Ben’s Cookies🍪で再会に乾杯!

0


昨年11月の朝早く、1本のメッセージを受信した。
「おはよう!突然ですが、もし今日東京にいて時間があったらランチかお茶いかがですか?」
残念ながら東京不在。私は軽井沢で朝食をとりながらそのメッセージを読んでいた。(「もし今日東京にいて」というのが可笑しかった)それ以来、ずっとその事が気がかりだった。
つい先日、今度は私が突然誘ってみた。「こんばんは!突然ですが、明日横浜でクッキー食べない?」
返事は「イエス!」20代後半を恵比寿の会社で共に過ごした仲間。私達は約20年ぶりの再会を明日果たすのである。

みなとみらい線 日本大通り駅2番地上出口で待ち合わせ。そうか、ここは横浜スタジアムがあるんだった!その昔 明治7年頃スタジアムは、屋内外国人のクリケットグラウンドの着工が始まったそうです。

横浜スタジアム、通称「ハマスタ」。駅構内は横浜DeNAベイスターズ一色!

地上に上がると前方は大さん橋。国内・海外の船が停泊するターミナルでもある。後方は横浜公園。

象の鼻パークから大さん橋を臨む。豪華客船を間近で見ることができる場所。

74種12万本のチューリップに「ここはオランダか!?」と写真を撮りながら自分で自分につっこむ友人!(笑)

イギリス好きの方ならまだ記憶に新しい、昨年イギリスで夏休みを過ごした日本郵便のぽすくま君。ちょうど集配用電気自動車で、手紙や荷物を配達中でしたよ!

  「ポッス〜〜!」

すると懐かしい笑顔が現れて、たちまちあの頃の私達に逆戻り。20年間のブランクなんて全く感じない!しかもこの再会という記念すべき日の目的が「クッキー1枚を食べること」そして食べたら解散、というなんともあっさりなふたり!それがまた楽しいと思える私達なのです。(笑)

1983年、オックスフォードにあるマーケットの小さな屋台から始まった「ベンズクッキーズ」。フードライターであり、チョコレート好きなヘルガ・ルビンスタインによって設立。店名は息子のベンにちなんで名付けられました。シンプルながら毎日焼きたてクッキーを体験してもらう為、イギリス本国のみならずバンコク、アブダビ、ソウル他、世界中でオープン。今もなお多くのファンに愛されているベンズクッキーズです。

2016年ニッポン初上陸。自由が丘店を皮切りにギンザ シックス店、横浜に2店舗と展開。今から向かうのは横浜大通り店。食べたことがある友人によると、1枚が大きくて柔らかくてホントに美味しいのよ、と。赤いお店にベンのロゴ。そういえばロンドンの街角でよく見かけたけれど食べたことはなかったぁ。だから今日が初体験!

横浜日本大通り店

開店と同時にたくさんの種類のクッキーが並びます。早速「世界一のクッキーを目指して」のこだわりをここでご紹介!
【素材へのこだわり】
・全て無添加無着色。多くの世代の方に自信を持ってオススメできます。
・店内に広がる豊かな香り。無塩バター、ブラウンシュガー、粉、放し飼いで育てた健康な鶏の卵、そして上質のベルギー産のチョコチャンク。

自宅での再加熱はレンジで10〜15秒。焼きたて風味が再現!

ボックス、ギフト缶、さまざま♡

【焼きたてへのこだわり】
・店舗のオーブンで次々と焼き上げられる最高の状態のクッキーを召し上がれ♪

賞味期限は購入から4日以内

【クオリティへのこだわり】
・大きなチョコがゴロゴロ入ったリッチ感と予想以上ものソフトな食感を楽しんで!きっとみんな笑顔になれるはず。

抹茶&ホワイトチョコレートもオススメ!英国発なのにほろ苦いニッポンの抹茶が味わえます。

私達はいろんな味を楽しみたくて、5枚の値段で2枚お得な7枚入りベンズボックス¥1,550を購入。お好みの7枚を選ぶことができます。もちろん1枚(¥310)からも購入可能。思い思いのスタイルで美味しさをチョイス。
さて、ベンズボックス片手に海側へ。象の鼻テラスで熱いコーヒーを買って、象の鼻パークに座り、大さん橋を見ながらクッキーを食べましょう。さあ、ベンズボックスを開けますよ!ミルクチョコレート&オレンジとトリプルチョコレート。

お得なベンズボックス ¥1,550

実はお店にいた時からミルクチョコレート&オレンジに目をつけていた私達。店員さんが「オレンジの香りが最高の1枚です!」とお勧めしてくれたから。ボックスを開けた途端にオレンジの香りがぱぁ〜っ。ベンズクッキー初体験はこの1枚からスタート。掌サイズの1枚を半分にしたいのだけど、柔らかすぎて割るというより千切る感覚です。まずはひとくち。。。おぉこの味、人気なのわかります!オレンジの香りが鼻いっぱいに広がって、濃厚なチョコレートとの相性がバッチリ。それでいてサッパリもしています。これはくせになりそうな1枚ですね。
ここで店員さんから耳より情報!今食べた柑橘系のミルクチョコレート&オレンジは、全店舗で毎回販売しているフレーバーではないそうです。大人気のこの味に今日出会えた私達は超ラッキー!もしこの味をどこかの店舗で見かけたら、即お買い求めくださいね♡ そしてもう一枚、トリプルチョコレートを半分こ。チョコレート生地にダークチョコとホワイトチョコが入った欲ばりフレーバー。チョコ好きにはたまりません!サクサク感とは全く違う、しっとり、やわらかでずっしり食感のベンズクッキー。みんなで1枚をシェアすれば、美味しさも楽しさも笑顔も倍増する英国発のクッキーです。

20年分の話を、一杯のコーヒーとシェアしたクッキーでさくっと2時間。この続きはまた今度、と約束して午後の互いの予定へと向かいました。

ダブルチョコレートと、もう一枚なんだったっけ?忘れちゃった ^^;

今日、横浜に来た理由はクッキーともう一つ。NEWoMan横浜で開催されているポップアップストア、衣料品ブランド「ritsu」さんを訪れる為です。今回は4/4(月)〜4/25(月)までポップスストアがあると聞き行ってきました。カジュアルにもエレガントにも楽しめるデザインと、柔らかいながらもしっかりとした美しさのグラデーションを感じるのが、私が思う「ritsu」の魅力です。お店に入るなりこのプルオーバーに一目惚れ。長めのリボンと胸元の空き具合が購入の決め手です。

BOHOシックを軸に、デザイナー堀江りつさんが洋服やスタイリングを提案。自動車や家電の試作、新商品開発を行う開発総合支援企業として業界トップの高い技術力を持つ「株式会社 日南」が、アパレルを融合させた自社ブランド「ritsu」を設立しました。「モノづくり」で培った日南の技術力と、デザイナー堀江りつさんのクリエイティビティによる新たな挑戦であります。一目惚れした袖に腕を通した時に感じた「素材、肌触り、着心地」へのこだわりこそが「ものづくりの原点」の一つではないかと感じました。

ボホシックでロマンティックなアイテム

ritsu の皆様とベンズクッキー

今年も横浜は、花と緑をネックレスのように繋いだ「ガーデンネックレス横浜」の季節を迎えています。横浜駅直結のNEWoMan横浜のポップアップショップ「ritsu」さんでお買い物をしたら、向かいの駅ビルのベンズクッキーズ シァル横浜店で、あるいはベンズクッキーズ 横浜日本大通店でお気に入りのクッキー片手に、花と緑の横浜の街をお楽しみください💐

 

 

 

※※※※※※※※※※
【ベンズクッキーズ 横浜日本大通り店】
231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通15
Tel:045-228-9398
営業時間:月〜金 11:00-18:00/土 11:00-17:00/定休日 日

【ベンズクッキーズ シァル横浜店】
神奈川県横浜市西区南幸1-1-1 JR横浜タワー内 地下1F
Tel:045-620-5666
営業時間:10:00-21:00 施設の営業時間に準ずる

【ベンズクッキーズ 自由が丘店】
東京都目黒区自由が丘1-9-8
Tel:03-5726-9817
営業時間:11:00-19:00

【ベンズクッキーズ ギンザ シックス店】
東京都中央区銀座6-10-1 ギンザ シックス地下2F
Tel:03-6263-9881
営業時間:10:30-20:30

Website
Instagram

Share.

About Author

兵庫県伊丹市出身。東京都在住。主婦時々パートタイムジョブをこなす。子育て期をニューヨーク、ロンドンにて駐在生活を送る。思いつきのその日決めで行動する一匹オオカミ派。『成るように成る』をモットーに今世を生きる。水泳・ジョギング・登山・ウクレレ・映画・ライヴ鑑賞・奉仕活動と未知なる自分を今後も探求し続ける。Instagram: @n_amihey

Leave A Reply