【日程追加!】 ぜんじろう爆笑公演! → 2月25日(火)・27日(木)

0


世界的に活躍するスタンダップ・コメディアンのぜんじろうさんが、2月25日・27日にスタンダップの本場・ロンドンで爆笑公演! ヨーロッパ・ツアー2020でイギリスに来られます♪
(25日の他に、27日も加わりました! ご都合つく方はこちらもどうぞ!)

日本では90年代からすでに活躍されているぜんじろうさん。1998年からアメリカに移住され、現地でガンガン活躍されるなど国際派芸人として定評があります。その後は日本に拠点を戻し、海外へ出ていくスタイルに。昨年も来英され在英邦人たちをめちゃくちゃ楽しませてくれました ^^  その実績をもとに、今年もまたヨーロッパ・ツアーの一環としてロンドン上陸します♪

社会風刺をいとわないスタンダップ・コメディと言えばイギリスが本場の印象がありますけど、日本ではアメリカの芸が有名なのかもしれませんね。世界を舞台に活躍されているぜんじろうさんは、昨年のヨーロッパ公演で様々な体験をされたようです^^   ご自身が日刊スポーツで語っているところをみると、私がイギリスを愛する理由を、そのまま語ってくれていました♪

ぜんじろうさん「イギリスのスタンダップで『差別』以外は、ほぼタブーなし。“言論の自由が一般の方にも正しく理解されている国々”でした。イギリス、デンマークは、特にすごかった~(笑)イギリスは “言論の自由が正しく理解されている国” で、もしコメディアンが『差別』以外のネタで問題を起こして脅迫とか裁判ざたになっても、プロデューサーはもちろん、メディアもコメディアンを守ります」

マイク1本で時事ネタなどを扱って笑いへと誘うスタンダップは、やっぱり芸人さんの知性とセンスを試されますよね〜♡ これはぜひとも皆で駆けつけ、楽しみつつ応援したいところです! 冬時間の終わりを今か今かと待っておられるあなた、ぜひぜひ笑いで暗さ寒さを一足先に吹き飛ばしてください!

ぜんじろう プロフィール
吉本興業国際派芸人、ぜんじろうは90年代に関西でテレビ・ラジオなどで活躍した後、東京時代を経て98年に渡米。2000年代から本領を発揮し、身近なネタから時事、流行、芸能などの幅広いネタをマイク1本で自らの話術だけで笑いを生み出すスタンダップ・コメディアンとして活躍中。2015年 第1回タイ国際コメディ・フェスティバル優勝、2016年 第1回全米サクラメント・コメディ大会 4位。

公式ホームページhttp://www.zenjiro.com
Twitterhttps://twitter.com/zenzenjiro
Instagram:zenjiro
ご本人のインタビューの様子(面白い!)
https://www.youtube.com/watch?v=OI92A3MNphA

+++++++++++++++
2020年2月25日(火)
ぜんじろうの爆笑!スタンダップコメディナイト!(日本語) in ロンドン
~世界17カ国回ってきた奮闘記!ベスト版!ロンドン炎上!~
時間:開場 18:30 / 開演 20:00
場所:Machiya
Basement, 5 Panton Street, London SW1Y 4DL
料金:25ポンド(ワインドリンク付き)
予約・お問い合わせ:megumi@megumistable.com
(件名に2月25日(火)と明記の上、人数とお名前をお知らせください)

2020年2月27日(木)
英国日本人会主催 ぜんじろうのお笑い祭りVol.2(オール日本語)
司会:鈴木ナオミ

時間:開場 18:00 / 開演 18:30
場所:Farm Street Church
114 Mount St, Mayfair, London W1K 3AH
料金:会員5ポンド (12歳以下3ポンド)非会員8ポンド(12歳以下5ポンド)
予約・お問い合わせ: naomisuzuki7@icloud.com
(件名に2月27日(木)と明記の上、人数とお名前をお知らせください)

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply