長期滞在に使える新5⭐️ホテルの快適:オープン価格も狙い目!

0


Tower Suites by Blue Orchid

今回はロンドン観光の目玉スポット至近という絶好の立地に、2019年12月プレオープンしたばかりのホテルをご紹介いたします。長期滞在の方にも嬉しいキッチン付きの部屋が揃う五つ星。キャンペーン中につき、コスパ高の今が宿泊の狙い目です!

目の前がロンドン塔という好立地

イギリス国内でホテルの経営に携わるGrange Hotel グループ創立者Tony Matharu氏が、新たな試みとしてBlue Orchid を立ち上げました。現在Tower Suite 以外に2ホテルをロンドン市内中心に建設中です。

’’All-Suite’’というキッチン付き部屋で短期、長期宿泊者ともに快適な滞在を提供するという独自のジャンルを創り、Grangeホテル運営に携わってきた先鋭チームとともに質の高いホスピタリティーでゲストを迎える準備が整っているとのこと。

私事ですが、実はこちらのホテルは子供の通園路に位置していまして、今年になってレストランがオープンしてから美味しそうな朝食が並んでいるね~とガラス越しに眺めていたらスタッフが笑顔で話かけてくれるということを何回か実体験しているので、感じがよいなと思っていたのです!

ホテル名とロゴのごとく落ち着きと品のある ‘’ Blue(青)’’と洗練された’’Orchid(蘭)” のイメージのデザインでリラックスできる空間は好印象

2020年の3月には、全273室(現在 167室がオープン)となる客室は全部で6カテゴリーに分かれています。モダンで機能的なデザイン、かつ落ち着いた雰囲気で居心地が抜群。タワーブリッジやロンドン塔が見える人気のRiver View は予約時にリクエストしておくと、優先的にアレンジしてくれるそうです。

エントリーカテゴリーのSuperior Studio (キッチンなし)で25m2はロンドン市内中心にしてはかなり広めです。

Executive studio。こちらのカテゴリー以上はキッチンつき。またワーキングデスクと化粧台の両方があり、女性にとってうれしい限り

全室ベッドがキングかスーパーキングサイズで良質な睡眠を確保。リクエストによってツインベッドにも変更できます。そして、カーペットが多い英国でフローリングの床というのも好ポイントですね。

広々としたSuperior Suite 。リビングルームにはソファーベッドがあり、家族連れにも十分なスペース

各部屋には長期滞在者やビジネス宿泊者にも必要なものがすべて揃っています。

ネスプレッソマシーン、コーヒー&紅茶メーカー、ミネラルウオーター、ヨガマット、バスローブとスリッパが全室に設置あり。またExecutive studio 以上のクラスにはワーキングデスクと化粧台(左上)両方あり

ロンドンの絵になる景色を眺めながらヨガなんて、最高の贅沢〜。

モダンなバスルーム(上)とセンスの良いバスアメニティー(下)。部屋の広さを確保するためにほとんどがシャワーのみ。バスタブ付きのお部屋は3部屋あるので、必要に応じて事前にリクエストすることをお勧めします

館内イタリアンレストラン’’Ciento a la Torre’’は現在のところ宿泊者のみ利用可能。その名のとおり、100度ロンドン塔の眺めを満喫しながら朝食から夕食まで味わうことができます。

窓が広くて自然光がたっぷり入る開放的な雰囲気。近い将来宿泊者以外も利用できるようになるとのことで、行ってみたいレストランが一つ増えました~。

2か月後のグランドオープン時には、ロンドンの眺めが180度見渡せるルーフトップテラス、スパやジム、美容院もオープンするそうですので、乞うご期待! 来春また追加のレポートいたします♪

ルーフトップよりの眺め

[ホテル近辺おすすめスポット]

  • ロンドン塔とタワーブリッジ:ロンドン観光のハイライト
  • Sky Garden : 事前予約すると無料で36階、地上155メートルの屋上庭園と360度のロンドン展望を楽しめる。全ガラス張りで解放感がある。カフェもあり特別な時間を過ごすことができるおすすめスポット
  • Benk + Bo: 北欧系の独立カフェでのんびりした雰囲気が抜群。コーヒーや手作りのペイストリー、ケーキがとても美味。私のブログでも紹介しています
  • som saa thai restaurant: モダンタイレストラン。カクテルも美味しくおしゃれな雰囲気で、リピートしています。編集長のレポートはこちら
  • The Culpeper: 流行に敏感な人々が集まるパブ&レストラン、夏は屋上テラスでのドリンクがおすすめ
  • My Old Place :中国人にも大人気の大衆中華料理店。お手軽で美味しいのでよく友人たちとの集まりに利用します。編集長のレポートはこちら
  • Planet Organic Devonshire Square :オーガニック食料品、薬、スキンケア商品取り扱い店で、いつ行っても欲しいものがたくさんあります~
  • Artizan Street Library & Community Centre: 地元の人に愛されるこじんまりとした図書館
  • St Katharine Docks の散歩と小さな独立系カフェWhite Mulberries。タワーブリッジや華麗なヨットが並ぶマリーナを眺めながら、このカフェで飲むコーヒーは最高
  • Shoreditch エリア:多国籍のレストラン、トレンディーなカフェ、バー、クラブが多数
ホテル名 Tower Suites by Blue Orchid
住所 100 Minories, London EC3N 1JY
最寄り駅 Tower Hill 駅(District & Circle Line) 隣接
ホームページ https://www.blueorchid.com/en/index.html
電話番号 020 3972 1600
メールアドレス reservations@blueorchid.com
部屋数 273室(現在 167室がオープン、2020年3月に全室オープン予定)
宿泊費 Superior Studio (25 M2 , ウィンターキャンペーン 143.65 £~。朝食、VAT20%込み、事前支払いでキャンセル不可プランの場合)
喫煙室
車椅子対応客室 有。24室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
Wi-Fi  建物全体で利用可能。利用代宿泊費に含まれる
日本語スタッフ
ホテル施設 レストラン、バー、会議室、ルーフトップテラス、スパ、ジム、美容院(レストランとバー以外は3月にオープン予定)

 

 

Share.

About Author

東京都出身の旅するOL。在ロンドン13年。 日本とロンドンの旅行会社で10年以上にわたり、ヨーロッパツアーの企画や、海外ツアーコンダクターの業務に携わる。現在はプライベートの旅行や仕事上で、快適で思い出に残るホテルとの出会いに喜びを感じる日々を送っている。

Leave A Reply