あの感動のドーナッツを、自分で作っちゃう!

0


ドーナッツ。それはあまりにも可愛くおいしくキケンな食べ物。イギリスでは、子どもも大人もお年寄りも、み〜んな、大・大・大好きなんです ^^

イギリス人のドーナッツ嗜好と言えば素朴なジャム・ドーナッツにトドメを刺しますが ^^;   近年はちょっぴりバラエティに富んできました。ソルトキャラメル・クリームとか、おしゃれなものを目にするようになってきたでしょう? ロンドンのドーナッツ事情は、グルメたちの絶大なる信頼を得ている老舗レストラン、St Johnから新境地のふわふわドーナッツが登場して以来、ガラリと変わりました。本当にほんとうに、すっかり変わってしまったんです。

こちらはSOHO店の店頭に並んでいたドーナッツ♡ ふっくら幸せな姿♡

そのエポックメーキングなドーナッツのレシピを作ったのは・・・現在、人気アルチザン・ベーカリーとしての名声をどんどん高めているBread Aheadの創業メンバーの一人、ジャスティン・ギャラットリーさん。現在フリーのマスター・ベイカーとして活躍するジャスティンさんがSt Johnで働いていた頃に完成させたレシピは、たくさんの人を虜にし、あっという間に伝説になりました。昨今では何かが伝説になるのに、何十年も何百年もかかったりしません。良いものはネットと口コミで爆発的なスピードで広まっていきますから ^^

その! 伝説の、Bread Aheadのドーナッツ♡ の作り方を学べる教室がBread Aheadで開催されていることは、ご興味のある方ならご存知だと思いますが、ななんと、このたび日本語の教室が開設されることになったのです!!

バラ・マーケットの本社前のドーナッツ屋台♪ こちらのビルでパン作り教室が開催されています!

今やSOHOやメイフェアにも支店を構え、たくさんのべーキング・ファンを喜ばせているBread Aheadですが、教室が開かれているのは本家バラ・マーケットのお店とチェルシーのPavillion Streetに新しくできているお店の二つ。このたび、新設される日本語教室の本格的な開講にあたって、そのワクワクを一足先に味わえるオープニング教室が開催されたので参加してきました!

入り口入るとBread Aheadのレシピ本が迎えてくれます ^^ 右は本日のお教室のワークトップ。過不足なく準備万端! 奥に詩子先生の姿が見えます♡

日本語教室の講師は、BBCのテレビ番組出演でも話題になったマスター・ベイカーのタナー詩子さん♪   現在Bread Aheadでパンを作りながら英語の教室で教えていらっしゃるのですが、彼女の提案で日本語教室も開講されることになったそうです! 英語以外で教えてもらえる教室をロンドンで受けられるとは、ありがたい限りですよね ^^

到着すると、すでに材料・器具がぜ〜んぶきれいにセッティングされていて、詩子さんの力強く温かいウェルカムとともにスムーズにスタート! 自分で全部用意するとなると手間も時間もかかりますが、こうして丁寧な指導のもと、日本人アシスタントさんの痒いところに手が届くヘルプ付き&計量済み材料で作らせてもらえるというのは、お料理教室の醍醐味。私たちはただ楽しみながら安心して学んでいくだけです ^^

右は生イースト。初めて見ました〜! 生がどこで購入できるかもちゃんと教えてくださいます。生イーストがない場合は、ドライ・イーストでも代用できるそうですよ。

私、ドーナッツを作るのは初めてだと思います。子ども時代に素朴なリング型のボサボサ・タイプは作った記憶がありますが、Bread Aheadのようにイーストでしっかり生地を発酵させて作るふわふわの本格派ドーナッツは全く別物! しっかりとバターも練りこんで生地をこねていきますよ〜。ナチュラルな材料と向き合って手作りしていく幸せな時間です♪

二次発酵が済んでふっくらしてます♡ これをベジタブル・オイルで揚げていきます! 揚げ方のテクニックについては詩子先生が丁寧に教えてくださいます♪

揚げたてあっつあつ♪  にカスターシュガーをまぶして。

お待ちかね試食タ〜イム! まずはフィリングなしのプレーンな揚げたてドーナッツいきます♡ ほんのり甘いふかふかの幸せ♡

揚・げ・た・てドーナッツ。これに勝るごちそうがあるでしょうか♡ フィリングを入れないからこそ、3つくらいペロリといけそう・・・ ^^;  イーストの香りに癒されます

ドーナッツにどのようにクリームやジャムを入れているのか、やり方がわかりました〜!「私はいつもたっぷり惜しみなく入れるのよ〜」とニッコリ微笑む詩子先生。頼もしいす!

クリームを注入した後、さあ、こちらも試食です♡ とにかく食べ放題でキケン・キケン・・・。本番の教室ではラズベリー・ジャムのフィリングも用意されます!

繰り返しになりますけど全ての工程が先生のわかりやすくスムーズな指導と日本人アシスタントさんによるテキパキとした準備の下に進むのが本当にいいな〜と、改めて噛み締めた教室でした。私たちはただ楽しく実地で学ぶだけ。そしてBread Aheadの伝説のドーナッツを伝説たらしめている、誰もが虜になる上品バニラ・カスタード・クリーム絶品ソルトキャラメル・クリームのレシピもシェアしていただけるんです♡ そうです、この教室ではレシピの秘密も大全開! もしかするとレシピ本には書いていない技や知恵も授かれるかも、です ^^

こうして完成した可愛らしいドーナッツに、誰もが感動。もう本当にキャッキャ言いながら興奮のるつぼに陥った教室だったのでしたw  私はもともとソルトキャラメル・クリームのファンだったのですが、今回改めてバニラ・カスタードの繊細な甘さのファンにもなりました。そうそう、ソルトキャラメルには忘れてならないとトッピングがありますよね・・・ハニーコムです!

急ぎの場合は扇風機で乾かしていきます

なんと大量のお砂糖やハニーを使って、実際にデモンストレーションしつつ作ってくださったのです、ハニーコム。カルメ焼きのような香ばしさが大好きなんですけど、高温になるまで熱してブクブクになった水飴状態のものに重層を入れてさらにブクブクにする工程は、やはり迫力ありますね〜 ^^;

この美しい色、ほれぼれします。まさに蜂の巣!

こんなにきれいなゴールデンのハニーコムができました! 余ったものは全部分けて持ち帰りさせていただけます♡  教室では有り余るドーナッツが完成し、さらに自分が作ったドーナッツ6つをお持ち帰り。フィリングは入れ放題で、中にはフィリングをミックスで注入するというウルトラ・テクニックを使っておられた方も! ^^

私にもできました、Bread Aheadのドーナッツ♡感動。

初めてのマイ・ドーナッツ

ピンときた方はぜひ参加してみてください! 心から楽しめること請け合いです。ベーキングに興味を示しているお子さんやお友達へのプレゼントにも最適です♪

***  Bread Ahead 詩子さんの日本語ドーナッツ教室の詳細はこちら♪  ***

2019年9月26日(木)@バラ・マーケット教室
10:00 – 13:00午前クラス
14:00 – 17:00 午後クラス

2019年 11月14日(木) @バラ・マーケット教室
10:00 – 13:00午前クラス
14:00 – 17:00 午後クラス

詳細&お申し込みはこちら♡
https://www.breadahead.com/product/doughnut-workshop-jp?class=1569506400

※ドーナッツ以外にも、詩子さんの指導で学べる日本語のBread Aheadパン教室も開催! こちらはチェルシーのPavilion Road教室で開催されます。

2019年10月3日(木)
10:00 – 16:30:パン作りワークショップ 1日クラス(日本語)
詳細&申し込み
https://www.breadahead.com/product/bread-bakery-workshop-ブレッド・ベーカリー・ワークショップ?class=1570096800

2019年11月1日(金)
10:00-13:00:初心者向けイングリッシュ・ベーキング午前半日クラス(日本語—英語)
14:00-17:00:初心者向けイングリッシュ・ベーキング午後半日クラス(日本語—英語)
詳細&申し込み
https://www.breadahead.com/product/intro-to-english-jp?class=1572602400&doing_wp_cron=1569094616.9761590957641601562500

上記に加え、英語で行う「日本のパン」のワークショップが 10月5日からスタートするかも! という情報を掴んでおります ^^ メロンパン、チーズパン、フランクフルトソーセージロールと米粉パンがラインナップ! 実現すると素晴らしいですね ^^  興味ある方はBread Aheadに問い合わせてみてくださいね。(Bread Aheadのベーカリー・スクールはこの10月にウェンブリーにもオープンするみたいです)

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply