魔法使いのためのブックショップ

0

midori


絵本作家の秋田緑さんが綴っていくページが、いよいよスタートします!
その前に、まずは編集長からご挨拶を☆

**************

あぶそる〜とロンドン創刊から遡ること数ヵ月前の2014年6月、とても不思議な旅をしました。きっかけは友人からのお誘い。

「グラストンベリーに行かない? 不思議なことに興味のある人を集めて、旅をオーガナイズしようと思うの」

「不思議なことに興味のある人」として私にも白羽の矢が立ちw 誘ってくれた友人をのぞいて誰も知らない4名の日本人女子の旅に参加しました。その中に、日本から長期滞在でロンドンに来られていた秋田緑さんがいました。

緑さんは、その人を逸らさない話術と親和力、豊富な不思議話w ラブリーなスマイルとセイレーンのような声質ですっかり私たちを魅了し、今思えば行きの電車の中からすでに異次元へとトリップしていたのかもしれません(←マジっす)。

グラストンベリーでは参加した一人ひとりがそれぞれにとって必要な体験をし、パワー充電、◯・五次元ほどシフトアップしてw 一泊旅行を終えました。この旅で緑さんが愛のメッセージを届ける絵本作家であること、マジカルに心に響く「言の葉カード」の作者であること、愛媛をベースに全国的に講演活動をされていることなどを知ったのです。

グラストンベリーの2日の間にすっかり意気投合。「ロンドンのポータルサイトを立ち上げる予定なんですけど、ぜひ参加しませんか?」とさっそくお願いしちゃいました。6月半ばの時点では影も形もなかった当ウェブサイトへのお誘い(笑)。にもかかわらず快諾いただき、さっそくロンドンに帰ってから市内マジカル・スポットでの取材にお付き合いいただきました。それがこの「秋田緑とゆくパラレルワールド」の始まりです。

次回からは緑さんにバトンタッチ。溢れ出てくる言の葉と、じわっと温かい気持ちになるイラストで緑ワールドを展開していただきますので乞うご期待♪

ちなみに私がグラストンベリーで引いた緑さんの言の葉カード……。

緑さんの「言の葉カード」の一枚♡

緑さんの「言の葉カード」の一枚♡

あれから二ヵ月半であぶそる〜とロンドンを創刊することができ、今、このカードのような人生が始まっております♪

ではでは前置きが長くなりましたが、第一回目の記事、行ってみよー!

**************

ロンドンで緑さんをお連れしたかった場所に、「魔法使いのための書店」がありましたw いきなりアヤすいw

魔女たちが出入りする店!?

魔女たちが出入りする店!?

知る人ぞ知るTreadwell’s Booksがあるのは、ブルームズベリー内のお洒落な通り、Store Street沿い。モダンなカフェやショップ、レストランに並んで驚異のオカルト本を揃える当店があるのは非常にユニーク。

何やら興味ある本を手にした緑さん

何やら興味ある本を手にした緑さん

魔法文化、ミステリー、オカルト、ケルト、古代文化、魔術、原始宗教、希少本……すげー興味わかないですか?(笑)

モダン魔術の本とか、19世紀のレア本とか・・・

モダン魔術の本とか、19世紀のレア本とか・・・

原始宗教的なお面やマダム・ブラバツキーの本・・・

原始宗教的なお面やマダム・ブラバツキーの本・・・

店内のデコレーションにも目を奪われてしまうう

店内のデコレーションにも目を奪われてしまうう

本だけじゃなくて、エッセンシャル・オイル、乾燥ハーブや調合用のポット、タロット・カード、魔法の杖などの魔法グッズも各種取り揃えております♪

無愛想だったショップ犬w 店の奥にはアロマオイルほか、魔女グッズがw

無愛想だったショップ犬w 店の奥にはアロマオイルほか、魔女グッズがw

アロマオイルを手にとる緑さん

アロマオイルを手にとる緑さん

薬を調合するボウルとか、魔法の杖とかいろいろあります

薬を調合するボウルとか、魔法の杖とかいろいろあります

このマジック・ワンドがすごく気に入っていた緑さん

このマジック・ワンドがすごく気に入っていた緑さん

魔法のワンドを探しているという緑さんが手にしている杖は・・・「すごく惹かれるけど私には合わないかも〜」と今回は却下。ちなみにこのワンドが置かれている棚の前に立つと、緑さんは次元のゆがみがあるのか・・「クラクラする」ということでした ^^

鏡リュウジさん情報によると、トレッドウェルズの店主は白魔術を実践する女性なのだそう。へぇ。また当店ではタロット・リーディングやアカデミックな各種セミナー、魔女の帽子作りワークショップ(!)などのイベントを主催しているので興味ある方はこちらでチェック。

ゆっくりショップ見学した後は、同じ通り沿いにあるStore Street Caféでほっとカフェタイム、そして戦利品を見せ合いっこ。

th_10_DSCN5628

私はフランキンセンスのエッセンシャル・オイルを入手して、すごくハマってしまい、この後、毎日湯船で使ったらあっという間になくなってしまいましたw エッセンシャル・オイルの香りって本当に癒されます☆ 魔女と言われる人達って、こういう自然の産物が持つパワーがいかに人に作用するかを研究している科学者であり、役立て方を知っている実践者なのかもしれないですね。興味の尽きない世界です ^^

カフェで不思議話を肴に盛り上がるw

カフェで不思議話を肴に盛り上がるw

midori秋田 緑(あきた みどり)さん
絵本作家・プランニングデザインオフィス「greent (グリーンティ。)」主宰。愛媛県出身。デザイン会社・出版社勤務等を経て24歳でプランニングデザインオフィス「greenti(グリーンティ。)」を設立。テレビ・CMの企画、デザイン、イラスト等を手がける傍ら、メッセージとイラストを1枚のハガキに描いた「言の葉カード~良いコトノハじまりになりますように~」を制作。そのやわらかなタッチのイラストと心に響くメッセージが人気を博し、テレビやCM キャラクターにも多数起用。著作絵本「幸せの種まき」、「幸せの種まき2~奇跡の軌跡~」「ユニコーンと魔法の愛の種」「きみだけの地図~『ブルー』から『パワーブルー』へ~」その他、講演やイベント出演等幅広く活躍中。

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す