かっこいいロンドン動物園

0

usagi


毎年のことでございますが、夏休み中の動物園はとても忙しゅうございました。

特にロンドンは観光地でございますのでお子様だけではなく、ロンドンの外からおいでになるイギリス人や国外からいらっしゃる観光客で大層賑わい、コインロッカーもすぐ満員となってしまうので、大きなスーツケースを引きずって園内を歩く方も少なくありませんでした。

「ピラニアの餌やりはないんスか? 生き餌をやったりしないんスか? 俺絶対見たいんスよ。」「子供が二人迷子になったんです! 探しに行きたいのでこの子預かっててくれませんか?」など、普段はあまり聞かれないお問い合わせも多かったです。

さて、ロンドン動物園にはパンダはおりません。コビトカバはおりますが普通のカバもおりません。ホッキョクグマもゾウもオランウータンもおりません。ロンドン動物園にはゾウもおりません。15年ほど前にはいましたが、今はBedfordshireにあるイギリスで一番大きな動物園、Whipsnadeで飼育されております。

これらの動物が全部いる上野動物園は約500種の動物を飼育しているそうですが、どういうわけかロンドン動物園は、上野動物園をはるかに上回る750種の動物がいて、560の哺乳類、170の爬虫類、630の鳥類、その他に昆虫や魚など総じて18,430の生物が飼育されているそうです。
https://www.zsl.org/sites/default/files/media/2016-02/ZSL%20London%20Zoo%20animal%20inventory.pdf

上野動物園は14ha、ロンドン動物園は15ha。
上野動物園の入場料は600円で、ロンドン動物園は3,500円です。

キーパーさんのお給料は、驚くほど安いと聞いております。絶滅危惧種や日に日に壊滅してゆくアマゾンの保護などに動物園の資金は活用されているのだそうです。私は昔動物園が大嫌いで、動物園に閉じ込められたアフリカのキリンの悲哀をキャンバスに描き表せないだろうかと思ったことがございます。ところが、今の動物園には野生の動物はおらず、みんな動物園で生まれ育った野生では生きていけない動物だということを最近知ったのでありました。

ロンドン動物園はかっこいいなと最近思います。一方で、お昼は自分のサンドウィッチを持参して、園内のレストラン(バカ高い)では散財するなと、友人につい言ってしまうのです。

th_elephants

Share.

About Author

トキタアヤ

洋画とグラフィックデザインを専攻したのち、イラストの道へ。縁あってThe Timesの挿絵イラストを担当。同紙から数多くの依頼を受け、新聞のタイトル欄にエリザベス女王と並んでイラストが印刷される。児童福祉に関わる団体をはじめ、クライアント・ベースの仕事をするフリーランスのイラストレーター。足掛け4年、ロンドン動物園で週に一度制服を着てボランティア活動にいそしむ。

コメントを残す