多彩なコラボが楽しいサパークラブ、Megumi’s

0


今日は私が主宰しているサパークラブ「Megumi’s」について紹介させてください!

日本語で”サパークラブ”というとちょっと違う意味もあるようですが、イギリスでは「サパー」→「お夜食」という意味で、素人でも料理の腕に自信がある人が、口コミやSNSなどで全く知らないお客様を募り、お料理を振る舞う会のことです。ニューヨークやロンドンの都市部で人気が出て発展し、今では自宅キッチンから飛び出し、お店を開いて大成功している方々もたくさんいます。

私の場合は、もちろんお料理は大好きなのですが、それ以前に日本の素敵なところや文化をイギリスで伝えたいという気持ちも強く、そこが基盤になっています。ロンドンでは日本の文化もある程度知られるようになっていますが、まだまだちょっと間違った日本がそこらじゅうに溢れていると感じています。Megumi’sでは、自分が日本文化の伝え手になるだけではなく、色々な人たちとコラボレーションをすることで、より良く楽しい会になるように努力しています。

大好評だったアンコウ鍋!

Megumi’sのサパークラブの様子。

これまでたくさんの方との素敵なコラボレーションが実現しましたが、印象や思い出に残っている例を少しご紹介しますね。

ママ友でもあり、子供抜きとしても仲良くなったタニア・ジョンソンさん。彼女は自宅で野菜を育て、自身でお味噌作りもします。そして彼女も食べるのも作るのも大好き。二人とも母ということにフォーカスし、毎回、家庭料理をコンセプトとして二人で不定期に開催しています。

タニア・ジョンソンさんと。

タニアさんとコラボしたヴィーガン・サパークラブ

友人としても仲良くさせていただいている、寿司シェフの遠藤和年さん。先日、ミシュラン一つ星を獲得したEndo at The Rotundaのシェフで、彼を招聘した会を主催しました。私の小さなベニューでお寿司のフルコースを振舞ってもらい、とてもスペシャルな会となりました。

ロンドンのトップシェフ、遠藤和年さん。

彼のお寿司は最高です!

着物のイベントを主宰しているTakayoさんとは、ゲストの方が着物に着替え、私が作った和食のショートコースをいただき、そのあとに春画を描くというなかなか面白いイベントも不定期に開催しています。

着物のエキスパート、Takayoさん。

Takayoさんとコラボしたサパークラブの様子。

春画もテーマに!

お料理はできるだけ正統派の日本食をお出ししています。

先日は日本から金継ぎのアーティストの藤田美穂さんをお呼びし、ワークショップをしていただきました。

これからも日本とのブリッジになるようなイベントやサパークラブを主宰し、皆様に楽しんでいただきたいと思っています。

そして最後に告知です! 2020年第一弾は1月23日にスピリチュアルなヒーリングの会を行います。エウリーナさん(日本の方です)による講座。この日は新月の日なので、私はそれにちなんだフィンガーフードをお出しします。残席は少なくなってきていますが、是非のご参加を!

詳細はこちら:
https://uk.mixb.net/information/articles/9415

Share.

About Author

武山 恵美

サパークラブ&ケータリングビジネスMEGUMIS主宰、フードキュレーター。自然に恵まれ、下町文化の存在する東京は武蔵野生まれ、在英11年。ラジオ局、テレビ局で役員秘書を経て、渋谷宮益坂にバー「Off Soho Suites Room」をオープン、運営を担う。交流好きでたくさんのお客様に恵まれるもライフステージの変化からロンドンへ移住し出産。現在は一児のシングルマザーとして子育てをしながら、定期的にサパークラブやイベントのオーガナイズを行っている。サパークラブでは食を通じて日本の文化を伝えたいという気持ちからビジネス目線というより家庭目線でメニュー構築し、素材のセレクトを大切にしている。

ウェブサイト

Leave A Reply