2017年は行動すると救われる

1

cafevisit


新年明けましておめでとうございます。

ロンドンでお散歩しながら、カフェを探して取材して原稿を書き、一枚の絵を仕上げる と言う
とても面白いお仕事から、忙しさを理由に少し離れていた私は、個展の準備をしながらも
次回のカフェビジットはどこになるかな?何を書こうかな?など、考えていました

連載が始まって、2年以上が経ち、すっかり私の生活の一部になってしまった
あぶそるーとロンドンのカフェビジット(そしてちょっと不定期なバービジット)です
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

さて、年明け早々に、私の夢の一つであったロンドンでの個展が始まったこともあって
島田カオルの今年のテーマは【行動の一年】にしました。

なんの行動をするの?といえば、考えている事を、行動に移す、と言う事

あ、これ去年も私言ったかな???

うん、多分言ったと思う

そう、これは私の永遠のテーマ…

簡単なようで、思っていること、考えていることを行動に移すというのは
とても、エネルギーが必要だったり、勇気も必要なことが多い

でも今年はそれをやらないと!と、本気で思っています。

個展という大きなイベントを年が明けてすぐに出来たことで
私は多大なエネルギーと勇気を授かる事ができました
だから、このエネルギーと勇気を使わないとね、もったいないもったいない…

とは言っても…
「あ、そういえば、あれやらないと!」

と、思っている事が本当に沢山あって、中々行動に移せないでいるのです

例えば、とても小さな must to do のリストにあることで
先日、病院へのアポイントを取らなければならない、というものがありました

私は子供の頃、とても病弱で、近くに国立第一病院があったから、生きていられた
ような、病院通いの幼少時代を送ったせいか
ちょっと気になることがあると、今でも病院へ駆け込んで
先生に「大丈夫よ!」と言われないと気が済まない、という変な癖があるので
ロンドンでも私は、ずいぶん病院にお世話になっております

で、先日もちょっと気になっていることがあったので
ドクターのアポを取らなければ!と思っていました
病院に慣れている私にとっても、これにはちょっとばかしエネルギーが必要で
後回しについついしてしまいがちな事

だけど、やっぱり気になるし…というんで
よーし!と、その朝決心して、電話を取ってアポを取りました、そして
「Thank you, bye!」
と言って電話を切れば、そんなこと何でもないことで
「あ、良かった」とホッとするのです

何で、すぐに電話しなかったのだろう?
こんなに簡単なことなのに
どうして、する前はあんなに気構えちゃうのかしら???

何でも、やってみたら 「なーんだ、出来ちゃったじゃない!」「大したことなかったじゃない!」
と、思うこと、貴方にもない?
私は、小さなことでも、そういうことが、沢山あります

「案ずるより産むが易し」そう、本当にことわざ通り
なんでも、やってみたら、以外に簡単に出来ちゃったじゃない、ということが
実は、真実なのでしょう

去年の10月に決めたイラストレーターズクリスマスマーケットへの参加や
同じ日にすることを決めた個展だって
「この短い期間に準備できるかな?だいじょうぶかな???」
と、悩んだけれど「せっかくのチャンスだ!」と決心して
「よーしやるぞ!」って思って行動に移しちゃえば

出来ちゃうのです

それでも、時々不安やプレッシャーに押しつぶされてしまいそうな時があります
で、そんな時私には、ある強力な魔力を持った秘密の呪文があるので
それを声に出して唱えます

この呪文すごく効く!
だから、私は不安になったらいつも声に出していうのです

「大丈夫 大丈夫、出来る、出来る、私には絶対に出来るから」

この魔法の呪文は本当に凄い威力を持っていて
これを唱える度に、私に勇気を100万倍ぐらいくれるのです
そして、また自分を信じることができるようになって
行動を続けることができるのです

この呪文をいつどこで拾ったのか、もう忘れてしまったけれど
もうずっと使っている私の大切な武器

実は、私にはもう一つ凄い武器があるのです

それは、神聖なスコットランドの山の中でフッと見つけた不思議な石
運命的に出会ったその石を拾って、持ち帰り大事に部屋に飾っていたら
それを見た石に詳しい友人が、教えてくれました

「この石は太古の昔、星の動きを読みながら人々に色々な教えを説いていた人が
使っていた石で、これはストーリーを紡ぎ出す石なのよ。
この石が巡りまわって貴女の手元に来たことにはとても深い訳があるのだから
貴女は、この石を使って、これからはお話をどんどん書きなさい、それは貴女の使命です」

と、びっくりするような事を言われたのです
当時、私は絵は描いていたけれどストーリーはそれほどには
書いていなかったので、あまりピンとこなかったけれど
それ以来、そういえば、お話を書くことがとても多くなりました
私は、仕事机の上に、いつもこの石を置いてとても大事にしています

これさえあれば、もう大丈夫!
この石がそばにあると、とても安心
私の大事なお守りです…と
頭の軽い私は、呪文とか石とか
こういうものにすぐ信仰心を持ってしまうのでございます!

信じる私は本当に、こういうことによく救われていると思う

今年は行動!をテーマにした、と言ったのも
実は訳があって

「2017年はね、行動すると救われるのですって!」

こんな言葉を、2人の大事な友人から立て続けに聞いた私は
即それを信じ、やっぱり、今年は行動の年なんだ!再確認したのです

ねえ、あなたも是非、今年は行動を一つのテーマにしてみてね!

石はあげられないけれど
呪文はあなたにも絶対に効き目あるから

「大丈夫 大丈夫、出来る、出来る、あなたには絶対に出来るから」

さあ、今年も楽しく行きましょう~!

th_Balans Soho Society

=====================================
【きょうのヒント】
今日のカフェ、ヒントは簡単だな…
Kensington High Street に久しぶりに行った時に見つけたお店
アメリカ人と思われる女性が、パンケーキを注文していた
あ、私も食べれば良かった!って、それ見て思っちゃった

【前回のこたえ】
Kitchen And Bar
6F, Tate Modern, 53 Bankside, London SE1 9TG

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

1件のコメント

  1. 私も今年のテーマはズバリ、行動!とすごく思っているところでした。
    そして今日、思ったら行動を実行すべく、カオルさんの個展を見に行ってきたところです。
    とても素敵でした。たくさんインスピレーションとエネルギーをいただきました。
    そしてとても暖かい空間でした。
    まさに、行動すると救われる、を感じた一日でした!

コメントを残す