菜穂さんに続け! ノンデュアリティを生きよう → 11月28日/29日

0

th_NoDuarity_banner


ノンデュアリティって聞いたことありますか?

「ノンデュアリティ/Non duarity」、つまり「非二元」。「この世界は、一つのエネルギーがいろんな形として現れていて、全ては完全につながっている」ということなんですね。このことに気づき、苦しみから解放されたパリ在住の大和田菜穂さんが、ロンドンでワークショップを開きます!

ノンデュアリティの根底には、「起きていることに、良いも悪いもない」という見方があります。これは、なんとなく分かりますよね。

例えば雨降りという現象。都市で働いている人々にしてみれば、通勤時に雨が降るとおっくうだし、なんとなく憂鬱。でも、庭や畑で作物を育てている人には、最高の恵みの雨かもしれません。そこには雨降りという現象があるだけで、良い悪いの判断をしているのは、人間の意識です。

私たちの身の回りの現象というのは、大なり小なり同じことで、ただただ、起こっているだけ。善悪や好悪の意味づけをしているのは、それぞれの個人なんですよね。だから好悪の判断をする前に、起こっていることをひたすら受け入れていけば、なんだか穏やかな生活が送れそう ^^ これができれば最高〜って感じじゃないですか?w

それぞれの現象に意味づけをしているのは、「自己意識」あるいは「自我」です。自我がそもそも苦しみの元であるというのは、しごく仏教的な考え方なので、日本人であればなんとなく馴染みがあるかもしれません。

では、なぜ自我が苦しみの元なのか? そういう根本的なところを突き詰めていくと、なんだか悟りが開けそうです〜♪  これを解くカギが、「ノンデュアリティ」です。

私たちが暮らしている世の中って、本当はどんなもの? 個人と全体が一緒ってどういうこと?

そんな疑問に、菜穂さんが答えてくれます!

講師プロフィール:
th_NonDuarity_naho大和田菜穂さん
東京生まれ、パリ在住。少女の頃からとても繊細で、両親から大切にされ愛されていたにもかかわらずいつも生きることへの不安や恐怖がつきまとっていた。ある日、不二一元の教え(ノンデュアリティ)を発見、欠乏感や不安感の原因を探し始める。何年もの探究のあと苦しみは終わりを迎えたが、それは想像していたものとは全く違っていた・・現在は喜びと共にノンデュアリティの世界を伝える日々。

大和田菜穂さん ホームページ → https://nahoowada.wordpress.com

☆大和田菜穂  ロンドン・ワークショップ☆
日時:
11月28日(土)日本語 14:30 – 17:00   £20 / 英語 19:00 – 21:00 £15
11月29日(日)英語 11:00 – 17:00 £35
会場:
The Philadelphia Association
4 Marty’s Yard, 17 Hampstead High Street, NW3 1QW
お問い合わせ、お申し込みはMs桑山まで
nahosan_london@yahoo.co.jp

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す