極上のモダン・ブリティッシュ。憧れのKit Kempの世界

0

hotel


HAYMARKET HOTEL

ソーホーのHAM YARD HOTEL でのアフタヌーンティーを試してからそのユニークでお洒落なデザインに魅かれ、憧れであったFIRMDALE HOTELSグループのひとつHAYMARKET HOTEL は、ロンドンのシアター街の中心で、トラファルガー広場至近と観光や観劇に最高の立地にある高級ブティックホテル。ロンドンのリージェンツ・パークやリージェント・ストリートなどを手がけた19世紀初頭の高名な建築家ジョン・ナッシュによる1820年築の建物がジェントルマンズ・クラブやオフィスとして利用された後、ホテルとしてオープンしたのは2007年5月。繁華街中心地ながら、建物に入ると驚くほど静かで落ち着く空間が広がっており、オーナー兼デザイン・ダイレクターKit Kemp氏のクリエイティブな世界との出会いにワクワクが止まらない。

20161006_144917

ホテル外観。リージェンシー様式の歴史ある建築物

20161006_144841

ワクワクしながら中に入ると

20161006_144944

目の前には開放感があるロビーが広がる。レセプションスタッフは皆フレンドリーで、温かい笑顔で迎えてくれるため気持ちの良いサービスを受けることができる

ホテル内いたるところで、異なった時代のアート・コレクションを楽しむことができる。コンテンポラリーと伝統的スタイルの絶妙な調和が素晴らしい。

%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc%e6%ad%a3

アートな世界が広がるロビー全体の光景(上)/ 18世紀スウェーデン製の真っ赤なソファーと6メートルの石のモダンアートはV&A 博物館にも作品が展示があるSue Lawty 作(右下)/ 白黒のロンドン風景画が目を引く(左下)

%e8%8a%b1

花のアレンジもセンス抜群

天井よりの自然光が降り注ぐConservatoryエリアは緑と白色がメインでリラックスできる空間。アフヌーンティーやドリンクを味わうことができる。1960、70年代に活躍したアーティスト作の色鮮やかな壁紙が印象的だ。

20161006_144658

明るいConservatory

アンティークな家具と調度品でクラッシックな雰囲気のLibraryは宿泊客のみが利用できる特別な部屋。アフタヌーンティーやドリンクを味わいながら、温かい色合いと落ち着いた照明の中での歓談や読書に最適で、何時間でも過ごしたくなるような居心地の良さだ。

20161006_131943

優雅なLibrary

また、結婚式やファッションショー、カクテルパーティなどに利用されるThe Shooting Gallery は宮殿サロンのように華やか。以前にジェントルマンズ・クラブのシューティング・ルーム(狩猟に行く前の腕慣らし)として利用されていたという歴史から部屋の名前が付いているとのこと。

20161006_145321

ゴージャスなThe Shooting Gallery

こちらも宿泊者のみがアクセス可能な中庭(Courtyard)では、喫煙も可能で野外暖房も設置されているので冬でも外の空気を吸って気分転換できそう。

20161006_133105

1階からアクセス可能な中庭

メインダイニングBrumus レストランでは、朝食、昼食、アフタヌーンティーから夕食まで幅広いモダン・ブリティッシュ料理が提供される。Kit Kemp氏は犬好きで、レストラン名”オスカー”も以前飼っていた犬の名前から付けられており、椅子の背面には犬のデザインが施されていて、スタイリッシュな雰囲気の中に温かみのあるタッチが添えられていて心が和む。

%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e6%ad%a3

Brums レストラン。椅子背面の犬がキュート

ホテルの目玉と言えるプール・バーも宿泊者のみ利用可能な特別な空間。通年利用可能な屋内温水プール(18メートル) とプールサイドのバーはミーティングやファションショーのイベント、スポーツ観戦などを楽しむことができる場として大人気。

%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%ab

カラフルな照明のプール・バー

そしてKit Kempワールドが堪能できる客室は、50部屋全室が個性的なデザインと色合い、レイアウトとなっている。ホテルオープン当初の鮮やかなピンクや緑といったカラフルな色使いから最近改装したての落ち着いたシックなグレーが基調の部屋など独自のセンスが素晴らしく、全ての部屋に滞在してデザインを満喫してみたくなる。エントリー・カテゴリーのSuperior room でも30M2 とロンドン市内中心にしては広めのサイズで、今回視察した3室は1階にあり、とても天井が高く広々としていた。歴史ある建物の特質上、3,4階に比べて1,2階は高い天井と大きな窓で開放感があるそうだ。ポッブでカラフルな柄と多様なファブリックを中心にモダンなデザインとアンティーク調の調度品の組み合わせ方がとびっきりお洒落で斬新ながら、どこかアットホームで温かみがあって落ち着く。自宅のデコレーションに取り入れたいデザインが満載だ。

20161006_140142

FIRMDALE HOTELS モチーフのマネキンは各部屋ごとのデザインとマッチしたハイセンスなアート

%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0

エントリー・カテゴリーから2番目のLuxury room (約32M2)の一例。ピンクと青の色鮮やかな部屋

%e3%83%87%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0

モダンでシックなデザインのDeluxe room (約39M2 )の一例

%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88

Deluxe Junior Suite (約48 M2) の広々としたスペースと赤と黒が基調のスタイリッシュなデザイン

全部屋にてライティング・デスクと2つの椅子やテーブルが設置されていて座るスペースが十分にある。そしてベッドリネンは、最高級エジプト綿を使用した世界最高峰とされるフレッテ社のシーツ等で肌触り抜群だ。CD/DVDプレーヤーの設置もあり、DVD無料貸し出しも行っている。

%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

各国対応のアダプター、おしゃれな革張りのホテル案内、オリジナルのメモ帳と鉛筆(上)鉛筆のメインカラーはFIRMDALE グループ各ホテルで異なる(下)

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%96

全室にバスローブ(左)と、スリッパ、ヘアードライヤー常備(右上)、BOSEドッキングステーションで自分の音楽を楽しむこともできる(右下)

車椅子対応客室以外は2つの洗面台が設置の贅沢なバスルームは、Superior& Luxury roomはシャワーのみで、Deluxe room 以上のカテゴリーではバスタブとテレビが設置されていてゆっくりとバスタイムを満喫できる。

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0

広々としたバスルーム。テレビ付きのバスタブ(左上)とイギリスにしては珍しいビデ付き(左下)

アメニティーはユニークなKit Kemp氏 デザインのRIKRAK製品。現在はラベンダーとユーカリの香りのプロダクトを利用しているが、数年おきに香りが変更になるそうで、滞在ごとに異なる香りを楽しめるかも。

20161006_133609

ホテルやオンラインで販売しているオリジナルブランドRIKRAK

今回視察したひとつの部屋で、別のブランドのアメニティーが用意されていることに気づいたので、質問したところ、ホテル内のスパトリートメントで利用しているブランドを前回滞在時に気にいったという顧客情報が記録されており、そのために特別に用意しているとのこと。リピータに対するきめ細やかなサービスに感動!

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%bc

全室に傘(左上)と冷暖房(左下)とミニバー(有料)とセーブティーボックス(右)の設置あり

全部屋にて夕方のターンダウンサービス時にミネラルウォーターボトルの無料提供がある。そしてルームサービスが24時間提供されるので、コーヒー&紅茶セットと湯沸かし器の予めの設置はないが、リクエストをすると無料で貸し出し、またエスプレッソマシーンも10£(1日)で貸し出し可能とのこと。

子供向けの嬉しいサービスがたくさんあるのも特筆すべき点だ。子供用の食事メニュー、DVDとポップコーン、年齢別の本、任天堂Wii、ベビーコット、ハイチェアにバスローブとスリッパが事前リクエストで用意されるという気の利いたサービスのほか、ベビーシッター(事前にリクエスト要)の手配も可能というファミリーフレンドリーな制度を導入している。週中はビジネス客、週末は家族連れやカップルが多いそうだ。客層はヨーロピアン、アメリカ、オーストリア人中心で、温かくてきめ細かいもてなしに常に高い評価を得ていて、リピーターが多いというのは納得。

%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a1%e3%82%83%e6%ad%a3

遊び心あるキュートなデコレーションの数々

%e5%a3%81%e7%b4%99

多彩なデザインと色の壁紙を見て歩くだけで楽しい♪

[私がリピートする徒歩圏内おすすめスポット]

  • National Gallery: 西洋美術ファンには必見のイリギスが世界に誇る美術館
  • Royal Academy of Arts: ピカデリサーカス、Fortnum and Mason 前にある国立芸術学校。創設以来現在までの約250年間、イギリス美術界をリードしてきた芸術機関。併設の美術館の特別展覧会は有料だが、ナショナルギャラリー等有名美術館に匹敵するほど非常に質が高い「美の殿堂」として世界的に有名。建物自体、17世紀の個人の邸宅で見ごたえあり。火〜土まで一日一回Royal Academy訪問の無料ツアーがあるので、ご興味がある方はぜひ
  • ICA (Institute of Contemporary Arts): 無料でコンテンポラリーアートを楽しむことのできるイベントが多いモダンアートの発信源のひとつ
  • Fortnum and Mason 王室御用達の店舗として認定されている老舗百貨店。紅茶をはじめとした高級食材のお土産選びに最適。有料のギフトラッピングで素敵なギフトに仕上げてもらえる。朝食やアフタヌーンティーも人気
  • Liberty : 1875年にオープンした老舗百貨店。独創的な品揃えの百貨店とテキスタイルにおいて常にトレンドを発信している。チューダー朝の歴史ある建物、内装も見ごたえがあるが、世界的に人気のあるリバティ柄の小物もイギリス土産としておすすめ。特にリバティ柄皮製品のコインケースなどは売り切れ品もあるほど大人気
  • Whole Foods Market :自然食品、食材、自然派生活雑貨、化粧品や質の良いビタミン剤を購入する際に利用。中で軽食も取ることができ、お手洗い休憩など何かと便利
  • Piccadilly Circus 駅構内の時計修理屋さん:平日の日中のみオープンで、とても腕が良く信頼できる一人の職人さんが親切に対応してくれる。常に列ができていて、待ち時間は職人さんとの会話を楽しむ常連ばかり。料金もロンドンでは破格の良心価格。いつまでも職人さんが活躍してくれますように!
  • The Wolseley: ホテルリッツの隣にある朝食、ブランチでイギリス人に人気のレストラン。1921年に車のショールームとして建てられた開放感のある高い天井、美しい内装にも定評がある。高級感あふれるレストランで手軽にアフタヌーンティの雰囲気を楽しむことも可能
  • Tsujiri: 本格的な抹茶ドリンクやデザートを味わうならここ。抹茶ソフトクリームは極上!
  • Tibits :べジタリアンバイキングレストラン。ベジタリアンでなくても大満足できるバラエティ豊かなヘルシーメニューとデザート、ドリンク類が手ごろな価格で味わえる。店内モダンでスタッフの対応も良く、居心地抜群のため、長居したい時、友達とのおしゃべりに最適
  • らいすわいんショップ : 小さいながら品揃え豊富で良心的価格の日本食材店。私も定期的に通ってます
  • Natural Clinic:  日本人によるマッサージやエステ。日本レベルのサービスを受けることができるクリニック
ホテル名 HAYMARKET HOTEL
住所 11 Suffolk Place, London, SW1Y 4HX11
最寄り地下鉄駅 Picadilly Circus( Picadilly & Bakerloo line) 駅, Leicester Square (Picadilly & Northern line) 駅より 徒歩5分
ホームページ https://www.firmdalehotels.com/hotels/london/haymarket-hotel/
電話番号 +44 (0) 20 7470 4000
メールアドレス Haymarket@firmdale.com
ホテル部屋数 50
料金 Superior room (30 M2 ) 350 £(VAT20% 込み) より。イングリッシュブレックファースト18 £ /ベジタリアンブレックファースト14 £といった多彩なオプションもあり
お得なキャンペーン SEASONAL VALUE PROMOTION (2016年10月31日 〜 2017年3月27日) 2泊以上した場合最大で10%割引、朝食付きのお得なキャンペーンあり。       WINTER PROMOTION (2016年12月19日 〜 2017年2月5日)中の宿泊者は朝食とシャンペン付きになるお得なキャンペーンあり
喫煙ルーム 無し。1階コートヤードでの喫煙可
車椅子対応客室 2部屋
チェックイン時間 14:00
チェックアウト時間 11:00
Wi-Fi ホテル全館で有り。使用料宿泊費に含まれる
日本語スタッフ
ホテル施設 レストラン、プール・バー、ジム、ビューティートリートメント室、ミーティングルーム、ライブラリー、シューティング・ギャラリー
Share.

About Author

東京都出身の旅するOL。在ロンドン11年。 日本とロンドンの旅行会社で10年以上にわたり、ヨーロッパツアーの企画や、海外ツアーコンダクターの業務に携わる。現在はプライベートの旅行や仕事上で、快適で思い出に残るホテルとの出会いに喜びを感じる日々を送っている。

コメントを残す