ポートベロー、ふたたび

0

cafevisit


ダイルクロコダイル氏アクセサリーを創るようになって
またポートベロー通いが始まった!
アクセサリーのパーツに使えるものがあそこには山のようにあるから
パーツ探しにまた行くようになった、というわけなのです

ホランドパークに暮らしている時は、歩いてすぐだったこともあり
一時期ハマってしまい、毎週通い続けた時もあったから
あのごちゃごちゃした広いマーケットは、ほぼ知り尽くしていて
必要なものがどの辺りにあるのかを、わかっているので
私にとっては、勝って知ったる便利なマーケットなのであります

中古やアンティークマーケットには
『同じものがない』ということであるからして
それらで創るアクセサリーも又 世界でたった一つだけということになる

私がアクセサリーを創る際、大事なポイントにしていることも

【世界でたった一つだけ】

だからパーツを探しにマーケットへ行くというのは
楽しみでもあるけれど、重要なお仕事でもあるのです
……だけど、あそこは魔の国でもあるから、行く時には注意注意注意!
先日も、アクセサリーのパーツの他に、目が合ってしまったものが幾つか……

『私、多分前世アフリカ人で、アフリカの山の中で
木彫りの彫刻を作っていたんじゃないか?』と、思うのです
この手の彫刻をみると、どうしても欲しくなってしまうのです

それにしても、今回出会ったこのアフリカンマンは中々スマートでハンサムです!
しかし、いったいどうして私はこういうものに、これ程惹かれるのでしょう……?

それと、もう一つの出会いはティーポット
でも、これはね友人へのプレゼント

瀬戸物なんだけれど、銀色
小さなミルクジャーとお砂糖ボールが付いた、カッコイイ3点セット
このポットを見つけた瞬間に、彼女の顔が浮かんだ位
これは、友人Rにプレゼントするべき物だったのです

ティーポットは、気に入ったものがあると、幾つ目であっても
欲しくなる物の一つ
今私が欲しいと、思っているものは,とても高いものなので手が出ないけれど
でも、いつか欲しいなーと、密かに憧れている
因みにそれは、エレガントな形をした 紅珊瑚の絵柄のティーポット…

さて、マーケット探索はロンドンライフの楽しみの一つかもしれない
あっちこっちで、週末になるとやっている
まだまだ行ったことのないマーケットが沢山あるので
今年はもう少しマーケット巡りをしてみようかな?と思っている

マーケット探索をする時に必要な物は?

それは、お札だったら5ポンド紙幣そして 重いけれど コインをじゃらじゃら用意!
それから、大きなバッグと、歩きやすい靴と
冬だったら暖かく軽いコート

そしてカフェ!

マーケットを探索していると、楽しくて愉しくて
時間が過ぎるのを忘れてしまう
そして、気がつくとおなかが減っていたり、クタクタになっていたり……

だから、マーケット周辺にお気に入りのカフェがあると便利
ポートベローマーケット周辺には、いくつかステキなカフェがあるので
私は、疲れるとその一つで休憩する
そして、熱いコーヒーで元気になってまた探索開始!

でも、マーケットは終わりが早いので、あまりゆっくりと休憩しないこと!

そうそう、以前エジンバラに暮らしている時、土曜日の朝は早く起きて
カーブーツセール(アンティックもあるけれど、ガラクタがほとんど)へよく行った

友人数人と一緒に行く時には、時間を決めて
近くのカフェで集合するようにしていた
3、4時間後、皆がそれぞれ大きな袋に何か一杯に詰めた物を
担ぎながらカフェに集って来る

そして、クロワッサンとコーヒーを飲みながら
どんなに安く手に入れたかを自慢しながら、戦利品を見せ合うのだ!
マーケットに友人と行く楽しみはこれ

そういえばエジンバラのそのマーケットでも
私はとても素敵なヴィクトリアンのティーポットを
値切って値切って手に入れた

それも2つも!
やっぱり、私にはティーポット収集癖があるのかしら?

さて、今回も友人とポートベローマーケットに行くことにしたので
朝まずカフェで待ち合わせをした

th__ladbrokecafé28APRIL20159時に行った時には、近所の人や、仕事場に行く途中
一杯のコーヒーを買いに立ち寄る人が多かったけれど
10時頃になると、近くの建設現場で働いている労働者達が
どんどん入って来て、朝ご飯をもりもりと、食べ始めた!

そうだったのです!ここは労働者カフェだったのです
外からだと、テラスのあるちょっとお洒落なカフェに見えたけれど

たしかにメニューを見ると

【お腹いっぱいになる朝ご飯系】が充実している

朝の早い建築現場の労働者達は
10時頃になると休憩時間になる
そして遅い朝ご飯か? 2度目の朝ごはんか?
早めのお昼ご飯を沢山食べて、また現場へ戻ります

私も、カフェでのスケッチが終わったので
友人と占領していたテーブルを彼らに譲り
いざマーケットプレイスへ!

大きな空っぽの袋を持って
ワクワクしながら、元気一杯で出発しました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【きょうのヒント】
Ladbroke Grove の駅を出たら、お花屋さんを探せ!
caféはそのすぐ近く
Have a nice time!

【前回のこたえ】
Gail’s, Fulham Road
341 Fulham Road, London SW10 9TW
opening hours: 7:00 – 19:00 Mon-Sat / 8:00 – 19:00 Sun&Bank holiday

Share.

About Author

島田カオル

東京生まれ、ロンドン在住の絵本作家。高校卒業してすぐに渡米。その後、パリ、南仏に暮らし、ロンドンへ。ロンドンでセシルコリン氏に師事、絵や陶芸などを学ぶ。1984年からイギリス人の夫と2人の子供と暮らしながら東京で20年以上イラストレーターとして活躍、その間、「レイジーメイドの不思議な世界」(中経出版)の他、「ある日」「ダダ」「パパのたんじょうび」(架空社)といった絵本を出版。再渡英後はエジンバラに在住後、ロンドンへ。本の表紙、ジャムのラベル、広告、お店の看板絵なども手がけている。現在はロンドンのアトリエに籠って静かに絵を描いたりお話を創る毎日。生み出した代表的なキャラに、レイジーメード、ダイルクロコダイル氏などがいる。あぶそる〜とロンドンにはロンドンのカフェ・イラスト・シリーズを連載。好きなものはお茶、散歩、空想、友達とのお喋り、読書、ワイン、料理、インテリア、自転車、スコーン、海・樹を見ること、旅行、石(特にハート型)、飛行場etc etc...

コメントを残す