アバンギャルド能楽師たちが大暴れ → 2月3日(水)、4日(木)、6日(土)

0

th_Nougaku_banner


日本の古典スターと西洋のタレントが、ステキな共演〜☆

お能といえば日本を代表する舞台芸術であるにもかかわらず、「ちょっと高邁な芸術かも?」「私にはなじみないわぁ」と思っている方、多いかもしれませんね。 そんなあなたも、これまでにNHKの教育番組とかでなんとな〜くお能に接しているはず。そう、日本人なら誰でも知ってる身近な芸能、そして、日本人のこころに必ず触れる芸術、それがお能なのです ^^

お能の魅力はなんといっても幽玄の美。ミニマルな舞台と深層心理に語りかける能面演者の舞い。その神秘空間をふるわせ、観る者を多層的なマボロシの世界へといざなう音の芸術が、お囃子です。

そんな能楽囃子のスターが来英! 安土桃山時代から続く能楽笛方、一噌流の一噌 幸弘(いっそう ゆきひろ)さんと、小鼓、太鼓など邦楽打楽器を操る望月 太喜之丞(もちづき たきのじょう)さんのお二人です ^^

Dalstonにある「Café OTO」(4日)とWaterlooにある「/i’klectik/」(6日)といったヴェニューで、お二人が西洋音楽とのコラボレーションで大暴れ〜。そして本日3日の夜は、ダルストンの下記ヴェニューでゲリラ・ライブも決行予定! コラボ相手はなんと、作曲家ガブリエル・プロコーフィエフさん率いる前衛クラシック音楽レーベルのNONCLASSICAL。西洋クラシック音楽の可能性を果敢に切り拓いていくクラシック・ベースのクラブ・ミュージックとのコラボやいかに〜。どどん。

* * * * * * * * *  * * * *

2月3日(水)9pm
ゲリラ・ライブ! Nonclasical monthly club night
会場:The Victoria, 451 Queensbridge Road, London E8 3AS
最寄駅:Dalston Kingsland / Dalston Junction

2月4日(木)8pm
一噌 幸弘 with Roger Turner & 望月太喜之丞 & John Edwards
会場:Café OTO, 18-22 Ashwin Street, London E8 3DL
最寄駅:Dalston Kingsland / Dalston Junction
幸弘さんのCafé OTOデビューは昨年。ジャズ・ドラマーのロジャー・ターナーさんとのコラボは大好評だったようです。今年は太喜之丞さんという力強〜い共演者を得て、能楽囃子の可能性をぐんぐんと広げてくれそうです ^^   詳細はこちら

2月6日(土)8pm
一噌 幸弘 / 望月太喜之丞 / Leon Michener
会場:/i’klectik/, 20 Carlisle Lane, London SE1 7LG(Royal Streetの角)
最寄駅:Waterloo / Lambeth North
ノンクラシカル・レーベル発のピアニストで、ユニークなプリペアド・ピアノで知られる「Klavikon」プロジェクトのレオン・ミッチェナーとのコラボ。独自世界を追求しているアーティスト同士の共演だけに、どんな音になるのかワクワクです♪    詳細はこちら

yukihiro-isso_page_image一噌 幸弘(いっそう ゆきひろ)
1964年東京生まれ。一噌流笛方。1973年「鞍馬天狗」で初舞台。以後、能楽師として古典舞台をつとめる一方で、笛の新しい可能性を追究する自主コンサート『ヲヒヤリ』を主宰。内外の様々なジャンルのアーティストとの共演を積極的におこなう。自己の作品には『東京ダルマガエル』『リーヤリ』等がある。東京芸術大学邦楽科非常勤講師。

 

 

望月 太喜之丞(もちづき たきのじょう)takinojo-mochizuki
1957年東京生まれ。邦楽打楽器演奏家。俳優。東京芸術大学を別科長唄囃子専攻で修了後、二世望月太喜之丞を襲名。小鼓、太鼓等、日本の伝統的な打楽器の演奏を専門とし、古典である歌舞伎音楽から現代音楽の演奏活動を続けている。豊富な海外渡航経験による国際交流や後進の育成、また教育にも力を入れており、民族音楽としての邦楽と邦楽打楽器の可能性を追及。

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す