未来の自分に会いに行く→ 8月6日〜30日

0

hypno banner


「み、未来の自分に会いに行くって、一体どういうことっ!?」と思われた方、ごもっともな反応ですね〜 ^^ これは「未来世療法」という心理学的アプローチの一環で、よりよい自分を見つけていくためのメソッドなのだそうです。

催眠療法を専門とされているロンドン在住のヒプノセラピスト、満藤由加さんが「未来世療法」で意図されているのは、「未来の自分に会うことで、今のあなたが置かれている状況が将来どのような意味を持ってくるのか」を知るためだそうです。そこから「いま、ここ」にいる自分をクリアにし、よりよく生きていくための指標としていくことを目的にしているのだとか。

催眠療法という心理療法アプローチを確立したのは、イギリス人精神科医で心理学者のミルトン・エリクソン博士という方だそうです。催眠状態(半覚醒状態)に誘導し、日常会話のような自然さでの中でクライアントさんの反応から真意を読み取り、質問によるコミュニケーションで解決に向けて導いていくものだそうです。

th_DSC_9942 - バージョン 2ここから、かの有名なブライアン・ワイス博士が退行催眠療法によって前世療法を生み出しました。博士のたいへん興味深いプロフィールについてはこちらをご覧くださいね ^^

そのワイス博士が、クライアントさんを前世に誘導していくうち、未来世へと導くことができるようになり、未来世療法が生まれたそうです。

「未来は決まっているものではなく、今の生き方によって変わっていく」

これが、未来世療法の根底にある考え方です。

以下、由加さんのメッセージです:

「未来は自分の選択によって形作られていきます。 未来世療法は、基本的には『今』の状態を元に探っていきます。ですから悩みを抱えていたり、選択について障害などが横たわっていたりする場合には、まずそこから解決していくことも必要になっていきます。

未来世など信じない方でも、見たもの感じたものを本来の自分(潜在意識)から出てきた象徴やサインであるととらえて、ご自身がどんな状態なのかを観ていくことができ、さらに自分を知ることができます。

今あなたにとって必要な未来(世)とはどんなものなのか? 未来世の自分は、どんな自分であってほしいのか? いずれにしても、未来世療法で体験したことは「いま、ここ」をしっかりと生きていくための確かな指標となっていくでしょう」

そして!! このご紹介記事を書かせていただくにあたり、実は私も未来世療法ミニ体験、してみました! 😀

まず一般的な催眠療法や未来世療法について、学問的な説明をしてくださいます。自分がどんな療法を受けようとしているのかを理解した後、自分の未来ビジョンについて感じることがあれば、絵に描いてみることが薦められます。私も「こういう感じ〜♪」と、ちょっと描いてみました。その後、由加さんがとても安心できる落ちつく声で誘導してくださるので、あっというまに半覚醒の催眠状態におちてしまいますw  その後は、自分の未来世を自分で観ていくだけ。その間、由加さんが適切な誘導をしてくださるので、安心して未来へ行き、そしてここに戻ってこられます。結果は・・うふ。ちゃんとビジョンを観られました。興味深いですよね〜。その後、由加さんとのディスカッションの中で意味を探ったり、自分なりに未来に思いを馳せてみたり・・・ともかく、今の自分の役に立つこと請け合いです♪

こういったとても興味深い療法を、ロンドンで、しかも日本語で受けられるって素晴らしいと思います ^^ ご興味ある方は、ぜひぜひミニ体験をなさってみてください。もっと深く入っていきたい方は、個人セッションもされているので、そちらも問い合わせてみてください。

th_IMG_1372それから過去世オラクル・カードのモニターも募集しておられるそうです。Pat Life オラクルというのは、さきほどご紹介したブライアン・ワイス博士がドリーン・バーチュー女史と一緒に開発したオラクル・カードで、現在の問題を心に思い描きながら3枚のカードを引き、過去世からのパターンを知り、現在に役立てていくもの。50ポンドで6ヵ月チェックできるモニターさんだそうです。1回の場合は15ポンド。こちらも私、お試ししてみたんですが・・・ドンピシャのカードが出てびっくりしました・・・(笑)。オラクル・カードというのは何度も引いた経験がありますが、本当に必要なカードが出てくると相場が決まっております。こちらもおすすめ!

満藤 由加 Yuka Mando
イギリスの大学で心理学を学び、British Psychological Societyに会員登録。刑事事件の被害者をサポートする団体「Victim Support」にてカウンセラーとして働く。またYoung People Support Workerとして特に若年層に力を入れた新たなプロジェクトの中で裁判所、警察やホームオフィス、自治体と連携して若年層の被害者やその家族の人たちのサポートを行う。Victim Support を退職後、The London College of Transpersonal Hypnosis and Healingでヒプノセラピーの資格を取得。General Hypnotherapy Registerに会員登録。現在はヒプノセラピストとして活動中。yukamando.com

未来(世)療法 ミニ体験ワークショップ
***「 未来の自分に会いに行く」***

日程表とテーマ日程

8月6日(日)  5年後の未来の自分に会いに行く
8月8日(火)  現在の自分に最も必要な未来の自分に会いに行く
8月12日(土) 100年後の未来の自分に会いに行く
8月16日(水) 10年後の未来の自分に会いに行く
8月19日(土) 現在の自分に最も必要な未来の自分に会いに行く
8月24日(木) 1000年後の未来の自分に会いに行く
8月26日(土) 3年後の未来の自分に会いに行く
8月30日(水) 1年後の未来の自分に会いに行く

時間:13時〜17時まで
場所:ビクトリア(詳細は参加者の方にご連絡いたします)
参加費:お1人様1セッション30ポンド
参加人数:最大3名様まで(ぜひお友達とお誘いあわせの上)
お問い合わせ・お申し込み:info@yukamando.com
ウェブサイト : yukamando.com

当日の流れ
1.ヒプノセラピーってどんなセラピー?
2.未来(世)療法って何? どんな効果があるの?
3.未来(世)療法ミニ体験〜未来の自分に会いに行く
4.体験のシェア(軽食と一緒に)

 

Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す