とことん遊ぶ! 欲張りでマルチなクラフト・バー

0

Drink, Shop & Do   ドリンク・ショップ& ドゥ

二人の女性オーナーが考えつく限りのワクワクするもの、素敵なもの、大好きなものを詰め込んだ夢のヴィンテージ・バー、それがドリンク、ショップ&ドゥ。

2010年の創業時から、そのファンキーさではロンドンでも右に出るものはいないほどの人気&賑やかぶりでした。ともかく楽しいことなら何でもありのマルチ・バー。入り口エリアはいつからかブルーに塗り替えられ、アフター5のちょっとしたミーティング・スペースに。最初の頃はクラフト作りをサポートするさまざまなマテリアルを扱うショップも兼ねていたのですが、最近は主にバーとして機能しているようです。

入り口すぐのバー・エリア。サクッと立ち寄る人が多い場所です。

ブルーのバー・カウンターに本日の手作りケーキがズラリ♡

さぁ、階段を上がって奥のスペースへと行ってみましょう♪

グリーンとイエローのパステル・カラーがキッチュなカウンター、ボール・ルームのようなひときわ高い天井から降り注ぐ光、リズミカルにいくつも吊り下がるクラフト・ランプシェード。ここでは朝食、ランチ、保証付きの美味しいケーキ&ティーを楽しめるだけでなく、予約すれば本格的な3段トレイのアフタヌーン・ティーも用意してくれます(以前はポーク・パイやビールがセットになったメンズ・アフタヌーン・ティーもあったはず^^)。そして夕方からはカクテル・バーに大変身! 週後半は深夜過ぎまでDJが入り、ダンスやドリンクを楽しむ人たちで熱気ムンムン。人いきれがします。

こちらが奥の大スペース! とっても気持ちいい♡

天井たか〜い。

しかしこのお店をいちばん特徴づけるものがあるとしたら、それはクラフト作家や新進デザイナーたちをヘルプするワークショップやクラスを数多くホストしていることです。アクセサリーや雑貨作り、カップケーキ・デコレーションやワイン・テイスティングなど「Do」を体現するクラスは要チェック。メイン・スペースの奥の扉の向こうには、ちょうどいい大きさのレトロなティールームもあり、バースデー・イベントで本格的なアフタヌーン・ティーを楽しんだり、友達と一緒にワークショップに参加したりするのにぴったりなのです^^

オリジナルのブレンド・ティーも面白いものを揃えているので試してみて。キーワードはファンタジー♪

ベイリーフとリコッタチーズのケーキ。絶妙の甘さとしっとり感。この2倍はペロリといけます♡ レシピを知りたい。

こちらは少し前の訪問のときのティーセット♪  ピスタチオ&ローズ・ケーキ。ティーポットが素敵。

メイン・ルームの角にある一画。ここで小さなワークショップがよく行われています。

ゲームがいっぱい^^  遊びがテーマ!

現在は臨時休業中ですが、公式フェイスブックではもうすぐ再オープンすることをほのめかしていますね♪ 休業はしているけれど、クラフト作家さんやアーティストたちをサポートする姿勢に変わりなく、差別反対運動を受けて黒人作家をサポートする準備をしているようです。本当にワクワクする空間なので、クラフト好き、ヴィンテージ好きはぜひ一度訪れてみてください♪

Let’s Drink, Shop & Do!

9 Caledonian Road, London N1 9DX

店名Drink, Shop & Do
最寄り駅King's Cross and St Pancras
住所9 Caledonian Road, London N1 9DX
電話番号020 7278 4335
営業時間月~水 8:30-00:00 木 8:30 - 1:00 金 8:30 - 2:00 土 10:30 – 2:00 日 10:30 - 18:00
URLhttps://www.facebook.com/drinkshopdo/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。ライター業とは別に、ここ数年はチャネリングをベースとしたヒーラーとしても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply