ギリシャの島でアートなホリデーを♪

0

nemo


とっても久しぶりの「サウスうろうろ」です。

今週末はイースター・ホリデー4連休。ネモロバーツ家も子ども用に卵形のチョコレート、そしてオトナ用にはイースターの伝統的なホット・クロス・バンズを用意して準備万端。

上に十字のマークがついたスパイスとドライフルーツ入りのこのパンを半分に割ってトーストし、バターを塗って食べるのは私の人生の楽しみの一つなのです。

さて、いつものようにコーヒーを片手に地元をうろうろしておりましたら、とってもラブリーな2人組に出会いました。

名前はゾエとマリアナ。ゾエは「サイアノタイプ」という写真の古典技法を使ったプリントや、いろいろな花と植物、そしてその色素を使った作品やテキスタイルを発表しているアーティスト。ロンドン南部にあるMorley Collegeや王立園芸協会RHSなどで講師をされています。そしてマリアナはインテリア・フォトを得意とするノルウェー人フォトグラファー&ジャーナリスト。(下のビデオがゾエ、インテリア写真と雑誌記事はマリアナのもの)

mari

同じモノ作り仲間同士、あっというまに意気投合しておしゃべりが弾んだのですが、今回はこの2人がオーガナイズしているなんともワンダフルなホリデーについて紹介したいと思います。

その名も「ガイア・アート・ワークショップ」。
参加者はギリシャのニシロス島(Nisyros island)にあるヴィラに約1週間滞在し、そこでおいしい食事と素晴らしい自然と海を堪能しながら、毎日様々なアート関連のワークショップに参加したり島にある村に一緒に出かけたりするんだそうです。

今年のワークショップ開催は4月(19〜26日)と10月(14〜21日)。
ワークショップの内容は陶芸や染色、写真、サイアノタイプにこの島特有の刺繍技法などなど。コースは全て英語で行われ、アート初心者も大歓迎だそうです。費用は1週間の宿泊費(朝食付き)とウェルカムドリンク、全てのワークショップ費用、島にあるビレッジを訪れるエクスカーション費用などが含まれているそう。

アート・カレッジのミニ・コースのような体験を風光明媚なギリシャの島で…なんて素晴らしい〜!ありふれた観光旅行とはひと味違うホリデーになりそうですね。私も参加してみたいです。

そして2人はいよいよこのプロジェクトをまとめた本を出版するのだそう。印刷所行き直前のレイアウトを見せてもらったのですがカラフルでアーティスティックでもろ好みの仕上がりでした♪

01-nature-journal-seasonal-creative-projects_orig

オンライン・ショップのほかヴィクトリア&アルバート博物館など、ミュージアムショップ系の書店でも販売されるとのこと。

次回に詳しくご紹介したいと思います!

ではまた、サウスでお会いしましょう♪

<ワークショップにご興味のある方は下のリンクをチェックしてみてくださいね。>
☆ワークショップへのリンク http://loveyoursketchbook.com/gaiaworkshops.html
☆「ガイア・アート・ワークショップ」のFacebook頁
https://www.facebook.com/GaiaArtWorkshops/?hc_ref=ARR6msAEQbanSf3EhFH4OgnrEnGIRcTzSa0c0u7oT6fUolkGJNCcev1oCIxDKSVH3Xk&fref=nf
☆ゾエのwebsite http://zoeburt.com/
☆マリアナのwebsite http://www.mariannewie.net/
gaia-flyer-a2108-s2019-final_orig

Share.

About Author

ネモ・ロバーツ

写真家&ライター。日本で広告制作・編集と撮影の仕事を経て2003年より渡英。ロンドンをベースにフリーランスで活動。日常系ミニマリズム研究家。写真だけでなくグルメ関連のトピックにも目がなく、作家ケリ・バックマスターとともに、ロンドンの多国籍ベジ・カルチャーについて紹介するユニークなレシピ本『Street Food – Urban foraging and world food』、そして「あぶそる〜とロンドン」編集長、江國まゆ氏と共に『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓(執筆&撮影)。

コメントを残す