ロンドナーに熱望されるモダン・タイ料理

0

th_Som Saa_banner

Som Saa  ソム・サー

スピタルフィールズのすぐ近くに2016年に登場しているオシャレなタイ料理レストラン。オープン当初大きな話題となったので、グルメなロンドナーなら名前は聞いたことがあるかもしれません。

もともと小さな仮屋台のようだったポップアップ店鋪が、通常のレストラン形態でのオープンを夢見てソーシャル・ファンディングで資金集めをしたところ・・・あっという間に目標額を上回るお金が集まり(!)、布地の倉庫として使われていたスペースを大々的に改装した現在のレストランをオープンできる運びとなりました。それもこれも、Som Saaの料理に数多くのファンがついていることの証です。

th_Som Saa_1

フロントのバー・スペース。ふらっと立ち寄って一杯飲みができる上に、美味しいタイ・スナックをおつまみにできると言う寸法。

フロントのバー・スペース。ふらっと立ち寄って気軽に一杯飲みができる上に、美味しいタイ・スナックをおつまみにできると言う寸法。

フロントのバー・スペースは21世紀ロンドン・バー然としたインテリアですが、奥にあるダイニング・エリアはダークな木材をふんだんに使い、アジア的なイメージを膨らませて上手に洗練を表現しています。実を言うと、オーナー・シェフはタイ料理店で修業を積んだイギリス人とオーストラリア人なんですね。 そして師匠もタイ料理を極めたオーストラリア人。そしていただいたお料理は・・・タイに行ったことにない私が言うのは少し気が引けますが^^;  少なくともスパイスやハーブの使い方を十分に習得しているシェフによる、味も本格的な美味しいタイ料理でした^^

こちらが奥のダイニング。その奥にオープン・キッチンがあっていい感じです♡

こちらが奥のダイニング。その奥にオープン・キッチンがあっていい感じです♡

左上から時計回りに、タマリンド・ソースでいただくふっくらチキン・グリル、刺激的なトマト入りパパイヤ・サラダ、ナス・グリルにエビのフロスとゆで卵を添えたユニークな一品。

左上から時計回りに、タマリンド・ソースでいただくふっくらチキン・グリル、刺激的なトマト入りパパイヤ・サラダ、ナス・グリルにエビのフロスとゆで卵を添えたユニークな一品。

タイも広いと思うのですが、こちらはタイ北東部(イサーン)のお料理を主に再現しているそう。パパイヤを使ったサラダは何種かあり、さらに本日のスペシャルにまで登場するので素材とスパイスの組み合わせ方によって色々なバリエーションを生み出せるのでしょう。定番とスペシャルの2種類をいただきましたが、定番のトマトが入っている方は本場のものと変わらないと思われるトウガラシ・キックがすごいですが、スペシャルの方はマイルドで食べやすく感じました。トウガラシの辛さが苦手な方はお店の人に聞いてみてください!

そして今や当店の名物となっている、スズキを一尾丸揚げにしてイサーン地方でよく食べられているハーブを大量にあしらった一品「nahm dtok pla thort」はぜひ。おそらく当店を訪れる人の大半が注文するであろうと思われるこの料理は、シンプルな白身魚の美味しさを味わうために開発されたレシピの中でも、ガツンとした楽しさがあるという意味では指折りの仕上がり。現在までずっとタイ庶民に愛されている伝統の味であり、Som Saaならではの工夫があるとしたらソースの調合やハーブ使いなのでしょうね(魚がカリっと揚がっているのは当然なのですが^^)。

こちらが魚の丸揚げnahm dtok pla thort。アート作品です ^^

こちらが魚の丸揚げnahm dtok pla thort。アート作品です ^^

左はチキンのグリーン・カレー! ハーブ使いがプロ。

左はチキンのグリーン・カレー! ハーブ使いがプロ。

カレー類も、ロンドンにある正統派のタイ料理屋さんのものとは少し違います。チキン入りのグリーン・カレーと魚のカレーを注文しましたら、どちらも全く違うお味でタイの食文化の豊かさを感じました。魚のカレーのほうは酸味が強いスープ・カレーのような感じ。さっぱりと繊細で美味しいです♪

左上から時計周りに、シーフードと野菜の炒め物(辛くなくてグッドw)、スペシャルにあったパパイヤ・サラダ、魚のカレー!

左上から時計周りに、野菜炒め(マイルドな味わいがグッドw  なぜかシーフードが入ってたんだけど、メニュー違ったかしら 汗)、スペシャルにあったパパイヤ・サラダ、魚のカレー!

デザートは2種類があったので、2つとも好奇心にまかせてシェアしてみました^^  これがどちらも大正解!! 塩のきいたパームシュガーのアイスクリームにグリルしたバナナを添えた一品、そしてこちらも塩の使い方が絶妙な甘辛の揚げおはぎ。付け合わせにフルーツ入りのかき氷的なものが付き、生姜の千切りが添えてある。いい仕事してます!

左が甘辛の揚げおはぎ風。美味しい♡ 右上がパームシュガーのアイス。甘いけどコクがあってやみつきに。ティーの種類もいろいろあります!

左が甘辛の揚げおはぎ風。美味しい♡ 右上がパームシュガーのアイス。甘いけどコクがあってやみつきに。ティーの種類もいろいろあります!

評判通りに洗練されていたSom Saaの料理たち。インテリアも心地よく、スタッフもフレンドリー。暑い夏の日が続きますが、冷房も完備されているので、ぜひ機会あればお試しください♪

43 Commercial Street, London E1 6BD

店名Som Saa
最寄り駅Aldgate East / Liverpool Street / Aldgate
住所43 Commercial Street, London E1 6BD
電話番号020 7324 7790
営業時間月 17:00 – 22:00 火〜土 12:00 – 14:30(土は15:00まで) / 17:00 – 22:30
URLhttps://www.somsaa.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す