サウスケンジントンの芸術をホテル内でも堪能

0

hotel


THE AMPERSAND HOTEL

フレンチコミュニティーの中心地で、ロンドン屈指の博物館、自然史博物館や、ヴィクトリア&アルバート博物館、ロイヤルアルバートホールへの最寄り駅、サウスケンジントンより徒歩2分という絶好の立地にあるThe Ampersand Hotel は、2012年にオープンした全111室の5つ星ブティックホテル。

Ampersand5

建物は1888年築のビクトリアン様式。低層階(1-3階)の部屋は天井がとても高く開放感があるのが特徴 (The Ampersand Hotel 写真提供)

ホテルに一歩入ると落ち着いた雰囲気。入り口横にあるThe Drawing room から流れてくる心地よい音楽とフレンドリーなレセプションスタッフが温かくゲストを迎えてくれる。

入り口

入り口を一歩入ると アートがセンス良く彩られた空間

レセプション2

レセプション。スタッフの親切でフレンドリーな接客はとても定評がある

このホテルのデザインはとてもユニーク。ホテル周辺の自然史博物館や、ヴィクトリア&アルバート博物館、科学博物館、ロイヤルアルバートホールの芸術に着想を得た、植物、動物、音楽、宇宙、幾何学をテーマとした装飾がホテル中に彩られている。英国クラッシックとモダンが上手く融合された抜群のセンス。部屋内や廊下、ティーサロンの壁紙がとても素敵で、こんなホテルに出会いたかったと嬉しい気分に。一度宿泊するとまた戻りたくなるファンがたくさんいるのも納得。

廊下.1JPG

廊下もホテル周辺の芸術がモチーフとなったデザイン画が満載

吹き抜け2

吹き抜け天井にのびる電灯。白い鳩が空にはばたくイメージ。心癒されるデザイン

[おすすめポイント-その1 観光、芸術鑑賞に最高の立地]

最寄り地下鉄駅South Kensingtonの目の前。ヒースロー空港にも地下鉄1本でアクセスできる。ホテル周辺の環境も、治安も良い。駅の周辺には、レストラン、カフェ、スーパーマーケットが多く、とても便利。各美術館、ハロッズやエレガントなショッピングエリアChelsea , Highstreet Kensingtonにも近い。また、フレンチコミュニティーの中心地のため、お洒落なフレンチレストラン、カフェが多く、さらに美味しいイタリアンジェラート屋もあり、衣食住すべてが満たされる。

この立地で5つ星の割には比較的良心的な料金設定となっているのも高評価の要因。

 

[おすすめポイント-その2 高い支持を誇るサービスとクォリティー]

2012年夏にオープン以来、口コミ等で常に高い評価を得ている。特にスタッフのフレンドリーで心のこもったサービスとホテルの質の高さには定評がある。

Wi-Fi は宿泊料金に含まれており、ホテル全館で利用可能。

スーペリア

Superior room  音楽がテーマ。部屋はやや小さめだが、デスクもあり、何といってもデザインが素敵!

デラックス

Deluxe room 鳥がテーマ。抑えた色調で落ち着いた雰囲気

本

各部屋のテーマとマッチした本がベッドサイドに。ウィットに富んだサービス

デラックス2

Deluxe Studio 植物がテーマ

ミニバー

ミニバーのソフトドリンクは無料。気の利いたサービス

 

VIP

VIP やリピーターにはペストリーシェフ作スイーツのサービスが。。リピーターになりたい!

 

[おすすめポイント-その3 アメニティーと公共バスルームデザインはMiller Harris]

各部屋のアメニティーと地下1階にあるバスルームのデザインは英国ブランドMiller Harris のもの。調香師 Lyn Harris が2000年に創立したブランドは、コンセプトが「ボタニック」。地下のバスルームに入ると各個室にMimosa, Lavender といった名前がついており、デザインも匂いも個室ごとに違うとのこと。とても斬新!

アメニティ

日本でも人気のMiller Harris のアメニティーをお試しあれ

トイレ

センスが光るMiller Harris デザインのバスルーム

トイレ個室

Mimosa と名がついたお手洗い個室

 

[おすすめポイント-その4 大人気のThe Drawing roomでのAfternoon tea とレストラン]

植物、鳥、動物をモチーフとしたカラフルなデザインのThe Drawing room では、以前Nobu で働いていたペストリーシェフが腕を振るうClassic Afternoon tea は27.50 GBPより。ハロウィン特別メニュー, クリスマスキャロルを聞きながらのクリスマスAfternoon tea 等季節ごとのメニュー で大人気。週末はとても混み合っているので早めのご予約を。

カフェ

女性心をくすぐるキュートなデザイン The Drawing room

ティーサロン

音楽もボサノバやジャズなどリラックス系。一人でのんびりとお茶をしている姿をよく見かける

 

モダン地中海料理を味わえるレストランApero はカジュアルかつスタイリッシュで地元の人にも大人気。大人数で取り分けるタパス形式で仲間と楽しく食事をしてみては?  あぶそる〜とロンドンのレビューはこちら

Apero Restaurant

ホテル内のデザインとは異なったモダンスタイルApero Restaurant ( The Ampersand Hotel 写真提供)

ゲームルーム 

ハイセンスなゲームルーム/ ミーティングルーム

[客層]  欧米(特に英、米、仏、伊、独)、オーストリア客中心

ロケーション柄観光客80%、ビジネス客20%

[ホテル周辺のおすすめスポット]

  • Victoria & Albert Museum (V&A):   毎月最終金曜日夜に開催されるイベントFriday late がバラエティ豊かでおすすめ。いろいろな文化を楽しめる。館内の世界初のミュージアム・レストランでウィリアム・モリス装飾のThe V&A Caféは、とても素敵。軽食を贅沢な気分で味わうことができる。センスの良いお土産Shopもお気に入り場所。
  • Ciné Lumière: フランス文化会館Institut français’内にある映画館。フランス映画だけでなく、イタリアやスペインの映画祭も開催。館内にあるビストロでお茶や軽食後に、ヨーロッパ映画を観る週末はとっても優雅な気分に。
  • La Pâtisserie des rêves : パリや日本で話題のパティスリー。わずかにテーブルがあり、店内で飲食可能。かわいらしいデコレーション、パッケージも女性好み。パリブレストはシュー生地もプラリネクリームもとても上品で繊細な味で絶品
  • The Hummingbird Bakery: ポップでキュートなデコレーションのカップケーキの火付け役。私は鮮やかな赤いスポンジケーキ「Red Velvet Cupcake」が大好きでリピートしています。
  • Oddono’s gelati : ロンドンでおすすめのイタリアンジェラート屋。セルフリッジにも支店あり。自然派ジェラート屋。Low fat ジェラートもあり
  • Kensington Creperie: フランス人も通うロンドンで最も有名なクレープ屋のひとつ。
  • Tombo: 和のデリカフェ。ヘルシーなお弁当、抹茶チーズケーキにほうじ茶ラテでほっこり。
  • The Orangery: 元英国皇太子妃ダイアナが住んでいたケンジントン宮殿に隣接したティールーム。室内は天井が高く、白が基調で、明るい光が差し込む雰囲気抜群。High Street Kensington でのショッピング、Kensington 宮殿の見学、公園を散歩した後のひと時に。
  • High Street Kensington:Oxford Street ほど人ごみがなく、イギリス国内外一通りのお店やレストランがそろっていて買い物にとても便利。Muji やユニクロ、自然食品が豊富にそろうWhole foods Market もあり。
ホテル名 The Ampersand Hotel
住所 10 Harrington Road, London, SW7 3ER
最寄り地下鉄駅 South Kensington 駅(Piccadilly Line, District& Circle Line)より徒歩2分
ホテルホームページ http://www.ampersandhotel.com/
ホテル電話番号 T: +44 (0)20 7589 5895
ホテルメールアドレス info@ampersandhotel.com
ホテル部屋数 111
 料金 スーペリアルーム(15-20 ㎡)1泊1部屋234.00 GBP ( VAT 20% 込み) より
お得なキャンペーン  Ampersand Suite もしくは Deluxe Studio 3泊で2泊分の料金キャンペーン申し込み時に支払で 10%割引きのキャンペーン有
喫煙ルーム
車椅子対応客室  8 部屋
チェックイン時間 2.00pm
チェックアウト時間 12.00pm
Wi-Fi ホテル全館で有。使用料宿泊費に含まれる
日本人スタッフ
ホテル施設 レストラン、ワインバー、 The Drawing room (Afternoon tea)、 ジム、ミーティングルーム、ゲームルーム
コメント シャワーのみの部屋があるので、希望の場合はバスタブ付の部屋を事前リクエストすると良い。道路と入口の間に階段が数段あるため、荷物が重い場合はレセプションにお願いして手伝ってもらうと良い。
Share.

About Author

東京都出身の旅するOL。在ロンドン11年。 日本とロンドンの旅行会社で10年以上にわたり、ヨーロッパツアーの企画や、海外ツアーコンダクターの業務に携わる。現在はプライベートの旅行や仕事上で、快適で思い出に残るホテルとの出会いに喜びを感じる日々を送っている。

コメントを残す