The Lanesborough ★ ペギー・ポーションが春をことほぐ

0


The Lanesborough Themed Traditional Afternoon Tea

世界中の人を惹きつけてやまない、イギリスを代表する食文化と言えばアフタヌーン・ティーです^^

アフタヌーン・ティーはもともと19世紀に生まれた上流階級の文化で、一般庶民に現在の形で浸透し始めたのは意外とのちになってから。もっとも19世紀半ばから高級ホテルではアフタヌーン・ティーを提供していたようですが、そういうホテルに出入りする人々にとっても、きっとスペシャルな時間でしたよね。

さて、21世紀に生きる私たちが3段トレイのアフタヌーン・ティーを楽しむのも、やはり特別な機会があってこそ。誰もが憧れるアフタヌーン・ティー・・・ちょっと覗き見してみたくはないですか?^^  そこでアフタヌーン・ティー体験レポートをご紹介するページを作ってみました!

いくつか過去にご紹介した記事をこのカテゴリーに入れてみましたが、正式には今回が初めてのご紹介です。先日、特別な機会があったのでハイド・パーク・コーナーに佇む元貴族の館、レインズボロウ・ホテルのアフタヌーン・ティーに行ってきましたので、その時の様子を少し^^

レインズボロウは、客室とスイートを合わせても93しかない5つ星ブティック・ホテルです。だからこそゆき届く気配り、品格というのがあり、バトラー・サービスもその一つ。細部のどこを見てもラグジュアリーを感じることに変わりはないのですが、絢爛豪華というよりも上質な「品」の良さが漂い、不思議と落ち着ける空間になっているのです・・・

さて、アフタヌーン・ティーはレストランも兼ねる「Céleste セレステ」でいただきます♪  美しいアーチ型のガラス天井から自然光がふりそそぎ、光の粒子がそこにある全てを優しく、グラマラスに包み込んでくれるスペシャルな舞台です。

レインズボロウでは季節ごとにテーマを決めてアフタヌーン・ティーをデザインします。今回のタイミングでは、あのベルグレイヴィアの女王(と勝手に読んじゃいますが^^; )ペギー・ポーションさんとのコラボレーションでした。

ペギーさんと言えば、ピンク・シャンパンを思わせるパステル・ピンクがテーマ・カラー。シュガークラフトとカップケーキで一世を風靡したドイツ生まれのパティシエです。季節ごとに花で飾られるベルグレイヴィアのオリジナル店は、いつもエントランスで写真を撮る人でいっぱい^^

英国ではカップケーキのことを「フェアリーケーキ」と呼びますが、ペギーさんがデザインするそれは、まさに妖精のおやつそのもの。小ぶりで可可愛らしくふわりとした色合いで・・・♡  今回もそんな彼女の面目が躍如しているアフタヌーン・ティーをいただくことができました♪

メニューも特別仕様で ^^

シャンパン付きを選んでみました!

そしてやってきたのがこちら!

レインズボロウでいつもうっとりするのは、ヴィクトリア時代を彷彿させる本物の真鍮シルバーのテーブルウェア。どっしりとした重さが手に心地いいのです。サンドイッチはかなりクラシック! 伝統の組み合わせをきっちり丁寧に作ってる気がします。実はこれでもう、かなりお腹いっぱい ^^

スコーンは小ぶりでしっとりバター風味タイプ ^^

なめらかで飽きのこないストロベリージャムは自家製だと思います。

そして春色を先取りしたペギーさんのシグニチャーたちが踊るミドルティア! 彼女のスポンジは濃厚なんですよね〜。だからこのくらいの大きさが、実はちょうど良い。欲を言えば、もう少し味にバラエティが欲しかったかも。

レモンタルトのボートに、ピンクのマカロンがちょこん♪

以前、ペギーさんにインタビューしたことがあるのですが、彼女はこう言っていました。

「エルトン・ジョン主催のチャリティー・パーティーで作ったシュガークラフトのセンターピースが大成功を収めて、同じようなシュガークラフトの仕事がセレブたちから数多く舞い込むようになったけど、本当に作りたかったのは、ウェディング・ケーキだったのよね〜」

「自分にしかできないデザイン」を心がけているというペギーさん。最近はチェルシーのKings Roadにフラッグシップ・ショップを出して食事もサーブすることにしたようで、新しい分野にも挑戦されていますね^^

レインズボロウの春色ペギー・アフタヌーン・ティーは、2020年3月3日から6月2日まで。ピンクのシャワーを浴びて女子力をアップしたい方はぜひ ^^

The Lanesborough Hotel
www.oetkercollection.com/hotels/the-lanesborough

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。ライター業とは別に、ここ数年はチャネリングをベースとしたヒーラーとしても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply