玖保キリコが見た👀 Let Me Entertain You

0


地方のレストランのトイレで居合わせた
ご婦人の持っていたバッグ。

雌鶏がプリントされ、
雌鶏の形に縫製されたもの。
素材はふかふかした化学繊維。

ガン見していた私に、
「このバッグ買うときどうしようかな〜と
ちょっと迷ったけど、
20ポンドだからまあいいかって
買っちゃったのよ」と
説明してくださいました。

そして、
「このバッグを持つ時はこれも
バッグに入れて持ち歩いているの」と
プラスティック製の卵を出して
見せてくださいました。

すばらしいサービス精神に脱帽。
いったいどのくらいの人を楽しませたのでしょうか。

 

 

*************

今週の「くるまれてクリスチナ #1」(資生堂「花椿」Web)はこちらで♪

Share.

About Author

漫画家。東京出身。1996年渡英。ロンドン在住 。代表作に「シニカル・ヒステリー・アワー」(白泉社)「いまどきのこども 」「バケツでごはん」(小学館)「ヒメママ」(マガジンハウス)など。 また「キリコ・ロンドン」「中級キリコ・ロンドン」「ロンドン丼」(角川書店)などのエッセイもある。CDジャケットを手がける他、自身の漫画作品「シニカル・ヒステリー・アワー」のアニメーション映画化では監督も務める。ロンドンのエブリーナ小児病院、聖トマス病院の小児科歯科及び同病院の小児科緊急病棟などのインテリアも手がける。「シニカル・ヒステリー・アワー」「いまどきのこども」の英語翻訳版がeブックで発売中。 白泉社のメロディで「キリコのこばらのこみち」連載中。2022年4月7日から資生堂花椿Web上で「くるまれてクリスチナ」の週刊連載始まる。 インスタグラム:@kubosoko

ウェブサイト ブログ

Leave A Reply