Chiswick House and Gardens ロンドンから気軽に行ける素敵ガーデン⑤

0

Uk☆エコ・ガーデニング格闘記


3月も後半にさしかかり、イースターホリデーが待ち遠しい時期になりましたね!街中にはイースターエッグやバニーのデコレーションがあふれていて、春の到来を感じます。我が家でも種蒔きや芝刈り、多年草の整理など春の庭仕事をぼちぼち始めました。青空も多くなり、ガーデニンに行って日の光に当たっていると幸せを感じます♪さてさて、今回は先日友人と久しぶりに行ったChiswick House and Gardenをご紹介します^^。まず向かったのはコンサバトリー。

201602_Chiswick1コンサバトリー前には水仙がきれいに咲いてました

こちらのコンサバトリーはKew Gardensのグラス・ハウスよりも30年ほど前にデザインされた歴史あるものだそうです。中では大きく育ったカメリアの古株を見ることができます。こちらでは毎年2~3月ごろにカメリアショーをやっていて、今回で6回目を向かえたそうです。西洋で最も古いカメリアのコレクションらしく、一番古いカメリアは1820年代に植えられたものだとか。

201602_Chiswick3Camellia japonica ‘Chandleri’、 ‘Leonard Messel’

かのビートルズが60年代にここでプロモーションビデオの撮影したそうで、コンサバトリー内にパネルが展示されてました。家に帰ってから、当時の写真に移ってる場所と同じ場所の写真を撮ってないか探しました。右の写真が今回撮った温室の中央部分。ここにビートルズがいたのかと思うと感慨深いです!Paperback WriterとRainの2曲のPVがChiswick House and Gardenで撮影されたそうですよ。YoutubeでPVを見たらさらに興奮度はマックス!

201602_Chiswick4

もう一枚のパネルは屋外のエクセドラで撮影されたもの。この日はランタンフェスティバルのデコレーションがあちこちにあって庭の写真がまともに撮れず、今回撮った写真(下)と比べるのは難しいですが感じは伝わりますか?ビートルズのPVが撮影された所かな?と思える写真はこれしかなかったです。事前に知ってたらちゃんと探したんだけどな~。ガーデンにいた時は友達とのおしゃべりに夢中になって全然気にしてなかったのですが、今思えばもっとしっかり見ておけばよかったなぁと反省。次ぎ行った時はじっくり見てみよう。

201602_Chiswick5コンサバトリーの前はイタリアンガーデンになってます。今は水仙だけですが、そのうちいろいろお花が咲くんでしょうね。こちらのガーデンは、イギリスにおけるネオ・パラディオ様式の庭としては初期のもので、英国の風景式庭園のムーブメントが誕生した地、とリーフレットに書いてありました。65エーカーの敷地をほこるガーデンは1929年に国が買い上げ、以後パブリックパークとして一般公開されてるんだそうです。この時期のお約束、ヘレボラスがあちこちで咲き誇ってました。

201602_Chiswick6

ヤマブキ、ボケなどのシュラブ、水仙やクロッカスなどの球根類が開花してました。しゃがんでクロッカスの写真を撮っていたら、左側からすごい衝撃を受け、芝生の上に吹っ飛ばされました。ふと見上げたら大きな黒いワンコ!飼い主さんは私のまぬけなこけ方がつぼに入ったようでえらい笑ってました。できることなら私もその姿を見てみたかった(笑)。園内では幸せそうに散歩したり遊んでる犬がいっぱいいて、見ててほのぼのしました。

201602_Chiswick11

敷地内にはコンサバトリーとイタリアンガーデンの他、果樹園、小さいバラの花壇や、この日は公開されてなかったけどウォールドキッチンガーデンがあるそう。また、細長い川のような湖があって、木々の茂る林のようなエリアと緑の芝生が広がっていてRoyal Parksのような雰囲気。ネットではNYのセントラルパークに影響を与えたと書いてあったのですが、どうでしょう?私はNYに行ったことがないのですが、セントラルパークってこんな感じなんでしょうか?なんかTVで見たイメージと違うような。それってもしや空の色が違うから?

201602_Chiswick12

2月上旬から一ヶ月ほどやっていたランタン・フェスティバル。イギリス庭園を楽しみにきたんだけどなー。中国のテーマパークにきたみたいだ。でもきっと地元の人にとってはこういったイベントごとが楽しみだったりするんでしょうね。子供さんたちが喜びそうなデコレーションがあちこちにありましたよ。無料で一般公開されてるお庭(お庭というより公園っぽいけど)なので、近所に行く予定があればぶらっと立ち寄ってみてもいいかもしれないですね。ちなみに園内のお屋敷はハイシーズンに一般公開されるそうです。今回訪問した際は開いてませんでしたが、お出かけの際に公式サイトで詳細をチェックしてみてくださいね。

201602_Chiswick7

ガーデン名 Chiswick House and Gardens
最寄り駅 Chiswick
住所 Burlington Lane, Chiswick W4 2RP
電話番号 020 8742 3905
営業時間 ガーデン:毎日 7.00am – 日没 お屋敷の営業日時、料金の詳細はこちら
URL http://www.chgt.org.uk/

★情報は2016年3月時点のものです。事前に必ず公式サイトで詳細を確認してからお出かけ下さい。

Share.

About Author

ちょしっち

在英15年目に突入、ロンドン郊外の自宅の庭で節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに奮闘、花や木、ハーブ、野菜や果樹などいろいろ挑戦中。ロビンなどの小鳥に癒されつつも、庭を荒らす狐やリスに頭を悩ます日々。フラワーショーやガーデン巡り、ガーデンセンターでの底値チェックに余念がない、植物オタク。庭と旅とお笑いをこよなく愛し中年生活を満喫中。ブログ「イギリスの片隅で庭仕事」http://gardenuk.blog.fc2.com/もよろしくお願いします!

コメントを残す