【三越英国展パート1】レモンメレンゲパイ、クランブル、トライフル!

0


ただいま日本橋三越で英国展パート1(9/1~9/6)が開催中です。9/7(月)のお休みを挟み、イートインメニューなどが様変わりし、パート2が(9/8~9/13)スタートします。

三越英国展といえば、年に一度のお祭りのようなもの。全国各地からこの日を心待ちに足を運ばれるお客様がたくさんいらっしゃいます。例年の流れと違うところは感染拡大防止対策が取られていること。やはり大人気の催事ですから、デパート開店30分前から出入口にはお客様の列ができます。デパートの方のお声かけと、お客様自身のソーシャルディスタンスで、安全に開店時間を迎えることができています。また出入り口を明確化され、エレベーター内も10人と限定しており、人の流れがスムーズに流れていることも実感できます。会場内も例年より通路幅が広く、ゆったりと回ることもできています。昨年まで長蛇の列だったイートインも、整理券が発行されるなど、感染拡大防止対策の中、今年もたくさんの方が英国時間を楽しんでおられます。


私はまずパート1の、初日の9/1と9/4の二日間を訪れました。今年はお目当てのものをコレ!っと決めて英国展に向かいました。それは何かと言いますと「イートイン」であります。

【初日9月1日】は整理券を2枚ゲット。券面のバーコードを読み取り、メールアドレスを設定。時間になると携帯にお知らせがあり、お目当てのお店に向かうという実にスムーズな流れ。

1枚目の整理券は、英国湖水地方グラスミアにあるティールーム「バルドリーズティールーム」。運営は「ブリティッシュ・プライド」さん。目黒にあるティールーム「スリーティアーズ」も運営しています。オーナーであるアリソン・ウォーカー氏からのアドバイスを受けて「バルドリーズティールーム」の味を見事に再現!

店内に飾られている写真:湖水地方グラスミアにある「バルドリーズ」

「バルドリーズ」の一番人気メニューであるレモン・メレンゲパイ。酸味のきいたしっかりとしたレモンカードと、ふわふわのメレンゲが口の中で溶け合います。きれいな焼き色がさらに美味しさを引き立ててくれます。

レモン・メレンゲパイと紅茶(ファーラーズ・レイクランドスペシャル)ポットにて提供:各日50セット限り

ウェブサイトにアリソンがレモン・メレンゲパイを作る動画がありました! 甘くてクリーミーなフィリングに、あんなにたっぷりのコンデンスミルクが入っていたんですね ♪  出来上がったパイはそのまま食べても美味しいし、生クリームやアイスクリームを添えてもgood ! だそうです^ ^ 動画で面白かったのは「メレンゲはハンドミキサーで混ぜてくださいね。なぜなら手で混ぜると大変だから!」とさら〜っとコメントするところが可笑しかった😍

看板メニューのレモン・メレンゲパイ、結構ビッグなんです。もう少し手頃な大きさで、おうちでゆっくり食べたいわ、という方はお持ち帰り用サイズもございます。但し各日40点限り。連日11:30頃には完売されているようです。イートインも午後早くにはなくなっているとのこと。こちらのパイは9/6までの商品となります。お求めの方はお時間お早めにお越しいただいた方がよろしいかと思います。

そして2枚目の整理券は「ミセス・ベリー」×「スリーティアーズ」によるイートイン。コンフィチュール作りで有名なミセス・ベリーこと赤曽部 麗子氏。英国で大人気の焼き菓子クランブル。色鮮やかな熱々のルバームジャムとサクサクとしたクランブルの食感がたまりません!

ルバーブ・クランブル:各日60点限り

毎回即完売となるミセス・ベリー氏のジャム:各日120点限り(今回は長野県富士見町産の赤いルバーブを使ったジャム)

イートインが終わったらウィンドーショッピング!

メルローズ ・アンド・モーガン:ロンドンで定番のミニヴィクトリアスポンジケーキとチーズベイクドスコーン

【二回目9月4日】は4日(金)から6日(日)まで出店される「レイジー デイジー ベーカリー」さんへ。6月に店主・中山真由美氏による「お茶旅講座 ロンドンからいくティールーム巡りの旅」(木谷朋子氏主宰)にオンライン参加した際に、まだお店で販売されたことのないトライフルを英国展で販売されると伺い、ずっとこの日を楽しみにしておりました。各日30点限りと聞き、朝一番にやってまいりました。そして購入できました! でも家まで持ち帰るには美味しさが半減してしまう…。すぐさまデパートの方に「屋上はどこから行けますか?」と聞きました。そして階段を蹴上がり、真夏のデパートの屋上に到着!確かに暑い。けれど日除もある、ちょっとした水辺もあって緑もある。上を見上げれば日本橋の青い空。そして何よりも最高だったのは私だけしかいないこと!屋上にたった一人、開店10時、屋上到着午前10時15分。屋上独り占めで朝一番から美味しい時間。美味しいものはすぐに食べないと♡ひとり大満足、大満足💕ごちそうさまでした!

ベリー&ベリー トライフル:30点限り。英国で人気のデザート。始まりはチューダー朝時代ともいわれる歴史あるお菓子。

夏のフルーツ(ブラックベリー、ブルーベリー、ラズベリー)をシェリー酒とエルダーフラワーコーディアルで風味づけしたもの。スポンジ、カスタード、生クリームを重ねる。トップにはフリーズドライのラズベリー。この甘酸っぱさ、夏にはもってこいのお菓子です。

ブラムリーアップル&ジンジャージャム:長野県小布施から届いたとれたてのブラムリー。お料理に使うのもオススメだそうです🍏

こちらは今夜のデザートに。

(手前から)ボイルドオレンジケーキ、カカオと黒ビールのケーキ、ビクトリアスポンジ ラズベリー&クリーム

・ボイルドオレンジケーキ・・グルテンフリー(小麦アレルギーのある方やグルテンフリーの食事をしている方でも安心して食べることができます)。丸ごとオレンジの皮と実を使用しており、香りも風味もさわやか。口の中でしっとり柔らかい口当たり。
・カカオと黒ビールのケーキ・・濃厚なカカオパウダーと黒ビールのコクが私は大好き。トップのクリームチーズクリームもさっぱりしていて、またすぐ食べたいと思った一品。
ビクトリアスポンジ ラズベリー&クリーム・・ラズベリージャムとクリームチーズクリームをサンド。シンプルながらしっとり、どっしりした生地こそがイギリスを代表するティーケーキ。歴史を感じます。バニラの香りが最高です。

私の英国展パート1はこれにて終了。イートインを存分に楽しみました。さてパート2はどうなる事でしょう?
どうぞみなさま、楽しい週末をお過ごしください!

東京・日本橋  “青い”

Share.

About Author

ナミヘイ

兵庫県伊丹市出身。東京都在住。主婦時々パートタイムジョブをこなす。子育て期をニューヨーク、ロンドンにて駐在生活を送る。思いつきのその日決めで行動する一匹オオカミ派。『成るように成る』をモットーに今世を生きる。水泳・ジョギング・登山・ウクレレ・映画・ライヴ鑑賞・奉仕活動と未知なる自分を今後も探求し続ける。

Leave A Reply