スコットランドの海の大都市!アバディーン

0


ご機嫌よう皆の衆!  最近の日本はジメジメして暑い時期になったのだ。それに加えて家で籠もらなければならないのである。こんな時は海に行って気持ち良く泳ぎたいものだな!

って事で無理矢理ではあるが今回は海と石油の街とも呼ばれる大都市アバディーン / Aberdeenについて紹介するのである。アバディーンはスコットランドの東海岸沿いにあるグラスゴーに次ぐ大きな都市なのだ。

そういえば最近自転車で長距離を走ったおかげで我輩の足はアスリート並みのムキムキ筋肉になり、体力面で苦になることは無くなったのである。それに実は荷物になる服や小道具などは、殆ど捨てたのだ(2ヶ月前の旅の始まり時の2分の1ほど)。それでアバディーンに到着するまでの道のりも楽々と乗り越えたのである。

我輩はまず最初にアバディーンの海辺を訪れたのだ! なかなかいい景色が見られるのだ。

海の中にある風力発電機は新鮮であるなぁ! そういえば噂によるとクジラや海の動物が見えることが稀にあるそうなのだ。

廃車になったバスをレストランにして特別な感覚でご飯を食べられるようなのだ。値段は可愛らしくなかったが…

近くには多くの飲食店が集まったエリアもあるようなのだ。週末は混むのであろうか?

この道の先に、その昔にフィッシャーマンが住んでいた住宅街があるそうなのだ。フィッシャーマンってなんであるか!?伝説の類か!?と我輩は心躍ったのであるが、普通に漁師のようだ…

フィッシャーマンの街路である。人は住んでいるらしいのだが、人気が全く無い。こじんまりとした民家みたいな感じであるな。

各ドアの前に椅子が置かれてるのも、また興味深いのだ。

フィッシャーマン街を越えてさらに先に進むと、とてつもなく大きい大量の船が港に浮かび、石油の匂いが強く漂ってきたのである。日本でもこれほど強い臭いは嗅いだことはない気がするのだ。

偶然その近くにMaritime Museumを発見!受付に聞いてみるとどうやら無料なので入ることに。ここでは海に関する研究と船や石油の採掘の仕組みなど様々な興味深いものが見られるようだ。

ちなみに入場した時は我輩含めて5人ほどであった…

石油を採掘する機械のモデルはかなりでかいのだ。

オー!ジャパニーズサムラーイ!流石であるな、三菱重工がどうやら昔から関わっているようなのだ。

その後は街の中心地に目的を変えて、いざ探索するのだ。段々と中心に行くにつれて気になっていたことがあったのだが、中心地に着いた時は確信に変わったのである。どうやらこの街は全体的に灰色に近い白色なのだ。歩道や建物何から何まで白い気がする…我輩のイギリスでの経験上、この雰囲気は味わったことがないのだ。

洒落た広場であるな。我輩の自転車も笑顔で写っておるわ。

日中でも人が少ない気がするのは気のせいであるか? ゴミが少ないのは男爵ポイントアップなのだ。

ここはとても住みやすそうな感覚である。大型ショッピングモールもあるので苦はないな!

実は我輩が期待している大取があるのだ。そうイギリスでは有名な食品ブランド、Mackie’sの本店がこの近くにある。Mackie’sは主にアイスクリームで人気のある会社であったのだが、次第にポテトチップスやチョコレートなどのお菓子にも参入していてどれも好評なのである。ちなみに日本のポテトチップスに1番近くて美味しいのがこのMackie’sのポテチなのだと我輩は個人で思っているのだ。

ここが主にデザートを専門とした有名なMackie’sなのだ。来たら絶対行って欲しい場所である。沢山の種類のデザートが用意されていて味と見た目には皆満足できるであろう。

申し訳ないが板チョコの写真しか撮れていないのだ。本物のデザートの味はぜひ実際に訪れて試して欲しいのである。

アバディーンは泳げる海が近くにあって街並みも素敵なので、我輩としては一度住んでみたいと思えるような場所であった。ロンドンではなくアバディーンの様な街に住むと大きく違った新たな発見ができそうであるな。

次の話では最近していなかった走行中に見かけた景色や、廃墟の城について書いていこうと思うのだ。ではごきげんよう!

 

Share.

About Author

兵庫県神戸市出身。子供の頃に母から「占い師曰くあんたの前世はイギリス人のバロン(男爵)らしいよ」と言われ、バロンだった“我が輩の故郷” を探し出すためにいつかイギリスに行くことを決意。大学で建築を学び、卒業後にワーホリVISAを取得。2018年9月にイギリス上陸!自転車でイギリス全土を周る旅を敢行した。旅中で感染したライム病と闘病しつつ、英語を学ぶため2年間ロンドンに滞在、2020年秋に帰国。性格はのんびり屋だけど新しいこと好き。まさに至高と思えるほどの食事好きで、旅中は予算内でたまに美味しい物を食べることが楽しみの一部であったほど。Illustration by なぽりん

Leave A Reply