スローがいいね、韓国流マインドフルネス

0


Be-oom  ビウーム

Be-oomとは、韓国語で「空っぽにする」という意味だそう。クラーケンウェルのエックスマウス・マーケットに2020年5月に誕生しているコリアン・ティー・バー、Be-oomのコンセプトは「自分自身を空っぽにすること、そして満たしていくこと」にあるのだとか。まるで禅のようですよね。

事実、韓国の古い茶文化では、喫茶の習慣は瞑想と深く結びついているそうです。創業者のスージ・イムさんは、日本よりも古い抹茶文化を誇る韓国の、古き良きティーカルチャーを復活させたいとの思いから、Be-oomを創業されたそうです^^

賑やかなエックスマウス・マーケット沿い!

インテリアもミニマル。やはり日本的なものとの共通項をたくさん見出せるシンプルで気の良い空間ですね。オープンがロックダウン中であったため、茶葉のオンライン販売から地道にビジネス展開していったロックダウン期の申し子でもある当店では、グリーン、ブラック、ブレンド、フラワー、抹茶、ハーバルの5つのカテゴリーを揃え、それぞれ個性的なフレーバーで勝負します。

6席の小さなバー!

セラミックは日本や中国のものもおいてます

韓国では抹茶のことをマルチャと言うのですね〜。グリーン・ティーや抹茶のカテゴリーも気になったのですが、私はもともとブラック・ティーが好きなので^^ 今回はオススメしていただいたブラック・ティーのブレンドでオート・ラテを♡ お茶受けには栗の甘露煮に柿の自家製コンポート+マスカルポーネを添えた皿、そしてお餅をお願いしてみました。

オートミルクを加えてもしっかりとお茶の個性が主張してくれて、栗との相性もバッチリ。この栗と柿、マスカルポーネのお茶受けは本当に美味しくいただきました♡(お餅は要らなかったかも^^;  )

ブラック・ティーはストレートでもいただいてみました。いずれも韓国のこだわりの茶園から仕入れるクラフト・ティーであります。このティー・バーのハイライトはしかし、裏手に作られているテラス席かもしれません〜♪

きんとうん型のトレイが可愛い♪

ストレート・ティーには差し湯もついてきますので目一杯楽しめます♡

ちなみにWifiはないので仕事には向きませんが楽しく過ごせること間違いのない、ゆったりとした時間が流れるスペースです。

6名ほどが座れるテラス席は雨からもしっかりガード。坪庭的な小さなスペースいっぱいに建てられてはいますが、メイン通りの喧騒を逃れ、内緒のミーティングをするのに申し分のない場所。実はお店の人からも離れた位置にあるので、たっぷりとプライベート感を味わえるのです。予約もできますが、ウォークインでも空いていればもちろん座ることが可能。ぜひぜひ試してみてください^^

ティー・バー自体もそれほど席数はなく、テラス席とともに貸し切りができます。韓国茶を知るワークショップやテイスティングなども開催されているので、興味ある方はチェックしてみてください!

こちらは柚子と抹茶のマドレーヌ

27 Exmouth Market, London EC1R 4QL

店名Be-oom
最寄り駅Farringdon / Angel
住所27 Exmouth Market, London EC1R 4QL
電話番号020 7833 9757
営業時間火〜土 10:30 – 18:30 日 12:00 – 17:00
URLhttps://www.be-oom.com
Share.

About Author

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス、各種媒体に寄稿中。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』『イギリスの飾らないのに豊かな暮らし 365日』(自由国民社)。チャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply