爆弾の上に暮らす!?

0

cafevisit


このカフェを見つけたのは、本当に偶然の賜物

その日…

私はフラットを探している友人に付き合って
このお気に入りの町に又来た

約束の時間に、不動産屋さんに行くと

「朝に連絡したのですが...本当に申し訳ない!
今日は、キャンセルになってしまいました」

ということで、その日は部屋を見ることが出来なくなった

ガッカリした私達は、とにかく外観だけでもずチェックしようと
その物件目指して歩き出した

「あら?路のあちこちにテープが貼られている。ここ通行禁止なの?」

そう思ったけれど、歩いている人もいるし、とにかくちょっと行ってみましょうか
ということで、私達はテープをくぐってその路を進んだ

暫く歩くと、またテープが貼ってありその先は本当に通行禁止

数人の男達がたむろしている
よく見ると彼らは報道陣
カメラを抱えながら何かを待つ様にそこにいたので
いったい何があったのか訊いてみた

「不発爆弾が発見されたから、危ないよこの辺、なんで歩いてんの?]

「アパートを探しているの、ちょうどあそこよ!]
と、友人が答えると

「おやおや、あそこはやめた方が良いよ〜、今はまだ……
でもきっと安くなるはずだよ、あの下に爆弾があるんだから!ha! ha! ha!」

ビックリした私達

「それじゃあこの辺り危ないみたいだし、じゃあ、今日は諦めましょう」
……ということに普通はなるはずなのに
なんだか危機感のない呑気な私達は、それでもその物件をちょっとだけでも見ようと
他のルートを探して、進んだのだ

どうりで、この辺りなんだか今日はやけに人通りが少ない

なんだかシーンとしている……

でも、私達は歩き続けた。

あっちもこっちもテープで塞がれている!
それでも、歩く私達
今度は向こうから声を掛けて来た警察官2人

「ここからは先に行かれないよ、用事がないのだったらとにかくこの辺りを
離れる様に、危険だから離れて」

「あーあー、ついてないわねー」

と言いながら、私達はとりあえずその場所を離れることにした。

そして

「不発爆弾って、なんだろうね〜?テロかしら?」
なんて、まだ呑気に話しながら駅の方に
大回りをしながら歩いた時
このカフェを見つけた、という訳

th_BicycleCafe7april2015だから、このカフェは多分絶対に普通だったら見つけられなかったお店
ここはね、去年まではただの自転車屋さんだったのですって
で、そこにカフェを付け足した、というわけ

今でも、カフェの後ろ側は自転車屋さん
修理もしているから、狭いカフェの中を
自転車を押して奥へ入ってくるお客さんもいる

窓際バーの椅子はサドルのハイチェアーだったり
テーブルは車輪を組み立てて出来ていたり
天井からは自転車屋さんだから、自転車がぶら下がって展示販売してあるし
サドルがお洒落に壁掛けとして飾られていたり……

それでも、ここはケーキも並ぶ、ちゃんとしたカフェ

「ヘ〜面白いわねー、こんなカフェもあるのね〜」

と、私達はコーヒーを一杯頂いた

このお店を偶然見つけることが出来たのは
【不発爆弾】の御陰さまだったのです

2日後の新聞の片隅に、その騒ぎがちょっと出ていた

【不発爆弾は無事に掘り出すことに成功!】

と、郊外の爆発処理場で爆発させている写真が載っていた

その写真をみて、ビックリ仰天!!!

凄い威力の爆弾だったのだ!

それは、第二次世界大戦の忘れ物

友人は、この界隈が大好きだったけれど、
「爆弾の上に暮らすのは、やめるわ」と、諦めた

それにしても、ロンドンにはこういう不発爆弾が
まだまだ色々な処に眠っているのかしら……

本当に、どこで何があるか判らない人生
爆弾の上で暮らしているようなもの
っていうけれど……

まさか、それが本当の意味だったなんて!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【きょうのヒント】
今日のヒントは、タワーブリッジから南へどんどん歩け!
* 注)テープをくぐってまでのお散歩厳禁!

【前回のこたえ】
Drink, Shop & Do
9 Caledonian Road, London N1 9DX
opening hours: 10:30 – 00:00 Mon-Thurs, 10:30 – 2:00 Fri, 9:00 – 2:00 Sat, 10:30 – 20:00

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

コメントを残す