ〜♪    ジンジャーやシナモンが香るフェスティブな空気を胸いっぱい吸い込んで、来たるクリスマス に備えていらっしゃると思います^^  ギフトが飛び交う季節でもありますが、今日はとっておき! 皆さんに、ぜひともお手にとっていただきたい、クリスマス・プレゼントにぴったりの素敵な本をご紹介したいと思います。 それはこちら、当サイトで「イギリスおかし百科」をご執筆くださっているイギリス菓子研究家、 安田真理子さんの著書『ジンジャーブレッド 英国伝統のレシ…

編集長コラム
2 ロンドンのクリスマスをおすそ分け。

皆さん、こんにちは! ご無沙汰しております。12月も半ばが近づき、ロンドンもすっかりクリスマスちっくになってきました♡ イエス・キリストが降臨した12月25日を待つアドヴェント期間も半ばにきて、クリスマス・ツリー商戦もたけなわ。街のあちこちで飾り付けを待つ美しいツリーたちを見かけます。 いつも自由に気ままな記事を寄稿させていただいている英国ブランドの総合デパート、British Madeさんの公式ウェブサイトで、今年12月はクリスマスにちなんだお話を書かせていただきました。 …

ロンドン・ダイニング
2 食材が語り出すよ。衝撃のおまかせ<Sushi>体験

The Fuji Grill  フジ・グリル ロンドンではここ数年、和食への注目が高まっています。なかでも寿司にはかつてない熱い視線がっ。 ドラゴン・ロールとかスパイダー・ロールとか、ちょっと前まで人気だった変わり巻き寿司はまだメニューに載っているけれど、寿司への知識が深まるにつれてクオリティも分かるようになり、日本古来の握り寿司のアートを味わいたい人が増えているように感じています。必然的に古典的かつ上質な握りに注目が集まり、腕のいい日本人の寿司シェフは引っ張りだこ。もちろん…

編集長コラム
0 日英コラボ極まる! Niwakiのカッコよさは訪れて実感。

英国と日本。どちらも庭に関しては一家言あるお国柄です。 その両方のいいところをたっぷりと見て体験してきたイギリスの庭木職人、Jake Hobsonさんが、日本の剪定文化の素晴らしさをイギリスに伝えたいと、ご自身の冒険の新章を始められました! ジェイクさんは日本で修業を積まれた庭木職人さん。つまり、ずっと日本の道具で仕事をされてきたのですね。そしてイギリスに帰って植栽業界で仕事を始めてみると・・・ 「こんな道具で仕事をしているのか・・・」 と、逆カルチャー・ショックを受けた。そ…

ロンドン・ダイニング
0 東ロンドンの勢いを象徴するイレズミ・シェフのプレイ・ルーム

Cornerstone  コーナーストーン 2012年ロンドン・オリンピックでは、ストラットフォードに隣接する共同開催地としてググンと開発が進んだハックニー・ウィック。アーティストが多く住む町という漠然とした印象しかなかったのですが、私自身も近年になって初めてちょくちょく来るようになりました。というのも、本日ご紹介する2018年創業のCornerstone、英国初の廃棄ゼロ・レストランSiloなどが2019年にこのエリアに登場したのを機に、グルメ分野でも注目されるようになった…

編集長コラム
0 サイダーで勝負!:あるエステートの新章が始まった【3】

「The Newt=イモリ」なんていうユニークなブランド名を掲げ、2019年に颯爽と登場しているイングランドの新ランドマーク、The Newt の魅力を数回に渡ってご紹介しています。今回はその最終回! 前回はガーデン・カフェでのランチが衝撃的に素晴らしかったことを書きました。キッチン・ガーデンで採れた新鮮な野菜や果物で、現代的な作法を知る腕のいいシェフが素材を生かした素敵な料理を作ってくれるのです♡ 今回は、ニュートをニュートたらしめている、とっておきの名産品のご紹介! その…

編集長コラム
0 サマセットの贈りもの:あるエステートの新章が始まった【2】

2019年8月末にオープンして以来、そのラグジュアリーなスタイルと大規模なアトラクションですっかり地元の人気者になっているThe Newt in Somerset。300年の歴史を誇るカントリーハウス・エステートを現代のレガシーへと変貌させるべく、細部にこだわり6年の歳月をかけてホテル&ガーデンを完成させました。 昨年末には早くもBBCの人気番組「Remarkable places to eat」に登場して食にうるさいフランス人プレゼンターを唸らせ、ガーデン専門誌は「数年もす…

編集長コラム
0 ガーデンのある暮らし:あるエステートの新章が始まった【1】

イギリスらしい休暇?  日常からのエスケープが必要ですって? それなら2019年にオープンしたばかりの話題沸騰のホテル・エステートで、ガイド付きガーデン&食ざんまいの1日はいかがでしょう?  例えばロンドンからファーストクラスの列車で優雅に出発。美しい牧歌風景を楽しみながら、車内で5つ星ホテルのリッチなコンチネンタル・ブレックファストを。オレンジ色のレンガが輝くジョージアン・エステートに到着後は、専門家の案内でガーデンを散策。りんご園やランドスケープ・ガーデン、樹々が生い茂る…

1 2 3 18