今すぐ行きたい南ロンドンのカルトなブランチ・スポット!

0


Juliets Quality Foods   ジュリエッツ・クオリティ・フーズ

南ロンドンのバラム、トゥーティング・エリアで2012年頃から大きな注目を浴びているカップル・デュオ、ジュリアン・ポーターさんとローレン・ジョンズさんの二人が手がける最新プロジェクトがこちら、Juliets Quality Foods! 南ロンドナーたちお気に入りのホットなブランチ・スポットなのです♪

Milk Teethという名前で2017年にオープンしたのですが、2020年から現在の名前に変更。お隣のバラムで2012年に創業したカルトなカフェ、Milkがお二人にとっては最初のプロジェクトでした。MilkはトレンディなBedford Hillに並ぶカフェの中でも際立っていて、コンテンポラリーな工夫に溢れた美味しい料理とこだわりのコーヒーで大人気となったのですね。今は閉じてしまいましたが、クラッパム・コモンにもFieldsというレストランも手がけていました。

もともと演劇学校で知り合ったというお二人、ご自身たちはもちろん、物事の魅せ方については熟知されているよう^^  Milkで注目を集めて以来、やることなすこと全て注目されちゃうトレンド・セッターの役割も果たすお二人なのです。

ロケーションは南ロンドン・ゾーン3のTooting Broadway駅から歩いてすぐ。大通りに面した表から裏手に回ると、駐車場の一画に作られた屋外飲食スペースがあります!  店内インテリアも、この屋外スペースもとってもカジュアルなのですが、それとは裏腹にジュリアンさんが生み出すメニューは驚くほど洗練されていて何か天才的なひらめきを感じ取ることができます。彼のルーツであるオーストラリアのカフェ文化が反映されているだけでなく、季節の食材、そしてトレンドをいち早く取り入れるセンスの賜物でもあるのですね。

こッこれは駐車場なのではww

気持ちの良い晴れの日が続きます! 奥に見えるウェイターのお兄さん、すごく親切だった。

規制が緩和されるや否や、ご近所たちがどっと押し寄せたのも無理はありません。私がいただいた品はここ数年のカフェご飯の中でもピカイチの仕上がりでした。美味しかっただけでなく見た目も美しく、ジュリアンさんの料理が業界から注目されているも納得。今すぐ今日のメニューを試したい! これを書きながら、そんな気持ちになっています^^

今年になって食べた料理の中でもダントツの美味しさ!

まずアスパラガスとグリンピースの緑が清々しい春だけのスペシャル・メニュー♡ ワイルド・ガーリック風味のバターとヨーグルトの濃厚なソースの中に浮かぶのは、小規模農家から取り寄せた柔らかポーチドエッグ2つ♪  アスパラガスの新鮮な歯ごたえ、グリンピースの甘みを楽しみつつソースを絡めていただきます♡ 付け合わせのサワードゥ・ブレッドのトーストにもバターがた〜っぷり。これだけで大満足のランチ。

ドーナッツ生地のパンをグリルしてるの! 全部手作りで最高! 紅茶もリーフです^^

定番メニューも考え抜かれています。こちらは本当に「病みつきになる」という言葉を使いたいドーナッツ生地のパンにポイップしたリコッタ・チーズ、ヨークシャー産ルバーブ、自家製マーマレードをのせた一品。その全体をベルガモット風味のクリームがまとめています。

ポーチしたルバーブ、そしてシトロン&カモミールで風味けした手作りの上品マーマレードの美味しさといったら・・・。フルーツのほどよい甘さと上品なクリームたちの素敵なハーモニーを楽しむことができます^^ その他にも試したい定番メニューがたくさんあったので、いつか必ず再訪したい。

こちらがメイン・スペース。ミニマルな感じ。インテリアはオーナー二人で決めているとか。奥さんの方は建築インテリアにも造詣あるみたい。

物販もあります! ヘーゼルナッツ&バーント・バター・ケーキ、超絶に美味しそう。

こちら松の実ブレッドとなっていました

というわけで5月17日からのフル・オープンが待ち切れませんね^^   コーヒーはドイツやスウェーデン、イタリアの焙煎所と提携した特別ブレンドを届けてくれます。また日替わりのケーキやビスケット、また美しく包装された松の実のパンも試してみたいものの一つ。

最近の外食産業トレンドとして「庶民エリアに突然出現する上質レストラン・クオリティの庶民派カフェ」という現象があります。ずっと以前にご紹介したケンティッシュ・タウンのイタリアン、Anima e Coureなどはその代表格で、こちらのJulietsなどもそういうお店の一つです。気取らない雰囲気を好み若手シェフたちがそういう物件を探しているからか、もしくはただ安さ狙いなのかは今のところ不明ですが^^;  現象としては確実に広がっていると思います。こうやって地域が活性化して行くんですよね。

南ロンドンを訪れる楽しみがまた増えました^^  (注文は Arch というAppからなので、訪れたい皆さんは先にダウンロードしちゃうと良いのかも)

この角を曲がったところに屋外飲食スペースがあるよ〜

110 Mitcham Road, London SW17 9NG

店名Juliets Quality Foods
最寄り駅Tooting Broadway
住所110 Mitcham Road, London SW17 9NG
電話番号
営業時間毎日 9:00 – 15:00
URLhttp://www.juliets.london
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply