バースデー・ラッキー ( ^ε^ )♪ 

2

birthday_banner

バースデーにかこつけて女子友達とパブ飲みしていたら、隣のテーブルに座っていたグループの一人が、私たち全員に誕生日のお祝いだと言ってサンブッカをごちそうしてくれた。

50ポンドと引き換えに一気飲みさせられたサンブッカ

50ポンドと引き換えに一気飲みさせられたサンブッカ

そして、写真真ん中の男性、トンプソンさんが、バースデー・ガールたる私のところにやってきて、50ポンドのゲンナマ紙幣を手渡してこう言った。

「ヘイ、君。この金を何か美容関連のものに使いな。俺からのバースデー・プレゼントだ」

えっ (@Д@;

長らくロンドンに住んでいるが、こんなことは初めて。もちろん最初は受け取らなかったのだけど(後で何を要求されるか分からないし ^^; )、どうも全く他意はない様子。周囲からは「もらっときなよ〜」と無責任なかけ声もw

ほんの少しの押し問答の末、素直に有り難くいただいた。その後も、彼らはまったくこちらにからんでくる様子もなく、帰り際にこの写真を撮らせていただいたのだ。(美容関連のプロダクトに使え、という真意は図りかねたがw  おそらく彼にとって女性が喜びそうなものの代表という意味だったのだと思いたい。)

おそらくアイリッシュの仲良しグループ

おそらくアイリッシュの仲良しグループ

いや〜初対面の方に50ポンド紙幣のバースデー・プレゼントをいただくとは☆ もちろん、その日のお会計の足しにさせていただいたのだが、半分以上をカバーしていた。ありがとう!!

トンプソンさんの出身地は聞かなかったのだけど、グループの中の一人はアイルランド出身と言っていたので、彼ら全員、アイリッシュ関連の友達だったのかも。とても景気のいい現金商売をされているのであろう。(久しぶりに見る50ポンド紙幣・・・思わず明かりに透かしてみたのは言うまでもないw)

というわけで、思わぬバースデー・ラッキー♪ 今年はよい年(歳!?)になりそうです ^^

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

2件のコメント

  1. 江國 まゆ

    masuさん☆ありがとうです〜!! そう、最高額紙幣は赤いリズです ^^
    すっかり存在を忘れていましたが・・・w 
    今年もわはっはと笑っていたい♪

  2. あらー、まゆさん誕生日だったんですねー。
    おめでとうございます!
    50ポンド札・・・あれは確か赤いベスでしたよね?
    景気のいいスタート。今年1年もわはっはな1年になりますように!

コメントを残す