Nemographyの深海へ

0


写真家ネモ・ロバーツさんの写真展に行ってきました!  南ロンドンにある、とっても気持ちのいいお洒落カフェで、今月28日まで開催中です。

「Nemography @Copper Beech Café」
http://www.copperbeechcafe.com

絵画でも写真でも、幻想的な作風が好きな方には、強力におすすめ。その作品世界にグイグイと引き込まれてしまい、絶対に「欲しい〜!」ってなります ^^   あれもこれも、欲しい〜ってなりますから〜・・・困りものなのです ^^;

コッパー・ビーチ・カフェ! この空間、敷地、気持ちいい〜!! 良い気が流れていますね。

広々としたスペース。ゆったりとくつろげるほか、スムージーやトースティーも美味しい!

このすっきりとした空間に、ネモさんの作品がよく映えます ^^

彼女の作品を初めて観る人は、誰もが衝撃を受けると思います。もちろん、私も含めて。まぁ、私がどんなジャンルにせよ、もともと幻想的なモノが好きだからということもありますが、それを言うと、むしろ幻想的な作品“だけ”を好む人以外にも、広く広く訴えるものがあると思うのです。その作品世界は果てしなく、夢の中をさまよっているような錯覚に陥ります・・・ネモさん曰く「人間の潜在意識を深く映しているからかもしれない」。

そこはいつか見た夢の世界・・・?

少女シリーズだけでなく、自然との合作のような面白い作品も。

右は前回のOld Brompton Galleryでも展示されていた作品。

ネモさんご本人によると、作品は写真をベースにミックス・メディアで創作されているそうです。彼女の頭の中にあるイメージ/世界を、いろいろな手法を使って表現していくのだとか。作品に頻繁に登場している髪の毛の長い少女も、モデルさんは複数。だけど作品をみると・・・一つのアイデンティティですね。それはネモさんの奥深くに住んでいる少女なのかも・・・。

ネモさんはライターとしても活躍されていて、当サイトでも2本も連載を持ってくださっているほか、『ロンドンでしたい100のこと』でもご一緒させていただきました。

あぶそる〜とロンドンでの連載:
Nemoのサウスうろうろ
http://www.absolute-london.co.uk/nemosouth
ミニマリストで行こう。
http://www.absolute-london.co.uk/minimalist

ネモさんの屋号「Nemography」についての由来など、アーティスト本人による作品展案内はこちら:
http://www.absolute-london.co.uk/happenings/nemosouth/25792

展覧会は28日まで。お見逃しなく!

+++++++++++++++

Nemography @Copper Beech Cafe

日時:2019年 6月1日〜28日
開場時間:月〜木 16:00 – 21:00金 16:00 – 19:00 土・日 7:00 – 19:00
住所:Red Post Hill, Dulwich, London SE24 9JN
最寄駅:North Dulwich、バスは37番、P4が会場近くに停車
※電車の場合はNorth Dulwich駅を出て右手に歩いて行き、小鳥のマークがある最初の角を右折し、奥まで入って行きます。駐車場もあり。Copper Beech Cafe  http://www.copperbeechcafe.com/

ネモ・ロバーツ公式ウェブサイト
http://www.nemoroberts.com

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

Leave A Reply