朝ご飯から世界を知る<ワールド・ブレックファスト・オールデイ>!

0


平日の朝、私は7時28分発新宿行きの各停に乗車する。一駅一駅新宿に近づくにつれ乗車率はアップ⤴︎。その乗車率アップとともに私の緊張感もアップする。なんの緊張感かというと仕事に向かう緊張感である。いまだかつて緊張感なくして仕事場に入ったことはない。仕事を終え一歩外に出るその瞬間まで、その感覚は和らぐことはないのである。ミスも喜びも1日として同じことの繰り返しがないその環境は、私にオンとオフの切り替えを与えてくれる大切な場所でもある。

その日は平日でオフ(仕事がお休みの日のこと)だったが、平日の仕事よりも早い時間帯の電車に乗っていた。その目的は「朝ごはん」を食べに行くこと。たまにふらり一人旅に出かけると、わざわざ朝ごはんのために予約をとり早起きをしてしっかりお腹に入れる。しかし自宅東京にいると、ついつい珈琲一杯だけとか、トースト1枚かじるだけとか、特に仕事の日は朝食抜きで出かけてしまうことが多い。その週は珍しく平日に仕事が入らなかったため、少し気分的に余裕があったのかもしれない。前日から「明日の朝食は早起きして外でお腹いっぱい食べてみよう」と計画していた。そんな計画をポロリ友人に話したら「私も一緒に行きたい!」ということになったのである。

朝ごはんに行くのなら、いつか行ってみたいと心に決めていた場所があった。世界各地の朝ごはんがメニューのカフェレストラン「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」さん。2ヶ月毎に国を変えて世界各地の朝ごはんを紹介しているのである。2月、3月はクロアチアの朝ごはんの紹介月間(2/1~3/27迄)。クロアチアといえば、ジブリ「魔女の宅急便」の舞台になったといわれているドゥブロヴニクの街があります。街中がオレンジの屋根で統一されたメルヘンチックな場所。また周辺国、地域との合併や分離が繰り返された歴史を持つクロアチア。そのためイタリア・フランス・ハンガリー・トルコなどの食文化の影響をも色濃く残しています。
その国の風土、歴史の背景に育まれた食文化や日常生活、見聞きしたことはあるがまだ食べたことがないその国の伝統的な食物が備え持つ栄養。一枚のお皿に盛られた、ぎゅっと凝縮された朝ごはんに出会えます。

都内には2店舗、外苑前店と吉祥寺店があります。さてどちらにしようかと悩んだ挙句、今日は私のオフの日だったな〜と。乗車率がアップしていく渋谷方面にある外苑前店は今回は避けて、東京都武蔵野市に位置する吉祥寺店に向かいました。

吉祥寺サンロード商店街:吉祥寺にある9つの商店街のうちの一つ

住みたい街No1に選ばれる吉祥寺。東京、新宿、渋谷と乗り換えなしのアクセスも充実。百貨店、商店街、そして市民の憩いの場「井の頭公園」があります。ここまで揃った街に、さらに世界各地の朝ごはんが食べられるのです。吉祥寺駅から僅か徒歩4分。東急百貨店と大正通り商店街が目と鼻の先です。

友人と現地で落ち合う約束の時間より15分ほど早く店に到着してしまった私。果たして席は空いているだろうかと偵察に向かう。「よかった!まだ席は空いている。でも友人を待っている間に席が埋まってしまったらどしよう…。」なんて考えながら、行ったり来たり。
すると店内から「おはようございます!」とさっと私の目の前に現れた店員さん。友人の到着を待っていることを告げると「外は冷たいですから、どうぞ中にお入りくださいませ」の爽やかな笑顔。店員さんの細やかな気遣いと、1日をスタートさせるに値する元気をもらえる笑顔に感激♡私も仕事柄、お客様とお話する機会があるのでとても勉強になりました。

大きなガラス窓とガラス扉の開放感ある玄関。店先に並んだ横一列の椅子たちは、季節を問わずテラス席に座るパリっ子たちを想像させる。店内は二人席のテーブルを組み合わせ、各国の缶詰や食材がストックされていて、どこか調理室っぽい雰囲気が懐かしい。壁にかかってある鳩時計。子供の頃、鳩時計が欲しくて母におねだりして買ってもらったことを思い出してしまった。何よりも大きな大きなランプのシェードが可愛すぎて♡♡♡

お店に入った目の前に一冊のノートブックがありました。各国の人たちによって記された、各国の朝ごはんノート。現場の声に耳を傾け、ありのままの朝ごはんを提供してくれるお店です。メニュー開発は、大使館や各国の政府機関、航空会社の他に、現地出身の方々の協力のもと完成されているそうです。1ページめくるとポーランド、まためくるとエジプトが…。めくるたびに飛び込んでくるイラストや、その様々な字体が楽しくて、まるで「旅」をしているかのようでもあります。国によって食材は異なり、宗教や習慣によって食材への接し方も変化します。それぞれの素晴らしい文化を朝ごはんを通して私たちに届けてくれる「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」さん。これから食べる私の朝ごはんは、このノートブックから始まっているのです。

ひとりノートブック片手に妄想旅行をしていると、友人到着!すると次から次へと他のお客様もご来店。圧倒的に女性客多し。みんな朝からしっかり朝ごはん。ここは健康的で明るい元気に満ちあふれた空間です。

まずは冷たい冬の朝に乾杯!はちみつティー ¥530(🇪🇸スペイン)とオーツミルク ¥500(🇬🇧イギリス)。

はちみつティー¥530 / オーツミルク¥500

2ヶ月ごとに変わる国の朝ごはんの他にも、イギリス、アメリカ、台湾の朝ごはんをレギュラーメニューとしてご用意。「台湾に絶対行きたい!」願望の友人はもちろん台湾の朝ごはん ¥1,550をいただきました。

台湾朝ごはん ¥1,550円

🇹🇼豆乳スープ(シェンドウジャン)・・温めた豆乳に酢を入れることでトロトロ食感。揚げパン、干し海老、ザーサイが入っている。
🇹🇼台湾版卵焼き(ダンピン)・・ネギをまぜた小麦粉の皮と玉子焼きを重ねて焼いたもの
🇹🇼具たくさん餅米おにぎり・・お米が手につかぬようにビニール袋に包んでいる

「イギリスに絶対行きたい!」私はもちろんフル・ブレックファスト。イギリスのカフェやパブでは朝に限らずいつでも食べることができます。産業革命時代、1日を通して忙しく働かなければならなかった労働者のためのメニューが、朝ごはんとして一般に定着したそうです。また一皿に盛られた全ての食材には火が通っています。当時の衛生状態が悪かった為、トマトとマッシュルームはしっかり火を通していた習慣が残っているからです。とにかく量は多めでボリューミー、がっつり食べるのがフル・ブレックファストのお味です。
イギリス定番「AIソース」もお忘れなく!キリッとした酸味と程良い甘さのハーモニーです♪

イギリス朝ごはん ¥1650

🇬🇧薄くてサクサクのトースト。ソーセージを焼いた油で揚げるのがうまさの秘訣!
🇬🇧お豆のトマト煮・ベイクドビーンズ。本当にお豆はおいしい!大好き!
🇬🇧ふかふか、トロトロのスクランブルエッグと、カリカリハッシュブラウン
🇬🇧皮も中身も柔らかく滑らかな食感のソーセージ。ニッポンのパリッと食感とは違います。
🇬🇧焼くと甘みがさらに増すトマト&まるごと焼きマッシュルーム。イギリスではマッシュルームがとても安い!

周りを見渡せば、やはり2月のメニュー、クロアチアの朝ごはんが大人気。みなさん、美味しそうに楽しそうにがっつりお腹に入れています。そんな様子を眺めていると、こころも体もパワーがみなぎってきます。そうか、これが「朝ごはん」!世界中の朝ごはんに共通していることは、毎日食べても飽きがこないこと。おまけに栄養バランスたっぷりです。イートインのみならず、テイクアウトでももお楽しみください!
さらに嬉しいお知らせが ♪  来月3月、銀座店がオープンの予定です。どうぞお楽しみに!

店内の置物も可愛いけれど、トイレの置物もこれまた可愛いのです❤︎ご覧になりたい方は、吉祥寺店へGo!

そういえばお店でこんなものを見つけました。食育エンタテインメントとして朝ごはんをテーマにした折り紙です。¥500(税別)ユーモラスなデザインに色鮮やかな折り紙が食べ物へと姿を変えていきます。お皿の写真に自分が折ったトマトやトーストを盛り付けるのもおままごとのようで楽しい。ほら、まるで本物のフル・ブレックファストに見えるでしょう!

ソニー・ミュージックエンタテインメントキッズの専門ブランド「KIDSTONE」(発売元・企画)

“あそびのデザイン”をテーマに活動する軸原ヨウスケ氏、武田美貴さんによるデザイン・ユニット「COCHAE」(製造元)

朝ごはんから世界を学ぼう!おいしいORIGAMI -イギリスの朝ごはん-

 

WORLD BREAKFAST ALLDAY  朝ごはんを通して世界を知る

レストランの椅子に深く腰掛けながら、時にはランチボックス片手に芝生でピクニック。朝昼夜、いつでもオールデイです! 私はきっとまたオフの日に、朝ごはんを食べに早朝電車に乗っていることでしょう。

 

 

※※​※※​※※​※※​※※​
WORLD BREAKFAST ALLDAY 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-2-102
Tel:0422-27-6582
営業時間:7:30〜20:00(L.O. 19:00)
※土日祝のご予約は17~19時のみ。
※土日祝のお電話は15時以降におかけください。
Website
Instagram

WORLD BREAKFAST ALLDAY 外苑前店
東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F
Tel:03-3401-0815
営業時間:7:30〜20:00(L.O. 19:00)

Share.

About Author

兵庫県伊丹市出身。東京都在住。主婦時々パートタイムジョブをこなす。子育て期をニューヨーク、ロンドンにて駐在生活を送る。思いつきのその日決めで行動する一匹オオカミ派。『成るように成る』をモットーに今世を生きる。水泳・ジョギング・登山・ウクレレ・映画・ライヴ鑑賞・奉仕活動と未知なる自分を今後も探求し続ける。Instagram: @n_amihey

Leave A Reply