ピンク色に染まるケーキは妖精のおやつ

0

Peggy Porschen, Belgravia Parlour   ペギー・ポーション ベルグレイヴィア・パーラー

ベルグレイヴィア生まれのカリスマ・カフェ、ペギー・ポーションが本日6月6日から再オープンします! もちろん通常営業ではなく、オンライン注文と持ち帰りに対応するというもの。それでもロックダウン中はずっとクローズしていたので、ファンたちは大喜びではないでしょうか ^^

胸がすくようなピンク・シャンパン色のスイーツ・ショップがロンドンの高級エリアに登場し、人々を魅了し始めたのは2010年のことでした。オーナーはパティシエでシュガークラフト・アーティストのペギー・ポーションさん。棚には丹念に作られた美しいケーキが並び、今では近隣だけでなく世界中からスイーツ・ラバーたちが訪れるスイーツの聖地です。

このフラワー・デコレーションがペギー・ポーションの目印〜

ペギーさんにインタビューしたことがあるのですが、ケーキ職人を目指すようになったきっかけは14歳の時だそうです。友達のためにケーキを焼いて仕上がりに大満足しただけでなく、誰かのために何かを作り、相手も自分も幸せになれるなんて最高だと思ったからだとか。

彼女がデザインするスタイリッシュなケーキは大人気ですが、その名を世に知らしめたのはシュガークラフト作品でした。もともとアート志向だったペギーさんにとって、粉砂糖を主原料とするペーストで本物と見紛う花やデコレーションを作ってケーキを飾るシュガークラフトは、ケーキ作りの腕、デザイン力、手先の器用さの全てが試される願ってもない芸術の形でした。「英国はシュガークラフトの本場で発祥の地。だからロンドンで学ぶことにしたの。テクニックを習得するには最高の場所よ」とペギーさん。

ちょうどオープン直後くらいに当店を訪れた時、カップケーキ1つ3.50ポンドくらいでしたが、その時も高値にびっくりしました。でも使っている材料や技術、手間などを考えると(もちろん場所代も!)、納得してしまう今日この頃なのです。

ペギー・ポーションのカップケーキの特徴は、スポンジがどっしりしっかりしていること。この辺りはドイツ菓子の影響なのかなぁといつも思います。私はその方が好みですが!

レイヤーのホール・ケーキもシグニチャーです♪

万事整って社会に出たペギーさんの名が広まるのに時間はかかりませんでした。最初のマイル・ストーンは、エルトン・ジョン主催のチャリティー・パーティーで作ったシュガークラフトのセンターピース。これが大成功を収め同じようなクラフトの仕事がセレブたちから数多く舞い込むようになります。

でも、ペギーさんが本当に打ち込みたかったのはウェディング・ケーキ作りだったのです!「自分にしかデザインできないウェディング・ケーキを」と、強い情熱から創り出した作品が多くの人の心を捉え、本を出版につながり今の礎を作りました。ペギーさんのすぐれた技術、デザインのファンは多く、ショップをオープンした翌年にはシュガークラフトを教えるアカデミーも開校。今では毎月約50名もの生徒さんが学んでいくと言います。

ピンクはペギーさんの色。今も大好きなんだそう ^^

英国ではカップケーキのことを「フェアリーケーキ」と呼びますが、ペギーさんがデザインするそれは、まさに妖精のおやつそのもの。これからもずっと私たちに夢を与えてください!

本日からの再オープンでは、水〜日曜 10:00 – 17:00の営業時間だそうです。持ち帰りのメニューはこちら。たまには贅沢な気持ちになるのもいいですよね ^^

116 Ebury Street, London SW1W 9QQ

店名Peggy Porschen, Belgravia Parlour
最寄り駅Sloane Square / Victoria
住所116 Ebury Street, London SW1W 9QQ
電話番号020 7730 1316
営業時間毎日 8:00 – 20:00(通常)
URLhttps://www.peggyporschen.com/pages/peggy-porschen-belgravia
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。ライター業とは別に、ここ数年はチャネリングをベースとしたヒーラーとしても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply