「Café キネシ」スペシャル Week in LONDON! → 1月22日〜26日

0

th_CafeKineshi_banner


「Café キネシ」スペシャル Week in LONDON!

ロンドンでキネシオロジーを楽しく体験させてくれるキネシオロジストの長澤紀子さんが、CaféキネシのLONDONブランチ『たんぽぽ』を立ち上げます!

そのオープニング・イベントとして、なんとCaféキネシのオリジナル・クリエイターである星ユカリさんが来英☆ キネシオロジーにアロマセラピーを取り入れたキネシアロマの研究家、ユカリさんご本人による貴重なキネシオロジー体験ができるセッション・イベントを、紀子さんが企画してくださいました。名付けて:

「Café キネシ」スペシャル Week in LONDON!

1週間たっぷり、自分発見と癒しに身を任せられるスペシャル・ウィークです ^^

ところで皆さん、キネシオロジーって何かご存知ですか? 私は7、8年前にあるイギリス人キネシオロジストに出会って、その存在を知りました。

筋反射を利用した健康法なんですけど、神経学、生理学、解剖学、カイロプラクティックの研究をもとに筋肉の反射を調べて、経路の流れやツボなどの東洋医学を合体させることで身体や心のアンバランスを見つけ、必要なヒーリングをほどこして心身のバランスを整えていきます。

なぜ筋肉の反射を利用するかというと・・・人間の筋肉って、神経の流れを反映して動くので、内面を知るのにとても役立つんですって。そうそう、身体に有害なものを見分けるときに病院などでも使われているOリング・テストのような簡単なものも、キネシオロジーの一種です。

きわめて医学的で精度の高いキネシオロジーなのではありますが、その効果をもっと身近に、スピーディーに感じられる簡易版として開発されたのが、キネシアロマをベースにした「Caféキネシ」。ストレスを感じたり弱ったりしている部分を探り出して、それに対応したアロマの香りをかぐだけでストレスが解放されるという、まさにカフェでできるキネシオロジー☆

紀子さんの言葉を借りると「心とカラダのバランスを整え、本来の輝きを取り戻し、元気になっていくためのキネシオロジー。それを、もっと手軽に、誰でも、どこでもできるようにしたのが、Cafeキネシ」とのこと ^^

この度、Caféキネシ LONDONブランチ『たんぽぽ』の支配人に就任された紀子さんが、下記のようなとっておきメニューを用意してくださいました!

***********

1月22日(金)子育てママのためのカフェキネシ体験会
1月23日(土)子育てママのためのカフェキネシ体験会+初めての方のカフェキネシ体験会
1月24日(日)Caféキネシ LONDONブランチ『たんぽぽ』OPEN!
1月25日(月)星 ユカリさんによる14筋キネシオロジー個人セッションDAY
1月26日(火)星 ユカリさんによるCaféキネシ個人セッションDAY

会場:サウス・ケンジントン

***********

詳細、お申し込みはオフィシャル・ウェブサイトをご覧くださいね〜 ^^

ちょこっとだけメニューの一部をご紹介しちゃうと・・・  (σ・∀・)σ

1月24日にある「Caféキネシ LONDONブランチ『たんぽぽ』OPEN!」のメニュー・・・すごいっすよ。

キネシで願い事をかなえちゃおう!

というのが主旨。

10名のその道の専門家でいらっしゃるセラピストさんがスタンバって、20名限定でお迎え☆ Cafe支配人の紀子さんがそれぞれのセラピストさんによる香りを「オリジナルブレンド」と命名し、「このオリジナルブレンド、秘密がございまして・・・」と、と、なんだか意味深なメッセージを発しています。「・・・お客様の願いをかなえるのに、いい働きをしてくれるのです」とのこと ^^

なんでCafeの名前が『たんぽぽ』なのかな〜? という疑問は、コチラのページで☆

長澤紀子支配人によると、「このイベントの中に、必ずや『出会うべきして出会う人がいる』と信じております」とのこと。詳しいメッセージはコチラ

たんぽぽカフェの小粋な動画はコチラ☆ ↓

ではでは、盛りだくさんのCaféキネシ・オリジナルメニュー、ボナペティ (・∀・)

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す