洗練のミュージアムとホグワーツを訪ねるグラスゴー2日目

2


さてさて、我輩は前回グラスゴーの街中心で溢れんばかりのモダンアートを堪能したのであるが、2日目の今回は少し中心部から離れた場所を観光しようと思うのだ。

ホステルから今日も元気に出発するつもりなのであるが、前日の夜、布団にはカバーが掛けられておらず、その事についてホステルに聞いてみると「枚数が足りない」との答えであった。流石1泊1500円ほどのホステルなのだ……質は求めてないので、この金額で室内に泊まれてシャワーを浴びられるだけでありがたいのである。金額に見合った物にそれ以上の要求をするのはやめておくのだ。(ただ布団に髪の毛がいっぱい付いてたのには抵抗があったことは内緒である)

2日目の天気は曇りか晴れかどっちつかずであるが、気にせず外の観光に出かけるのだ! まず初めに行く場所はハリー・ポッターに出てくるホグワーツ魔法学校のモデルとなったと言われる「グラスゴー大学」なのである。すぐに大学前に着いたのであるが、見た目の雰囲気からしてワクワク感が半端なく湧いてくるのだ。

かなり古びた感じであるが、それがいい味を出しているのだ。

中は一般の人も入る事が可能で、お土産ショップや図書館、博物館までもあるのだ。現役学生が中庭で演劇をしたりスポーツの練習をしたり、とても賑やかなのである。

大学内は迷路みたいに広く、イギリスのファンタジー映画で出てくるような内装なのだ。ただ歩いてるだけで楽しめるのである。

ここは中庭から撮った写真なのだ、我輩も魔法学生になったような気分である。

中庭にはこんな通路も…大学の建物でこのレベルは凄すぎるのである。

ただ凄いのはグラスゴー大学だけでなく、徒歩5分ほどの場所にケルヴィングローブ美術館&博物館 / Kelvingrove Art Gallery and Museum があるのである。ここには自然史関連の展示物から、ヨーロッパの美術品まで、豊富な展示がされており、敷地も広いので半日楽しめる事間違いないのである。

グラスゴー大学といいこのケルヴィングローブ美術館といい建物が立派すぎるのである。ここは観光客が多くて混雑していたのだ。

我輩もこんな豪邸に住めたら…

博物館の中には宝石や化石などがたくさん展示されているのだ。

ホールの様子はこんな感じになのだ。この空中に浮かんでいる丸い物体をよく見てみると…

生首なのであるぞ!なんと斬新な。でも何故か絵になっていて良いと我輩は思うぞ。

我輩が絵を見た中で一番気に入った物がこれなのだ。和風の絵を洋風の油絵で描く……意外としている人は少ないのではないか?絵のタッチも大好きなのである。

博物館内では、ザ・ビートルズのポール・マッカートニーの写真家である奥さんリンダ・マッカートニーが家族写真を展示していたのである。中には飲食できるスペースもあり、我輩はイギリス名物のパイを食べたのだ。味は普通の美味しさなのである!

大学と博物館を見学後、自転車で街から40分ほど離れてみたのであるが、川沿いには面白い建物が沢山あるのだ。気持ちよく走っているとリバーサイド博物館 / Riverside Museum という面白い形の交通博物館に出会ったので、自転車にお世話になっている我輩は「これは行かねば」と思い興味本位で入る事に……

こんな面白い建物が街には沢山あるのだ!右はサイエンスミュージアムであったかな?左はダンゴムシなのだ。

これがリバーサイド博物館……何故この形にしたのか理由が知りたいのである。

これは中世のイギリスの街中を再現したスタジオなのである。地下鉄を再現したものまであるのだ。

乗り物の種類はとても多く機関車や船まである。

タイヤが半端なく大きいのであるが、本当にこんなものに乗っていたのであるか?

昔の警察車両。タクシーみたいなのであるな。他にも外に船が停留していて乗ることができたり。ここにも食事スペースがあってゆっくり休む事ができるのだ。

我輩の経験では、これほどまでに遊びを重視した街を見た事がないのである、しかもほぼ全て無料なのである。グラスゴーでは2日間、沢山の博物館や美術館に行ったのであるが、恐らくまだ3分の1も見てはいないのだ。もっと見たい気持ちはあるのであるが、しかし長く自転車のペダルを止める事は出来ないので(夏の暑さが終わる前にスコットランドは通り抜けておきたいのである)次に進むのである。

ここからは大自然との出会いが我輩を待ち受けているのであるぞ!!

 

Share.

About Author

バロン颯太

兵庫県神戸市出身。子供の頃に母から「占い師曰くあんたの前世はイギリス人のバロン(男爵)らしいよ」と言われ、バロンだった“我が輩の故郷” を探し出すためにいつかイギリスに行くことを決意。大学で建築を学び、卒業後にワーホリVISAを取得。2018年9月にイギリス上陸!自転車でイギリス全土を周る旅を敢行した。旅中で感染したライム病と闘病しつつ、英語を学ぶため2年間ロンドンに滞在、2020年秋に帰国。性格はのんびり屋だけど新しいこと好き。まさに至高と思えるほどの食事好きで、旅中は予算内でたまに美味しい物を食べることが楽しみの一部であったほど。Illustration by なぽりん

2件のコメント

  1. バロン颯太
    バロン颯太 on

    Sammy Tsunematsuさん、記事を読んで頂きありがとうございます。
    この作品を描いたのはグラスゴーボーイズのホーネルという有名な方なんですね!
    教えてくれてありがとうございます!私の好きな物が増えました。
    もっと自分でグラスゴーボーイズについて色々と調べてみようと思います。

  2. 言及されている絵はグラスゴーボーイズの一人で、オーストラリア生まれのホーネルの作品ですね。日英展でも出品されており、日英の美術交流史を学ぶ人ならば殆どご存知かと。私も自宅の倉庫に何点か所蔵しているかと。

Leave A Reply