お婆ちゃん犬の大冒険

0

cafevisit


さて、今回は馴染みのあるエリアの、あるカフェで
以前ここでも書いたことがある
私の大事なお友達チカちゃんと待ち合わせ

チカちゃんと会うと
いつも楽しい話題満載であっという間に時間が過ぎてしまう
今回は、時間が余り無かったから、超特急で話をしなければならなかった

カフェでもあり、レストランでもあり、バーでもありの、この店だから
ワイン好きの私達は、一杯の赤ワインを頂きながら
午後のひと時を、楽しいおしゃべりで過ごすことにした

と、言うことで今回は
【カフェで楽しいお喋り~!】
がテーマ

では、早速いきます

まず、チカちゃんが話してくれた、面白いお話の1つ目

【小っちゃいお婆ちゃん犬、メロディー夏の大冒険】

メロディーは、重い病気を持っています
チカちゃんが側に居なくなったりして
ストレスを感じてしまうと発作を起こしてしまいます

ある時はその発作で、獣医師に
「もうダメです、あと数十分の命です」と宣告され
メロディーの身体は、どんどん冷たくなっていったそうです

その時、メロディー何を思ったか

「やっぱり、私まだ死なないわ、私まだ生きます!」

そう言ったかどうかは、良く分からないけれど
メロディーは、チカちゃんの元に戻ってきたのです

小ちゃくて、年とっているのに
なんだかわけがわからない位、凄く心臓の強いメロディーです

その重い病気持ちのお婆ちゃんメロディーは
今迄人間社会だけの中で、家族の一員として
アメリカ、日本、イギリスで、呑気に優雅に暮していました

そんなマダム生活をしていたメロディーが、なんと!
今回生まれて初めて他の犬と暮らす、サマーキャンプへと向かったのです!
誰もがアッと驚いてしまいました!

で、なぜかと言うと…

チカちゃんがどうしても一時帰国をしなければならなかった事情があったので
チカちゃんは、メロディーとの今生でのお別れも覚悟して、一大決心した末

メロディーを、サマーキャンプへ連れて行ったのです

さて、その場所は、美しいコッツウォルズ地方
迎えてくれるのは、犬の言葉も全て理解しているような
とても優しく厳しいスザンナさん

それと、彼女の飼っているチワワ犬が4匹
他にすでにキャンプ入りしている犬も数匹

まずメロディーと他の犬との対面式がありました
この対面式に合格したら、晴れてメロディーは
サマーキャンプへの参加を許されることになるのです

「これからドアを開けると、他の犬が入ってきます
何が起こっても、驚かないで、手を出さないように、いいですか?
では、これから開けます」

メロディーを庭に出し
そうスザンナさんが言ってドアを開けた、その途端

何匹もの犬がいっせいに庭に飛び出してきたのです
そして、そのうちのチワワ一匹がなんと

メロディーに飛びかかり、体の上に乗ってきた!
そのチワワは吠えまくり、嗅ぎまわり
メロディーは、グチャグチャにされてしまい…

チカちゃんとマーちゃん(チカちゃんの夫)は
卒倒しそうにヒヤヒヤしてしまいましたが
それでも、約束を守って離れたところから見守っていると

どうでしょう、そのうち、その犬はおとなしくなり
メロディーから離れたのでした

チカちゃんが言うには
これはボス犬の、メロディーに対しての試験だったそうです

今回、メロディーは上手い具合に無事試験にパスする事が出来
キャンプに仲間入りさせてもらえたけれど

これはどの犬も通過しなければならない
キャンプ入会資格を得る、大事な儀式なのだそうです

その後試験にパスしたメロディーは、チカちゃんとマーちゃんの心配もよそに
皆んなとつるんで早速庭の冒険を始めたそうです

でも、その中で1匹だけ
まだ、チョッカイを出してくる犬がいるのです

キャンプの中で一番下っ端のその犬は
新人で、それもお婆ちゃんのメロディーをバカにして
からかっていたようです

そこに先の試験官でもあった、デリラ(ボス犬のチワワ)が、そのチンピラ犬に
「や め な さ い!」
と、間に入ってメロディーを守ってくれたのです!

ちなみに、そのデリアの写真をチカちゃんに見せてもらったけれど
デリラ! なんという、凛々しい姿でしょう!
背筋がピンと伸び、賢そうな鋭い目がキラリとしていて

リーダーの風格があるのです

デリラは、後ろと前にある庭で争いが起きないように、
全ての犬に気を配っていた、ということでした

「まあ! なんという犬の世界!
そして犬嫌いのあのメロディーがそこでたくましく生きている…」

と、チカちゃんは思っただろうなー
と思ったのは、話を聞いていた私です

こんな感じで、メロディーのサマーキャンプは始まったけれど
それでもメロディーは、よほどチカちゃんのそばに戻りたかったのでしょう

案の定心配していた重い発作を3回も起こしてしまい
入院することになってしまったのです

でも、今回も、心臓の強いメロディーは
発作なんかに負けないで生きることを選びました

そして今日も
こんなに元気に大好きなカフェお散歩についてきたのです

*メロディーは、皆んながコーヒーを飲んでお喋りしている間
チカちゃんから、美味しいおやつをもらえるのを知っているから
カフェに行くのが、大好きです

さて、この経験で、メロディーも、チカちゃんもお互いから
少しだけ、距離を置くことができるようになった、という発見があり
あれから、時々メロディーは、コッツウォルズの
キャンプへ参加するようになった、という事です

そうそう
チカちゃんが後日スザンナさんに聞いて驚いたこと、もう1つは

実は母になったことが一度もなかった、メロディーなのに
未熟児で誕生して300グラムしかなかった
スザンナさんの、小さな小さな赤ちゃん犬を

メロディーは、毎晩優しく抱っこして寝ていた、ということ

いくつになっても、何があってもメロディーは、淡々と
新しい挑戦も、新しい経験も含め、全てを受け入れて生きている

私もそうでなきゃね…

「そう言えば、そのボス犬に吠えられ、上に乗られ嗅ぎまわされてた時
メロディーはどうしてたの?あの時どうなっていたら、試験に落ちてたの?」

という私の質問に、チカちゃんは言いました

『メロディーは、されるがままこんな風に、ポカーンとしていたのよ!
あれで、噛み付いたりしたら、キャンプには入れなかったのよ』

そういうこと
人間も、そうなんだろうなー、何が起きても、力を抜いて
呑気な気持ちを忘れないで生きていくことが、大事!

私はワインを頂きながら、スケッチしながら
チカちゃんの話すこんなメロディーの夏の大冒険を聴いていました

th_Troubadourチカちゃんの面白い話 その2

先週チカちゃんがお嬢さんと行ったパリ週末2日旅行
それは…

食べることが何よりも好きなチカちゃん達は
時間も余り無かったので

カフェに行って食べたり飲んだり
マルシェを覗いて歩いてお土産を物色する
そんな2日間だったらしい

チカちゃんがマーちゃんと行ったスペイングルメ旅行の話も凄かったけれど
パリも、どうやらかなり堪能してきたらしい

でもね、私がなによりも面白い、と思ったその話はね…

今回はお留守番をしている、マーちゃんへのお土産!

マルシェで買い込んできたそれは

チーズ、パン、ケール、ウニ、タコ…

ケールが大好きなチカちゃんは、ばさっと1束買ったんだけど
それが、袋からワサワサと飛び出していたらしい
そして、袋の底には、大ダコやうにやチーズも収まっている

ユーロスターの荷物チェックの際に
「笑われちゃった~」というチカちゃん

ちょっと潮の匂いのする
パンとケールが飛び出した大きな袋を抱えて歩く
嬉しそうなチカちゃんの姿が
私にはとても良く見えるのでした

「家に戻って直ぐにタコは茹でて、ウニは解体作業に取り組んだのよ」
と言って、見せてくれたその動画に映っているのは

ピンクのゴム手袋をして、ペンチを使いながら、サッサとウニを解体して
美味しそうな中身をお皿に乗せていくチカちゃんと
赤ちゃんぐらいの大きさがありそうな
頭デッカチの、ザルに乗っている茹でた大ダコだ!!!

パリに行って、お土産が大ダコ!
これは、なんともチカちゃんらしいエピソード

ちょっと話が飛ぶけれど
先日私は香水について色々お話を
香りの専門家に聞いたんだけれど

統計によると日本人は香水の国ではないのですって
日本人が、香水を買うのはステータスであって
決してその香が好きだから、というのではない

という、ちょっと「そうかなー?ほんとうなの???」
って言うような統計の結果なんだけれど

でも思い出してみると、確かに
大体誰の家にも、シャネルの5番があったじゃない?
それは、好きで買うというよりも、パリに行ったから
パリ土産に買ってきた、ということだったのかもしれない

そう言えば、私の母もやっぱり、シャネルの5番を持っていたし
父は夢中で、海外に行く度にナポレオン(ブランデー)を
お土産に買っていた

だから、父が亡くなった後
ナポレオンコレクションの山を前に
私と姉は、どうしようか…?と、困ってしまった

母も父も、それが好きだからと言うよりも
やっぱりステイタスを買っていた、と言うことか…

チカちゃんは、シャネルにもディオールにもステイタスなんかに興味がない!
でも
「パリのデパートは、ノーブランドでちょっとお洒落なものが
売っているから好きなの~」と言う

だけど、それよりもなによりも
パリへ行ったら、カフェとマルシェだ!

香水よりも、ジュエリーよりも、バッグよりも、ドレスよりも、靴よりも

頭のでっかいタコと、チクチク痛いウニ だそう!

メロディーは、賢く年を重ねて私達に
色々なことを教えてくれるし
チカちゃんも、何があっても決してブレることがない

メロディーもチカちゃんも、なんともカッコイイ、大人の女なのだ!

こんなコンビのメロディーとチカちゃんに
私は、時々会いたくなる。そして、面白おかしく
【力を抜いた生き方】を教わっている

それにしても
今度、たことウニを買いに、私もパリへ行きたいな…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【きょうのヒント】
Earl’s Court の駅を出たら
テムズ川に向かって歩く、大通りに出たら、右へ
多分、少し歩くとわかるはず
ポットが目印だから…

【前回のこたえ】
Creperie du monde
51 Chatsworth Road, London E5 0LH
opening hours: 9:00 – 19:00 Mon-Sun

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

コメントを残す