毛の話

0

usagi


動物園のボランティアの人たちと、帰りに飲みに行った時でしたかな。
毛の話になったんでございます。

昨日はあちこち剃ってさっぱりしたわ、と一人が言うので、あちこちってどちらの方を?と伺いましたら、顔と腋と脚はもちろんのこと、下の方もトリミングなさったと。こちらでは、女性は下のトリミングも必須事項なのであります。

そういえば昔英語学校で、上半身裸の男の子のモデルの写真を先生が見せて、’He has no chest hair. He must have been shaved.’ と、練習させられそうになったので、まだイギリスに来てそう日が経っていなかった私は、「それは違う。胸毛がある方が珍しい。」と、たどたどしい英語で反論したのですが、「無い方が珍しい」と返され唖然としたものでした。

こちらの人は、まつ毛も眉毛も美しい人が多く、これはもう毛量の違いに他なりません。でも一方で、眉毛を手入れしなかったら、えらいことになるんだと思います。

眉毛がご立派といえば、私の大好きなフリーダ・カーロが思い浮かびますが、思うにこれでも彼女なりに随分手入れされていたのでは、と想像するのであります。

th_Frida Khalo

Share.

About Author

トキタアヤ

洋画とグラフィックデザインを専攻したのち、イラストの道へ。縁あってThe Timesの挿絵イラストを担当。同紙から数多くの依頼を受け、新聞のタイトル欄にエリザベス女王と並んでイラストが印刷される。児童福祉に関わる団体をはじめ、クライアント・ベースの仕事をするフリーランスのイラストレーター。足掛け4年、ロンドン動物園で週に一度制服を着てボランティア活動にいそしむ。

コメントを残す